TEST RIDE

[試乗記]

V8搭載のラプターRが2020年にデビュー

2021 フォード F150 ラプター

王者は余裕のモデルチェンジでラムTRXを迎え撃つ

ラム1500TRXのデビュー間近に、フォードが放つモデルチェンジ。王者ラプターはV8搭載のラプターRでTRXを迎え撃つ。

更新日:2021.02.04

文/石山英次 写真/フォードモーター

後発の「ラプターR」はシェルビーGT500譲りの760hpエンジンか?

 フォードF-150ラプターは、オフロード走破性能に特化したF-150のスペシャルモデルとして2010年にデビュー。初代モデルはV8搭載だったが、2017年にデビューした二代目モデルでは、排気量を落としV6ツインターボエンジンとし、さらにボディの軽量化を施すことで、パフォーマンスを最大限アップさせた。

 それに当時新開発だった10速ATを組み合わせ、オンデマンド式の4WD制御にアップグレードされたFOXレーシング製ショック等、贅沢な装備を満載し、オンオフ問わず最高レベルの走りを提供したのである。

 懸案事項だった搭載エンジンは、3.5リッターV6ツインターボ。V8ではなくなったが450hpを発生させ、パフォーマンス的には初代を圧倒的に上回ったのである。ちなみにこのエンジンはかのスーパーカー、フォードGT直系のエンジンである。

 さてこのラプター、乗ると驚くほどよく走る。この巨体を、まるでミディアムクラスSUVのごとき軽々とした動きに封じ込めてしまうラプター開発陣には恐れ入る。というか、これまでアメ車に乗ってきて心底素晴らしいと思えたクルマが3台ほどあったが、ラプターはまさにその1台。

第三世代モデルとなる新型ラプター。デザインの基本線は旧モデル継承だが、サスペンションの進化が著しい。

 こればかりは、実際に乗ってみないと伝わらないと思うが、本当に素晴らしいし、本物とはこう言うものなのか、と唸らされる。

 で、このラプターの初代モデルがデビューしたのが2010年。そして2020年までの10年間はラプターの独壇場だった(ライバルを開発するのに10年かかったということ)。が、2021年ついに「打倒ラプター」を名乗るマシン・ラム1500TRXが登場する。

 このラム1500TRXは、前エントリーで紹介した通り、702hpを発生させるV8スーパーチャージャーエンジンを搭載している。このエンジンは、ヘルキャットエンジンであるから、FCAも気合十分である。

 もちろん、エンジンだけでなくフレーム&サスペンションも新開発されエンジンパワーに見合うだけの進化がもたらされているはずだし、普通に考えれば、V6ターボの450hpとV8スーパーチャージャーの702hpとではどれだけ差がつくのか? 少なくとも「ラムの圧勝では」という雰囲気が一気に充満していたわけである。

 そんな時に、フォードはラプターのモデルチェンジを実施した。2021年2月3日に発表された2021年型ラプターである。

2021年夏以降に登場し、ハイパフォーマンスモデル「ラプターR」は2022年に登場する予定だ。

 この第三世代となる新型ラプター。発表されたニューモデルの特徴は、37インチタイヤが装備でき、リアの5リンクサスペンションがリファインされ、いわゆるオフの性能がTRXを全て上回っているというもの。インテリア等ももちろん進化している。

 だが。搭載エンジンはリファインされたV6ツインターボであるという。正式な詳細は今夏発表ということで、V6ツインターボではなくV6エンジンになる可能性もあるという。

 というのは、新型ラプターには「ラプターR」が2022年に登場し、そちらにはV8エンジンが搭載されるというから。こちらも詳細は後日発表されるが、本国メディアで報道されている情報としては、シェルビーGT500のV8スーパーチャージャーエンジンが搭載されるとのもっぱらの噂。であれば、760hpであるから、TRXの702hpと真っ向勝負が可能だろう(結局のところ、チャレンジャーヘルキャット対シェルビーGT500の対決かよ)

 かつて411hpのV8ラプターに試乗し、450hpのV6ツインターボにも乗っているから、その凄まじさは体感しているが、それが700hp越えとなったらまさしくバケモノマシン。でもラプターだけはマジで凄いから、ラプターRは本当に注目の的となるだろう。ラプター&ラプターRの詳細は分かり次第報告する。

リアの5リンクサスペンションがリファインされ、オフの性能がTRXを全て上回っていると言われている。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

1992 シボレーカマロ RS

TEST RIDE

エイブル

エアコンのガス漏れを解消せよ

SPECIAL ARTICLES

株式会社リークラボジャパン

ついに上陸、地獄猫!?

REGULAR ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ
AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ

16,176

PERFORMANCE

6DEGREES

AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー
AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー

29,733

ELECTLICAL

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ