AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > 2019 ダッジチャレンジャー & ダッジチャージャー
試乗記 TEST RIDE 2019 ダッジチャレンジャー & ダッジチャージャー人気カラー、サブライムグリーンの復活

2019 ダッジチャレンジャー & ダッジチャージャー

チャージャーは2020年でモデルチェンジか

2019年モデルの両車に、人気カラー、サブライムグリーンが帰ってきた。

更新日:2019.02.12文/椙内洋輔 写真/FCA


オッサン臭いセダンとは思わせないハイインパクトカラーをまとったチャージャー。生粋のマッスルカーらしい、硬派な印象がお似合いである。


サブライムグリーンは限定カラーだった

 これまで、サブライムグリーンは限定カラーだったという。チャレンジャーは2015年、チャージャーに至っては2007年に発売されたという歴史はあるものの、その時のみの限定モデルだった。つまり、その年式以外ではチョイスできないボディカラーだとはつゆ知らず、筆者の思い込みだったのだが、常に存在していると思っていた。 

 だが、今回のシカゴオートショーにて2019年はオプションカラーにて「サブライムグリーン」の復活が発表されたのである。

 ちなみに、個人的な話で言えばチャージャーでのハイインパクトカラーのチョイスは二重丸だと思う。

 現行アメ車の中で、生粋のマッスルカーってチャレンジャー&チャージャーだと思うし、特にチャージャーの4ドアヘルキャットの凄さ&希少性については特筆もの。なので、そいつにサブライムグリーンが結びつけば、最高のマッスルカーの誕生ということになるだろうと。

 なお、このサブライムグリーンの他、ゴーマンゴーやプラムクレイジーといった往年のインパクトカラーも健在であり、チャレンジャーに関しては14色、チャージャーに至っては15色のボディカラーがラインナップされるとのことで、今年新車の購入を検討している方は、ボディカラーにも注目した方が良いだろう。

なぜだか見慣れている(笑)だけに、限定カラーということ自体気づかなかったチャレンジャーのサブライムグリーン。プラムクレイジーもよく似合う。

チャージャーにワイドボディモデルの登場!?

 またヘルキャット等ではレーシングストライプの新規カラーのチョイスも可能になっている。

 もうひとつ。今年の10月以降になると思われるが、2020年型のチャージャーが発表されるはずである。その時点で、ひょっとするとモデルチェンジ、もしくはニューバリエーションモデルの発表があると予測されている。

 そのニューモデルとは、ワイドボディの登場。これまで、チャレンジャーに関してはかなりのバリエーションモデルが登場しているが、ここにきてチャージャーにも登場すると言われている。

 しかも、一時期は7リッターV8が新規にデビューすると言われていたがそれはなくなり、だがワイドボディの登場は既定路線という。予測するに、チャレンジャーワイドボディと同様のものだろうか。

 チャージャーに関しては、ワイドボディにして見た目の変化ももたらすということらしいので、単なるフェンダーの後付けには収まらない可能性も残されているという。

2019年型ではレーシングストライプのカラーリングもチョイス可能になっているとのこと。これでまた自分らしさをアピールできるだろう。

 チャージャーに関しては、2005年にデビューし、2011年にマイナーチェンジ、さらには2015年で現行型へのモデルチェンジを経て2020年へと、定期的なモデルチェンジが実施されてきただけに、非常に期待が持てる変化と思いたい。

 一方、チャレンジャーに関してはサイクルの長いモデルだけに新型の登場が待たれるが、「別にこのままでいい」というオーナーも多く、果たして今後どうなるのか?といったところだろう。

試乗記一覧に戻る

BUBU光岡自動車 BCD日本カリフォルニアカスタム TRD(Toyota Racing Deveropment)ウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車

アメ車検索

アメ車検索詳細

twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.