TEST RIDE

[試乗記]

デビュー当時は世界最高レベルの性能を誇る

2010 シボレーコルベット ZR1

アメリカでは未だC6時代のZ06とZR1の人気がえげつないほど高い

すでに13年前の個体だが、抜群のコンディションを示すFRコルベット・ZR1を取材した。

更新日:2023.07.29

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

いま日本で入手出来る最高レベルの個体かも

 今年いっぱいでカマロ、チャレンジャーが生産終了になり、来年以降新車で入手可能なハイパフォーマンススポーティカーはマスタングとコルベットC8だけ。

 だがマスタングの最新車両は、OTAと呼ばれる無線通信によるソフトウエアの更新作業が日本だと無理なため非常に難しい状況が考えられるから、今のところ入手に不安がつきまとう。コルベットC8に関してはスーパースポーツ級の価格帯のため容易く買える代物ではない。

 ということで、この先アメリカンスポーツおよびマッスルカーを入手したければ中古車が中心となるのだろう。

 で、そんな中、ちょい乗り程度を想定しているのであれば、さほど困難な中古車選びにはならないだろうが、「いつかは欲しい」と特定車両をずっと待っていたような方であれば、程度良好車を早いうちに入手した方がいい。

▲2010年型コルベットZR1のBCD認定中古車。走行5.2万キロということだが、取材した限りその距離すら走った感じがしないほどコンディションの良さが際立った個体だった。

▲中古車であるが、ボディやホイールにもキズや痛みがないし、美しいブルーメタリックのボディカラーも健在で、抜群のプロポーションを誇るC6コルベットの魅力を一段と引き立たせていた。

 有り体に言えば、この先、アメリカ本国から現地の中古車が日本に上陸することは考えづらい=日本における中古車個体の数が劇的に増えることは100%ない=今、日本にある個体から選ばざるを得ないし、程度良好個体はどんどん減っていく。

 だから早い者勝ちではないが、程度を優先した中古車選びを素早く行うべきである。今後アメ車の中古車を購入する場合、このような状況は常に頭に入れておくべきだ。

 そんな中でのコルベットZR1の出物。C6コルベット時代のハイパフォーマンスモデルである。

 アメリカでもコルベットのFRモデルは価値が爆上がりしており、中古車がプレミア価格になっている=円安相場も加わり、仮に日本に輸入すれば中古車ですらかなりプライスが想像される。

 そんな中でのC6ZR1である。ZR1のデビューは2008年で、当時、C6コルベットにはZ06もラインナップされていたから、今思えば相当贅沢な時代であった。

▲数々のレーシングテクノロジーが注入された6.2リッターV8スーパーチャージドエンジンは、647ps/6500rpm、最大トルク83.5kg-m/3800rpm発生させる。

▲エンジン内部の状況を見てもコンディションの良さがわかるだろう。

▲リアルカーボンボンネットに貼られた樹脂製のクリアパネルの中には、珠玉の名機の一部が見える。

 ちなみに余談であるが、2000年から2010年あたりはアメ車バブルの時代と言われ、今では想像もつかないほど魅力的なモデルが企画&製造されていた。

 例えばシボレーSSR、キャデラックXLR、クライスラークロスファイヤー、ハマーH3、ダッジラムV10、フォードGT、フォードサンダーバード、ポンティアックソルスティス、ジープコマンダー(V8搭載)etc

 で、コルベットZR1もそんな時代に企画されただけあって、そのパフォーマンスは当時の世界最高レベルを誇る=アメリカでは未だにC6時代のZ06とZR1の人気がえげつないほど高く、現地の方々でも入手することが困難なほど。

 逆に、日本のコンディション良好の個体を、アメリカからわざわざ買いに来ることもあるというくらいだから(日本にある個体はアメリカ人の想像をはるかに超えるほど程度がいいらしい)、その人気ぶりがわかるというものだろう。

▲ヘッドライトのクリアレンズにも劣化は殆どない。内部にもボディ同色のカラーリングが使用されている。

▲フロント285/30ZR-19インチ、リア335/25ZR-20インチタイヤを装着している。

▲ブレーキはフロント6ピストン、リア4ピストンのブレンボキャリパーにカーボンセラミック クロスドリルドローターの組み合わせ。

 ということでC6ZR1の何がそんなに凄いのか。

 まずエンジンに数々のレーシングテクノロジーが注ぎ込まれ(チタン製のコネクティングロッドやインテークバルブ、ドライサンプ式オイルシステムetc)、6.2リッターV8OHVスーパーチャージャーは647ps/6500rpm、最大トルク83.5kg-m/3800rpmを発生させる。ミッションは6速MTのみ。

 ボディは軽量化を実践し、フレームをアルミ、一部ボディパネルにカーボンを使用(ルーフ、ルーフレール、ロッカーパネルetc)し、車重は1530kg。今の基準で言えばめちゃくちゃ軽い。

 このスペックでのパワーウエイトレシオは驚異の2.36kg/ps。0-400m加速は11.3秒を誇り、ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットの北コース(全長20kmを超える)を7分26秒4で走り抜け、ポルシェターボやダッジバイパーを抜き当時の世界最速の市販車ラップを記録したのである。

 これまた余談だが、現行トヨタスープラはZR1よりもひと回り以上小さいボディで車重が1520キロ。そして340psの直6エンジンを搭載するが、これと比較するだけでもZR1がいかに軽くパワフルかつ速いかが想像できるだろう(直6よりもV8エンジンの全長サイズは短くOHVなのでより低く搭載されている)

 そんなコルベットC6時代の名品とも言えそうなZR1がBCDに入荷。正確にはかつてBCD車両として販売された車両が戻ってきてのBCD認定中古車両。

▲シンプルなインテリアであるが、走るためのコックピットと考えれば納得。十分にタイトなスポーツカーさながらの室内空間。

▲まさにスポーツカーのための6速マニュアルシフト。手首のひねりでコントロール可能。クラッチ操作も一般的車両と変わらない。

▲随所にカーボンパーツが使用されているが、そう言った部分にキズや劣化がないのも状態の良さを物語っている。

 いうまでもないが、BCD車両とはBCDが独自に程度良好車をカリフォルニアから日本に直輸入した個体であり、認定中古車とは、BCD車両として販売された車両が乗り換え等によってBCDに戻ってきた車両のこと。

 当然、その間にBCDによって車両精査と点検&メンテナンスが行われており、何よりBCDの管理ユーザー車として定期的なコンディションチェックが行われていた車両であるから、個体の状態とこれまでの過程が良く分かるから、そうでない車両よりも安心感が断然高い。もちろん無事故車両である。 

 ZR1ほどのハイパフォーマンスモデルだからこそ、そうした定期的なコンディションチェックは必須であり、そんな中での13年落ち5.2万キロ走行は年平均4000キロとかなり少ないレベルであるから、その価値は今でも高い。

 アメリカだと10万キロオーバーの個体がザラで、それでも余裕の8万ドルオーバー超というから、それと比較するだけでもいかに状態が良いかわかるだろう。

▲アナログ6連メーターの雰囲気も良好。

▲シート自体のホールド性は抜群。中古車としてはレザーシートにシワが刻まれている程度。抜群のコンディション。

 実車を見たが、レザーシートに若干のシワが刻まれているが、瑕疵やヤレを感じさせる部分は全くなく、外装やメッキホイールの状態も良く、言われなければ5万キロを超えていることすら感じさせない状態だけに掘り出し物と言っても過言ではない。もし探している方がいるなら必ずや見るべき個体と断言できる。

 それにしてもFRコルベットは美しい。最近C8に慣れてきていたからか、改めて見ると抜群のプロポーションである。スパッと切れた感じのリアテールが最高で、ブルーメタのカラーもいい。はっきり言ってこんな状態の個体があること自体に驚いた。

 FR時代のコルベット、しかも数少ないハイパフォーマンスモデル・ZR1の程度良好車に乗れる最後のチャンスと言えるかもしれない。

RELATED

[関連記事]

2024 シボレーコルベット ZR1

NEWS & INFORMATION

2008 シボレーコルベットC6

TEST RIDE

BUBU光岡グループ

2017 シボレーコルベット Z06

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

SHOP

[同店舗記事]

1968 マーキュリークーガー XR-7

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 ダッジ チャレンジャー GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2018 フォードマスタング GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2020 フォードマスタング GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

2006 ハマーH3

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2020 ジープ グラディエーター

TEST RIDE

S&RT(Street and Racing Technology)熊谷

最新エアサス事情 vol.3

SPECIAL ARTICLES

ジェットシティ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタング
フォードマスタング

228万円

年式:1998年

走行距離:76,308km

ガレージダイバン

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーサバーバン2WD
シボレーサバーバン2WD

318万円

年式:1989年

走行距離:

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタング
フォードマスタング

228万円
支払総額255万円

年式:1998年

走行距離:76,308km

ガレージダイバン

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円
支払総額204万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ