SPECIAL ARTICLES

[特集]

再び「FR」へと回帰してSUVのトップセラーへ

2020 フォードエクスプローラー デビュー

ダウンサイジングエンジンは一段と進化

2011年に登場した現行モデルから9年、ついに2020年に新たなエクスプローラーがデビューする。

更新日:2019.01.14

文/椙内洋輔 写真/フォードモーター

一段と熟成されたダウンサイジングSUV

 2011年に登場した現行エクスプローラーは、それまでのフレームボディから新たにモノコックボディ+横置きエンジン&FF駆動の採用によって、初代以来続けてきたトラックベースを捨てた。そして燃費向上に不可欠な軽量化とエンジンを搭載し、路上での快適性向上が図られた革新的アメリカンSUVだった。

 そしてそれから9年の2020年に新たなフルモデルチェンジが行われる。基本構造はほぼ同じであるが、駆動方式がFRに変更される。もちろん四輪駆動である。ボディサイズの変化は旧型比でほとんどないために(ホイールベースが若干短くなった)、デザインと駆動方式の変更が大きな特徴である。

 今回発表されたモデルは、「ベース」、「XLT」、「リミテッド」に搭載される2.3リッター直4エコブーストターボと「プラチナム」に搭載される3リッターV6エコブーストターボの二機種。今後トップモデルの「ST」の追加が既定路線となっている。ちなみに「ST」とは、現行モデルの「スポーツ」に相当するスポーティモデルのことである。

新型モデルの走り。FRベースの四輪駆動になり新たな次元を提供してくれる。

現行モデル。新型はこの旧型をベースにデザインされていることがわかる。

リアのスタイルも引き締まったデザインに変更されている。

センターコンソールのスイッチ類をできるだけ廃止し、大型タッチスクリーンにての操作に集約させているインテリア。

一層磨きがかかった搭載エンジン

 さて、リニューアルされた新型の最大のポイントが熟成されたダウンサイジングエンジン。旧2.3リッター直4エコブーストターボは280hp、最大トルク310lb-ftを発生させていたが、新型は20hpアップの300hp、最大トルク310lb-ftとなっている。

 一方、旧型では3.5リッターV6エンジンだったモデルは290hp、最大トルク255lb-ftを発生させていたが、新型では3リッターV6エコブーストターボとなり365hp、最大トルク380lb-ftと、排気量を下げたにもかかわらずパワーは75hpアップさせている(現行「スポーツ」並のエンジンパフォーマンスになった)。

 そしてそれらに組み合わされるミッションが新たに10速ATとなるのだが、それぞれのモデルにおいて高出力&高効率が達成されているのだろう。

 なお、2.3リッター直4エコブーストターボの300hpとは、たとえばダッジデュランゴの3.6リッターV6の293hpやホンダパイロット3.5リッターV6の280hpを超えているから、ダウンサイジングながら十分な性能が与えられていることが分かる。

V6ターボ搭載モデルは他の同一モデルをまったく相手にしないの高出力エンジンとなっている。

排気量を下げたにもかかわらずのパワーアップに、V6ターボの存在感が俄然上がっている。

V8エンジンにこだわらなければ、V6ターボの存在感は圧倒的に高くなる。

常に時代の最先端を行くエクスプローラー。大型タッチスクリーンの使用は今後、他車に影響を与えるだろう。

洗練された室内空間

 インテリア等の室内空間は、現行モデルでもクラス随一を誇るだけに、しかもサイズ感がほぼ変わらないだけに、これまでどおりの期待感を抱かせる。また新型では三列目へのアクセスをより容易にする二列目、三列目を製作しており、豊富なシートアレンジとあわせてこれまで以上の使い勝手を実現している。

 さらに搭載エンジンやトリムに関係なく、新型ではすべてに、電動リアハッチ、最大10台のデバイスを収容できる4G LTE WiFiホットスポット、8.0インチのタッチスクリーンインフォテインメントシステム(10.1インチセットアップも可能)などが標準装備され快適性と利便性を追求している。

 安全性の面では、ブラインドモニター、車線キープアシスト、自動ブレーキや歩行者検知機能を備えた前方衝突システム等が、また自動ハイビームヘッドライトといったセーフティ機能も充実しており、フォードの最新パーキングアシスタントであるActive Park Assist 2.0が装備され、ドライバーを必要とせずにエクスプローラーを駐車できるシステムも存在している。

 なお、今夏に発売予定の2020年型フォードエクスプローラーのベース価格は3万2765ドルと予定されている。

第一世代(1991-1994)

第二世代(1995-2003)

第三世代(2003-2005)

第4世代(2006?2010年)

第五世代(2011-2019)

第六世代(2020-)

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

ジープディーラーの工場に潜入

TEST RIDE

ジープ西東京

レゴ製 フォードマスタング

REGULAR ARTICLES

レゴジャパン

シボレー コルベット VOL.1

REGULAR ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

トヨタ FJ クルーザー

SPECIAL ARTICLES

オートサロン事務局

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ
AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ

16,176

PERFORMANCE

6DEGREES

AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー
AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー

29,733

ELECTLICAL

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ