TEST RIDE

[試乗記]

ダッジチャレンジャー50thアニバーサリーエディションの第二弾

2020年 ダッジチャレンジャー R/T シェイカー

5.7リッターV8エンジンベースの限定モデル

トーレッドのボディカラーに5.7リッターV8エンジンを搭載した50周年記念アニバーサリーモデルが入荷した。

更新日:2020.11.30

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

全米で1960台限定の50周年記念モデル

 2020年型ダッジチャレンジャーR/Tシェイカーの50周年記念アニバーサリーモデルである。

 以前、ご紹介したR/Tスキャットパックシェイカーも同様のアニバーサリーモデルであり、要するに同じアニバーサリーモデルのグレード&ボディカラー違いが入庫したということ。

 今回到着したモデルは、5.7リッターV8エンジンを搭載するR/Tベースにトーレッドのボディカラーをまとった1台。走行約5400キロの優良個体であり、唯一の違いが社外のルーバーがリアウインドーに装備されている点。

 とはいえ、これはこれで結構ナイスな装備だと個人的には思っているし、実際に違和感なく装着されているから得した気分にもなれる。

 一方、フロストバイトと呼ばれるスモーキーなブルーボディにペイントされた個体は6.4リッターV8エンジン搭載のR/Tスキャットパックベース。こちらの個体は走行約760キロということで、ほぼ新車に近いコンディションと言えるだろう。

ダッジチャレンジャーの生誕50周年を記念したアニバーサリーモデル。ベースはR/T。

社外のルーバーがリアウインドーに装備されているが、実際にはよく似合っている。

日本では現状この2台しか存在していない可能性が高い

 ともに50周年記念アニバーサリーモデルだが、その詳細を要約すれば、初代チャレンジャーが登場した1970年から50年の歳月が流れたという記念モデル。

 対象グレードが4つあり、7色の専用ボディカラーが用意され、それぞれ70台のみ生産されるということで、全1960台のみの限定モデルということになる。

 全米で1960台ということだから、まさしく雀の涙的存在であり、それを日本に仕入れるというのは至難の業であったという。

 実際、BCDでも2台が精一杯ということであり、その他ショップでも入荷情報はほとんど聞かないから(正確な情報は分からず)、実際にはこの2台のみかもしれないし、万が一あったとしても1台もしくは2台程度だろうから、あっても日本に3、4台と言えるのではないか(要するに極めて少ないということだ)。

 ダッジチャレンジャーは、一昨年あたりから日本での発売台数が増え続けており、コロナ禍においても結構な台数が動いているといわれている。

こちらはR/Tスキャットパックベースだから6.4リッターV8エンジンが搭載されている。ボディカラーはフロストバイト。ボンネットフードはステインブラックにペイント、ルーフ、トランクリッドはマットブラックにラッピングされている。

ゴールドスクールホイールや各装備がいい塩梅にスモーキーなブルーのボディカラーとマッチしている。

搭載されるエンジンは6.4リッターV8。485hp、最大トルク475lb-ftを発生させる。大排気量NAエンジンの醍醐味が味わえる名機。

この二台が同時に並んでいる姿を日本で見ることができるのもBCDならでは。

二分化するチャレンジャーオーナーの志向

 そんな中でユーザーの志向も二分化されている。そのひとつは極端なほどのカスタマイズベース車としてチャレンジャーをチョイスする方々。もう一方がキレイめな個体をそのまま乗るというもの。

 カスタマイズベースとしては、エンジンから足回り、さらにはボディの一部にまで手を加えることも多く、ハードなマシンに生まれ変わらせることを楽しんでいるらしく、それはそれでチャレンジャーの魅力を増幅させるに違いない。

 実際、チャレンジャー自体もそういったカスタマイズにシッカリ応えてくれる。

 一方、ノーマルの個体にそのまま乗る、もしくは若干手を加えてはいるが、基本ベースはノーマルに近い個体というオーナーさんも多く、こういった志向の方々に、今回のようなアニバーサリーモデルはかなりシックリくるのではないか。

搭載されるエンジンは5.7リッターV8。基本的なスペックはノーマルモデルと同一。370hpを発生させ8速ATと組み合わされる。

ボディカラー同色のシェイカーフード。ボンネットフードのブラックとのコンビネーションは良好。フードはブラックにペイントされる。

シェイカーフード搭載車のボンネットの裏側にはお決まりのそれを示すステッカーが貼られている。

搭載グレードが異なり、エンジンも異なるから当然迷う。どちらも非常に魅力的だが。

現行型デザインのある意味完成型

 ボディと同色のシェイカーフードは相当にセンス良くカッコ良く、赤いボディカラーにブラックのボンネットフード、ルーフ、トランクリッドのブラックも含めれば、本来、絶対的に硬派に見えなくてはならないはず。

 だが、このアニバーサリーモデルは、どこか上品にも見えるから不思議である。これまでの市販チャレンジャーが魅せる雰囲気よりも一段ランクが上がったような品の良さ。というか、ある意味現行チャレンジャーの完成型と言える存在だろう。

 だから、購入後にたとえばホイールをブラックにするだけでも見違えるだろうから、ちょっと手を加えて変化を出すことも可能。もちろん、そのまま乗っても十分に目立つのは間違いない。

 ちなみに、こうしたメディアにて普段から見慣れているせいもあるからあまりピンと来ない方がいるかもしれないが、実際に都心街中を走るチャレンジャーの派手さやオーラ、カッコ良さと言ったらいまだ随一である。唯一無二の丸目二灯デザインを越える存在を筆者はまだ知らない。

マットブラックのモパー製フードピンキットはオプション。この車両にもそのオプションが幸運にも装備されていた。

20インチのゴールドスクールホイールにシルバーカラーのブレンボブレーキが装備。ホイールデザインはR/Tスキャットパックとは若干異なる。

ステインブラックカラーのフューエルフィラードア。初代同様に「FUEL」のレタリングが入る。

硬派な存在にして、このモデルは上品さを纏う。ある意味現行型モデルの完成型とも言える存在だろう。

気になる次期モデルの出来栄え

 もうあと一年、もしくは二年ほどで次期チャレンジャーの全貌が明らかになるはず。

 今よりずっと洗練されるに決まっているから、便利で快適でもっと速くなるに違いないが、現行型が持っているデザイン的魅力が失われる可能性は否定できない(デザインに手を加えなきゃモデルチェンジする意味もないだろうし)。

 だからこそ、完成された現行型を今のうちに入手して乗っておく、そして新型次第で乗り換える、もしくは新型が気に入らなければそのまま乗り続けるといったことを検討してみてはいかがだろうか。

 BCDの場合、3年後の下取り価格50%を保証した50プランもあるから、そういった行動の大いなる助けにもなるはずである。

 この50周年記念アニバーサリーモデル、BCDによる優良個体の直輸入車だけにファーストカーとして問題なく使用できるだろうし、複数台所有するコレクターの方には価値あるコレクターカーとしての役割を十分に果たすと断言できるのである。

インテリアの構造自体は同一だが、ステッチのカラーリングが変わっていたり、専用シリアルタグが貼られたりと、随所に変化が加えられている。

メーター内のレタリングカラーも異なる。インフォメーションスクリーンには50th記念のロゴも映し出される。

BCDは、日本の中古車事情とはかけ離れた、独自基準で状態の良い車両のみを直輸入している。それによって他店とは異なる充実した保証やアフターが可能になると鈴木氏は語る。FCA車両用の「ワイテック2.0」も当然完備し、アフターに使用している。

今これに乗って、3年後には出ているはずの新型を吟味する。気に入れば乗り換えるし、気に入らなければそのまま乗り続けるのはどうだろうか?

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

2020 ラム1500 Rebel スポーツ

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2017 フォード シェルビーGT350

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

「BCD」車両が良い本当の理由

SPECIAL ARTICLES

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

2001年型ハマーH1 カスタム

SPECIAL ARTICLES

ガレージダイバン

ジープ東名横浜がリニューアルオープン!

NEWS & INFORMATION

ジープ東名横浜

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタングGTGTプレミアム
フォードマスタングGTGTプレミアム

398万円

年式:2013年

走行距離:51,389km

ガレージダイバン

GMCサバナエクスプローラーコンバージョンハイルーフ
GMCサバナエクスプローラーコンバージョンハイルーフ

648万円

年式:2014年

走行距離:48,835km

ガレージダイバン

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

498万円

年式:2019年

走行距離:13,100km

BUBU宇都宮

シボレーキャプティバベースグレード
シボレーキャプティバベースグレード

208万円

年式:2017年

走行距離:32,500km

BUBU宇都宮

PARTS

[新着パーツ]

ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER  キャリアラック ルーフラック・『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)ウイングバー EVO ア
ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER  キャリアラック ルーフラック・『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)ウイングバー EVO ア

32,670

EXTERIOR

6DEGREES

ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER  キャリアラック ルーフラック・『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)ウイングバー EVO(ブ
ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER  キャリアラック ルーフラック・『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)ウイングバー EVO(ブ

34,650

EXTERIOR

6DEGREES

ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER  キャリアラック ルーフラック・『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)プロフェッショナルバー 
ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER  キャリアラック ルーフラック・『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)プロフェッショナルバー 

38,610

EXTERIOR

6DEGREES

AC Delco ブレーキパッド 17D413MH シボレー カマロ コルベット トランザム
AC Delco ブレーキパッド 17D413MH シボレー カマロ コルベット トランザム

13,992

PERFORMANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタングGTGTプレミアム
フォードマスタングGTGTプレミアム

398万円
支払総額425万円

年式:2013年

走行距離:51,389km

ガレージダイバン

GMCサバナエクスプローラーコンバージョンハイルーフ
GMCサバナエクスプローラーコンバージョンハイルーフ

648万円
支払総額680万円

年式:2014年

走行距離:48,835km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER  キャリアラック ルーフラック・『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)ウイングバー EVO ア
ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER  キャリアラック ルーフラック・『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)ウイングバー EVO ア

32,670

EXTERIOR

6DEGREES

ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER  キャリアラック ルーフラック・『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)ウイングバー EVO(ブ
ジープ ラングラー JL/JK JEEP WRANGLER  キャリアラック ルーフラック・『車種別セット』THULE Base carriers (スーリーベースキャリア)ウイングバー EVO(ブ

34,650

EXTERIOR

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ