AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > ラングラー限定車「アイランダー」登場
特集 SPECIAL ARTICLES ラングラー限定車「アイランダー」登場南国のビーチを想起させる個性派ラングラーが約10年ぶりに復活

ラングラー限定車「アイランダー」登場

ライトブルー&イエローのボディカラーにホワイトハードトップの組み合わせ

ラングラーの限定車「Wrangler Unlimited Islander」がデビュー。2021年5月22日(土)より、全国のジープ正規ディーラーにて200台限定で販売が開始される。

更新日:2021.05.15文/田中享 写真/FCA

取材協力

ジープ西東京
TEL 042-460-6633 [ホームページ]


10年ぶりの復活した「アイランダー」

 「アイランダー」は1988年に初代ラングラー(YJ型)をベースに登場。開放感に満ちた南国のビーチを想起させるスタイルで人気を博していた。

 そのアイランダーが、JK型以来、約10年ぶりに復活。初代やJK型アイランダーからそのエッセンスを受け継いだ、独特の世界観が今回型にももたらされる。

 エクステリアは、ライトブルーのボディカラー「チーフC/C」(限定100台)と、「ヘラヤライエローC/C」(同100台)の2色が設定されホワイトのハードトップが組み合わされる。

 さらにボンネット側面とタイヤカバーにはポリネシア神話に登場するティキ(Tiki)をモチーフにセブンスロットの鼻を組み合わせた独自のキャラクター、ティキ・ボブのイラストがあしらわれている。

上記のヘラヤライエローC/Cは100台限定、ライトブルーのチーフC/Cも限定100台で、合計200台の限定車。とにかくホワイトのハードトップとよく似合うカラーである。
 インテリアには、エクステリアと統一感のあるセラミックホワイトインストルメントパネルや、ISLANDERロゴ、サーフブルーのステッチがあしらわれた布製バケットシートが装備される。

 またMopar製ステンレスドアシルガードやMopar製フロント/リアグラブハンドル、車内を汚れから守るMopar製ラバーフロアマット、カーゴチューブライナーといった装備が、限定車の特別感と共にアウトドアでの利便性を高める。

 開放的な夏の雰囲気を高めるアイランダーは、3.6リッターV6エンジン搭載車ベース。価格は550万円の200台限定である。

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

キャディラック・シボレー東名横浜,相模原NUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.