AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > フォード > 2021 フォード ブロンコスポーツ
試乗記 TEST RIDE 2021 フォード ブロンコスポーツミディアムSUV以下のマーケットを一気に牛耳るか

2021 フォード ブロンコスポーツ

ブロンコブランドが放つアーバン四駆モデル

2021年期待のブロンコスポーツは、日常的な快適性を追い求めながらもアウトドア風味を満載したアーバン四駆。サイズ的にも日本でもヒットする可能性が非常に高い。

更新日:2021.01.12文/石山英次 写真/フォードモーター

「ブロンコ」ブランドが放つ都市型クロスオーバーSUV

 フォードが発表した「ブロンコファミリー」には新型ブロンコ2ドア&4ドアの他に「スポーツ」が存在していている。

 ブロンコ2ドア、4ドアが本格的クロカン四駆という位置付けに対し、スポーツは普段使いを快適にする5人乗車のアーバン四駆であり、そのサイズ感やライバルはジープコンパスやレネゲード。

都市型とはいえ、オフロード性能は非常に高く、本国アメリカでの試乗会でもその「オフ」の部分のアピールが凄かった。さらにこうしたアクティブな装いが非常によく似合う。
 ブロンコが本格的なフレームボディなのに対しブロンコスポーツは、FWDベースのモノコックボディという作りの違いからも、想定するユーザーが想像できる。

 デザインは、ブロンコ2ドア、4ドアが旧ブロンコのスタイルをベースに誕生したのとは異なり、円形のヘッドライトは有するものの、平面に近いボディパネルと前後オーバーハングを短くした箱型フォルム。

 このボディに搭載されるエンジンは2種類あり、1.5リッター直3エコブーストターボと2リッター直4エコブーストターボエンジン。組み合わされるミッションは、ともに8速ATであり、2.0L直4に組み合わされる8速ATのみセレクトシフト付きのパドルシフト装備となっている。

 足回りはフロント、リアともに独立懸架。駆動方式は4WD。アーバン志向とはいえ、クラストップの悪路走破性を誇る。

 インテリアは、アクティブ仕様のブロンコ2ドア、4ドアとは異なり、洗練されたSUV仕様といった印象。それでも傷が付きにくく、ウォッシャブルなフロアやシートバック素材が採用され、内張りには様々な小物を取り付けておく仕掛けがある等、アクティブに使うための工夫が凝らされている。

 もちろん、センターコンソールには8インチのモニターが装備され、インフォメントシステムが内蔵されている他、各種運転支援機能が採用されている。

インテリアは、洗練されたSUV仕様だが、ウォッシャブルなフロアやシートバック素材が採用され、内張りには様々な小物を取り付けておく仕掛けがある等、アクティブに使うための工夫が凝らされている。
 ブロンコスポーツは、日常的な快適性を追い求めながらもアウトドア風味を満載したアメ車ならではの存在。日本でもジープレネゲードが人気だし、アクティブな日本製SUVも人気だから、そのマーケットにおける大いなる驚異になるはず。

 ブロンコがブロンコファミリーとして2ドア&4ドアと共にブロンコスポーツを同時発表したのも、ミディアムSUV以下のマーケットを一気に牛耳るため。ブロンコ&ブロンコスポーツはサイズ的にも日本に向いているし、非常に期待できるだろう。

 なお、ブロンコスポーツが今春から発売が開始されるから、順調に行けば5月、6月くらいには日本でも姿が見られる可能性が高いのである。


試乗記一覧に戻る フォードに戻る

BUBU光岡自動車 BCDウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車

アメ車検索

アメ車検索詳細

twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.