AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 本物志向の貴方に送る、ヒト・モノ・コト > ワールドタイヤサービス、発足
特集 SPECIAL ARTICLES ワールドタイヤサービス、発足「激安」で業界革命を起こす!

ワールドタイヤサービス、発足

タイヤ事業での信頼追求

今や全国規模の駆け込み寺としてアメ車オーナーたちから絶大なる信頼を得ているクワッドドライブが第二工場を発足させた。その名もワールドタイヤサービス。これまでアメ車の修理やカスタムに注いできたクワッドクオリティを、今後はタイヤ事業にも注入していく!

更新日:2012.06.04文/石山英次 写真/田村翔

取材協力

ワールドタイヤサービス
TEL 048-285-2733 [ホームページ]

タイヤ事業での「信頼」追求

 難題修理を得意とするクワッドドライブ。「必ず直す」を合い言葉とし、そして結果を出していることから、今や業界きっての駆け込み寺として、アメ車オーナーおよび業界関係者からの修理依頼が後を絶たない。取材時も、約40台の修理待ち車両ありというから、その凄さがお分かりいただけるだろうか。

 そんな信頼高きクワッドドライブが、自社から3軒隣の敷地に開設した第二工場。その名もワールドタイヤサービス。主な業務はタイヤ事業になるという。

 ちょっと話が逸れるが、クワッドドライブが難題修理を得意とするきっかけになったのが、代表の林氏の過去の苦い体験だった。「必死に働いて購入したアメ車が故障し、専門店に修理依頼をしたら悲惨な結果になりました。今の自分があるのは、その時の経験(明らかに手抜き作業だった)に納得できない自分がいたからですね」

 過去の実体験をベースに、「安心してアメ車に乗って欲しい」、そういった思いからクワッドドライブが発足し、今や全国規模の駆け込み寺としてアメ車オーナーたちから絶大なる信頼を得ている。今回発足した第二工場のワールドタイヤサービスにも、実は同様の「ユーザーを大切にしたい」という思いが込められているのである。

「ほとんどのショップがそうだと思いますが、タイヤ交換や大径タイヤ&ホイールへの交換依頼があれば、基本的な作業はタイヤ専門店に外注することがほとんどでしょう。ですが、その専門店での作業が雑であったり、依頼したホイールにキズが付いていたり、そういったトラブルが過去に多々ありました。クワッドドライブでは、お客さまとの信頼が第一ですから、いわゆるクワッド・クオリティの追求として、タイヤ事業へ踏み出すことを検討していたのです」

 タイヤは路面と直接コンタクトをとっている最高に重要なパーツ。そいつを軽視しては、アメ車乗りというかクルマ乗りとして失格だろう。また重要なパーツだけに、その安全性をも含めたクオリティの追求が必要になる。タイヤ装着時に付けたホイールへのキズやゆがみが原因でトラブルが起こるなんてことも可能性としては多分に考えられるのだ。クワッドドライブは、難題修理で築いたユーザーとの信頼を、タイヤサービスでも築こうとしているのである。
第一工場となるクワッドドライブは、クオリティ追求が浸透して、そして必ず直すという事実が広まって、今や全国規模の駆け込み寺として、修理依頼が後を絶たない。
タイヤ交換には技術力が必要である。そのための専任スタッフである。だが、それによって大径の交換も可能になった。大径や偏平のタイヤなどには、サイドウォールの硬いタイヤ等もあり、ホイールをキズつけたり、タイヤを切り裂いたりといったトラブルが起こることが稀にある。こうしたトラブルを防ぐためにも、タイヤ事業に乗り出すことを検討していたのである。

業界革命!ワールドタイヤサービス

 このワールドタイヤサービスの特徴は、まず工賃が極めて安いこと(下記価格表)。そしてユーザーが自分で手に入れたタイヤの持ち込みが可能という。また事前に連絡すれば、手に入れたタイヤを直接ワールドタイヤサービスに送ることが可能である(事前連絡必要)。その他にも、「仕事が終わるのが遅くて…」という方には、事前予約をすれば夜間作業も可能というし、規定の範囲内であれば、引き取り作業&納車も行ってくれる。

 これまでの常識でいえば、タイヤ交換をする場合、馴染みのアメ車屋さんに頼むか(そこから専門店への外注)、オートバックスなどの大型専門店に自ら出向くか、もしくはネットで安いタイヤを探し、それを装着してくれるところを探しながら、タイヤを運ぶ算段までが必要になり…、結果的に時間とお金を浪費するハメになった、なんてことが一般的ではないだろうか。 

 筆者も過去に経験済みだ。コルベットなどの2シーターのタイヤ交換を安価に済ませようとすれば、実際にはアホみたいに時間と手間がかかる(わざわざタイヤ運び用のクルマまで用意しなくてはならないし、そのクルマのガソリン代、高速代もかかり、結果的に高くつく、もの凄いアホな話だ)。

 だがワールドタイヤサービスなら、たとえばネットで一番安いタイヤを購入し(自己責任において中古タイヤも可能)、その送り先をワールドタイヤサービスに指定すれば(もちろん清算済みのものに限る)、オーナーさんは交換作業日にクルマに乗って行くだけでOKということになる。しかも、その作業内容は、クワッドクオリティ。同じサービスを受けるなら安い方がいいに決まっているし、お金をかける部分とかけない節約部分を出すことで、アメ車を楽しむ幅がより一層広がるはずである。

 ワールドタイヤサービスとは、つまりタイヤ交換にまつわる、痒いところに手が届くようなショップなのである。しかもただ安いだけでなく、クオリティや責任を全うするショップがやっていることが大切なのである。

<価格表>
たとえば18インチタイヤを4本交換するとする。自分でタイヤを購入しておけば、交換工賃1本につき1500円(廃タイヤ代込み)。つまり4本で6000円と激安。過去に筆者が15インチタイヤを某店で4本交換。工賃、廃タイヤ代込みで1万円ちょいかかっているからいかに安いかお分かりいただけるだろう。
完璧な仕事がしたいという思いから、ワールドタイヤサービスにもクワッドファクトリーと同等な設備を導入している。クオリティを追求するためには、それなりの設備や道具が必要ということだ。
ワールドタイヤサービスでは窒素の充填を積極的に勧めている。それは、タイヤに空気ではなく窒素を充填することにより、温度による空気圧の変化が極めて小さくなり、また窒素の分子量は、他の気体と比較して大きい事により自然に発生するエア漏れも軽減することが出来るからだ。
さらに窒素は、衝撃吸収性に優れている気体であるため、乗り心地やハンドリングにも好影響となる。ただし、この窒素の恩恵を最大限に受けるためには、タイヤ内の他の気体を完全に抜いた状況を作ることが不可欠となる。価格は500円(1本につき)。

<ワールドタイヤサービスの特徴>

●工賃が激安
●タイヤが安い
●タイヤの持ち込みが可能(中古も可) 
※持ち込み手数料はかからないが、タイヤに関しては自己責任

●ネット等で購入したタイヤを直送して荷受けが可能
※発送前に事前に弊社に確認の連絡が必要。また到着後一週間以内の作業に限る

●関東運輸局認証工場併設で適切な作業を約束
●15年以上のキャリアを持つ専任スタッフの迅速かつ丁寧な作業。経験が浅いスタッフではなく、クワッドクオリティを継承できる技術習得スタッフが担当

●事前予約で夜間作業も可能
●納車、引き取りも可能
※弊社規定内距離

●アメ車以外の外車、国産車の車検、整備、修理など全てにおいてトータルサポート可能

 上記9項目以外にも、車種問わず車検、修理、メンテナンス、ナビ取り付け、カスタマイズetc、トータルケアが可能であるというというから心強い。またタイヤに関しては、メーカーやサイズの指定をすれば発注の代行をしてくれるというし、希望すればコーディネートも可能という(もちろんその際には若干の手数料が必要になる)。

ワールドタイヤサービス
埼玉県川口市本蓮2-5-8
TEL:048-285-2733 FAX:048-281-5891
mail:tire@quaddrive.jp
水曜日定休
※出張等も有りますので、予めご連絡の上ご来店ください
クワッドドライブでは、第一工場、保管専用工場、第二工場と、全てを含めると「60台の車両を預かることが可能」というから驚きだ。
<関連記事>
>> クワッドドライブ 「難題修理」を見る
>> キャデラックCTS-V カスタムプロジェクトを見る

特集一覧に戻る 本物志向の貴方に送る、ヒト・モノ・コトに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2019 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.