AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > ボディメイクとボディケアのスペシャリスト集団 > バイナルグラフィックス (vinyl graphics)vol.1
特集 SPECIAL ARTICLES バイナルグラフィックス (vinyl graphics)vol.1デザイン力とシートを貼る技術の両立

バイナルグラフィックス (vinyl graphics)vol.1

貼ることを考えたデザインの事前処理が細部を際立たせる

バイナルグラフィックと聞くと、どうしても派手なデコレーションを思う浮かべてしまいがちだが、活用の仕方によってはアメ車に必需品とも言えなくもない、新たな魅力を発見したのである。

更新日:2016.05.09文/椙内洋輔 写真/古閑章郎 / クレイジーカラーズ

取材協力

クレイジーカラーズ
TEL 03-3841-2324 [ホームページ] [詳細情報]

バイナルグラフィックス=派手なデコレーション?

 バイナルグラフィックスとは、vinyl graphicsと表記され、vinyl (ビニール)製のシートを使ったグラフィックデザインを車両に貼ることでペイントとはまた違ったデザインや雰囲気が楽しめるカスタム手法であり、取り外しや異なるデザインへの模様替えが比較的安易にできることからも人気が高いと言われている。

 だがしかし、車両の幅広い面積を使い、三次元曲面を駆使したクルマのボディにシートを貼るわけだから、当然ながらシートの質や貼る職人のウデが気になるところでもあり、筆者的にはその辺の業界事情についてはあまり詳しくはない。

 というのも、こういったカスタム手法を知ったのが今から7、8年前の痛車ブームの時であり、あまりに強烈な個性&趣味性に絶句したのを最後に取材した経緯がないからである(笑)。

 だが、ひょんなことからバイナルグラフィックスの存在と実力を改めて知ったのである。それが現代版のマスタングBOSS302とカマロによるものだった。

 BOSS302といえば、ボディに貼られたデカールが有名であり、それを模したデカールを貼ったマスタングGTを見たのである。聞けば、BOSS風チューンだというが、そのデカールは本物と寸分違わぬデザインおよびサイズであり、本物と言っても過言ではないくらい精密だった。

 聞けば、最新のシート事情によってデカールの質も大幅に向上し、野外保管の状態でもラミネート加工されたシートなら5年は持つというし、万が一筆者がBOSS302の中古車を手に入れた場合には、デカールを作り直し張り替えることも可能だなと思ったわけである(だいぶ先の話だが)。
一枚ものデザインされたシートを三次元曲面のクルマに貼るわけだから、失敗は許されず、位置の訂正や気泡がないように細心の注意が必要となる。
しかもシートの質や素材の特徴を加味した作業によって完璧な仕上げが求められるのは当然のことである。
こうした現代版マッスルのデカール等をバイナルグラフィックによって再生することも模倣することも可能になる。今回の取材によってそのノウハウの一部を教えてもらった。
コブラジェットとは、先代マスタング時代に登場したドラッグレースマシンのベース車であり、2012年からは5リッターV8にツインターボを装着した超本格派ドラッグレーサーとして人気を博していた。
今回、コブラジェットのボディグラフィックを自作しコンバーチブルボディに貼るという。
どれだけ正確に製作できるかがキモとなるが、もしそれが可能になるならば、こういった応用も可能になるということだ。

左右で違うデザインのものを製作し貼る

 一方で、白いボディの5thカマロに貼られている赤いセンターストライプの車両を見たときに、改めてこのバイナルグラフィックスの存在を思い出し、上記同様にストライプの貼り直しや色変えなんかも可能だし、ホッケーラインの追加も用意であることを知ったわけである。

 というわけで、アメ車に必需品と言えそうなバイナルグラフィックスの最新事情について、クレイジーカラーズに教えていただいた。と同時に今回、2011年のマスタングV8コンバーチブルにバイナルグラフィックスを貼るということで、取材させてもらったのである。

 今回作業するブラックのマスタングコンバーチブルには、ボディ両サイドにバイナルグラフィックスを貼るというが、左右で違うデザインのものを製作し貼るという。ボディ左ドア側にはちょっと派手めなデザインを考えており、ボディ右ドア側にはコブラジェットに貼られていたデザインと同様のものを製作し貼るという。

 ただ、コブラジェットはクーペボディだったために、今回のベース車となるコンバーチブルとはルーフの有無やボディラインの若干の違いがあるということで、そのイレギュラー部分のデザイン処理がキモとなる。

 ちなみにこのコブラジェットだが、先代マスタング時代(2008年)に登場したドラッグレースマシンのベース車であり、2012年からは5リッターV8にツインターボを装着した超本格派ドラッグレーサーだった。

 そのマシンには、ボディ両サイドにストライプとコブラが描かれたグラフィックが貼られており、そのデカールは公式には販売されていないために今回はあえて自作にて製作するである。

 ということで、実作業開始である。
<関連記事>
>> バイナルグラフィックス (vinyl graphics)vol.2 を見る
>> 次世代ボディコーティング『GLARE』 を見る

特集一覧に戻る ボディメイクとボディケアのスペシャリスト集団に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2019 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.