TEST RIDE

[試乗記]

まるでレアな骨董品のような輝き

1951 シボレースタイルライン デラックスワゴン

それでいて街中を普通に走ってしまうコンディション

1951年型というから今から71年前の車両を取材。スタイルラインというシボレーの名車の1台である。

更新日:2022.02.07

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/エイブル TEL 044-857-1836 [ホームページ] [詳細情報]

71年前の車両が平日の一般道を走る

 店頭でしばらく待つと数百メートル先から聞こえるエキゾースト。そして30メートル手前から感じる車体のオーラ。まるで皇族等のお偉いさんが乗っているシーンを昔の映像で見ているかのような幻想的な雰囲気。

 そう、取材車は1951年型のシボレースタイルライン。個人的には初めて見たフィフティーズであり、そもそも日本に何台あるのだろう? そのくらい珍しい個体ではないか。

 というのも71年前の車両である。しかも平日の一般道を何ら気にすることなく走っている姿に、めちゃめちゃ違和感を感じたのである(笑)

 この仕事をして25年以上経つが、こう言った旧車の取材とはだいたいが土日である。交通量が少ないからストップ&ゴーの割合も少なくなり=車両の負担が減るであろうという想定のもと行われている。

 が、この日の取材は火曜日。普通に街中を走り、国道246を走り、そして最後は狭い住宅地を走ったが、全く問題なく走りきった。

 「走りきった」とは失礼な言い方だが、正直、取材中に何らかのアクシデントに会う可能性も捨てきれてはいなかったのだが、実際には全てが杞憂に終わった。そして何事もなく走ってくれたことに感謝とともにこの個体の性能を実証した感じであった。

▲「デラックス」には2ドア、4ドアセダン、2ドアスポーツクーペ、2ドアビジネスクーペの他に2ドアコンバーチブルと4ドアウッディワゴン(スチール)があり、取材車は4ドアウッディワゴンである。

▲本国ではローライダー的なカスタマイズが流行っているというが、この個体はほぼノーマル状態でリアの車高を若干上げているという。

デラックスワゴンにオプションエンジン搭載車

 で、まずはスタイルラインとはどんなクルマか。1945年の終戦後にシボレー待望のフルモデルチェンジが行われる。それが1949年で、その時誕生したのがスタイルラインとフリートライン。それぞれに「スペシャル」と「デラックス」が用意され、今回取材したのがスタイルラインの「デラックス」。

 スタイルラインには「スペシャル」と「デラックス」とで複数のボディバリエーションが存在し、「デラックス」には2ドア、4ドアセダン、2ドアスポーツクーペ、2ドアビジネスクーペの他に2ドアコンバーチブルと4ドアウッディワゴン(スチール)が加わっており、これまた今回取材したのが4ドアウッディワゴンになる=スタイルライン「デラックス」ワゴンである。

 搭載エンジンは、3.5リッター直6OHVで90hpを発生させ、当初は3速MT車のみであったが、1950年に2速パワーグライドが追加される。これ、シボレーが開発した世界初のオートマチックであり当時世界中から絶賛されたもの。そして翌年1951年には3.8リッター直6OHVがオプション設定される。ちなみに100hpだったという。

 今回取材した個体には、そのオプションの3.8リッター直6OHVエンジンが搭載されミッションは2速パワーグライドである。聞けば、現代の交通事情でも100キロ程度の速度は出るらしく、日本の高速道路でも十分に走れるそうだが、前オーナーさんは80キロ程度で流す感じで高速道路を走っていたという。

▲1951年からオプション設定された3.8リッター直6OHVエンジンが搭載されている。

▲オルタネーターを含め燃料系や電気系が一新されているから好調がキープされている。

▲シンプルなインテリアデザインは当時のもの。その他サブメーター類は後付け。

▲当時のメーター類が動く姿自体が感動もの。

アメリカ旅行で実車を見て購入を決意

 まずはこのスタイルラインがどうやって日本にやってきたのか。それは現オーナーさんがアメリカを旅行した際に現車を確認し、それまで約13年乗ったジープワゴニアの後釜にしようと考えたことから始まった。

 ワゴニアはエイブルにて整備しており、その時から原氏と懇意にしていたことから輸入を依頼。そしてエイブルがアメリカからの輸入代行とナンバー取得を行っている。

 そして今回の取材のように1951年の車両を日本の道路で走れるようなメカニカル状態にしたのもエイブルである。

 とはいえ、最初から完璧な状態ではなかったのは言うまでもない。最初に登録された2018年から約1年半くらいは日本の道路事情に合わせて走れるようなコンディションにするための試行錯誤が続く。

 というのも、このオーナーさん、このスタイルライン1台で生活しているから。「普通に走れる状態」という願いを叶えるための作業が必要だったのである(以下、これまでの作業歴)

▲室内時計はなんと新品時からのもので、未だしっかり動き続けているという。

▲本国で一度レストアされているという室内に使用されているウッドパネルの状態は良く、固有の魅力を発している。

▲ご覧のドアパネルもウッド。状態も良い。

▲リアハッチのデッキ部分にもウッドパネルが使用されている。

約1年半の作業履歴

・エアコン取り付け
・ラジエター交換
・電動ファン取り付け
・MSDシステム
・オルタネーター
・キャブレター交換
・エアクリーナー交換
・ステアリングアライメント調整
・センターアーム修正
・エンジンマウントブッシュ交換
・リアシャフトベアリング交換 
・フューエルタンク交換
・フューエルライン交換
・リアモニター付きドライブレコーダー
・右デジタルミラー
・ETC
・スピードメーター調整
・電圧メーター
・シートベルト 
・フードオーナメント
・バックランプ
・ポジションランプ
・ワイヤーハーネス交換
・ブレーキシリンダー
・ドアロック修理
・ライターソケット
・ウインカー 
・ワイパーモーター
・燃料ポンプ
etc

▲現状のシートの状態もかなり良好。

▲リアシートもコンディションが保たれている。

▲機関部分の状態はかなり良いから普通に街中から一般道を走れる。ただ、ノンパワステ等の個性があるから、その部分に慣れは必要。

飾っておくだけでも貴重な個体

 ざっとまとめると、燃料系が一新され、ワイヤーハーネスを一新し、オルタネーターも交換されているから燃料部分と電気がしっかり回り稼働している。そしてエンジンマウントも交換され、足回りのリンケージやブッシュ関連もリフレッシュされ、アライメントも調整されているので、しっかり走る。

 それ以外は快適性や現代の交通事情に合わせた装備品の追加となるが(エアコンは輸入前にアメリカで装着)、とにかく基本部分がしっかり稼働するように手が加わっているのからこそ、平日の街中を最新の2020年代車とともに走ることが可能だったのである。

 そしてこの車両は、まるで現代車のように平日の買い物から週末のドライブにも使用されており好調が維持されたまま、家庭の事情により売却が検討されるということである。

 オーナーさん曰く「最初は想定以上の困難にくじけた時もありましたが、この2年半くらいは快調そのものです。ですが、パワステはありませんし、ブレーキにも力が要りますから乗ると非常に疲れるのですが、こんなデザインのクルマで毎日走れること自体が貴重ですし毎回感動ものです。特にウッドで覆われている室内空間はこのクルマ特有のものなので、非常に素敵だと思っています」

 通常、こう言った旧車に関しては、骨董品的な価値を認めて入手し車庫に置いて眺めておきたい場合もあれば、ガンガン乗りたいタイプもあり、またそれらの中間の方もいると思われる。

 で、個人的には今回のスタイルラインはまさしく前者の骨董品的価値が高いタイプであると思われるから、仮に飾っておくだけでもレアな個体ではないかと思う。それが、ある程度普通に街中を走れるというのだから、より貴重な存在だと思うのである。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

2007 ジープグランドチェロキー SRT8

TEST RIDE

エイブル

1998 シボレーカマロ Z28

REGULAR ARTICLES

エイブル

1998 シボレーカマロ Z28

TEST RIDE

エイブル

1987 シボレーエルカミーノ

TEST RIDE

エイブル

ARCHIVES

[アーカイブス]

2019 フォード マスタング エコブースト

SPECIAL ARTICLES

フォード新滋賀(アイエーシーインターナショナル)

アストロ全国大会 2018

NEWS & INFORMATION

アストロ全国大会公式ホームページ

90's シボレー・サバーバンの人気が再燃中!

REGULAR ARTICLES

ガレージダイバン

STREET CAR NATIONALS

REGULAR ARTICLES

ムーンアイズ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツLSLSリフトアップ
シボレータホスポーツLSLSリフトアップ

278万円

年式:1997年

走行距離:140,738km

ガレージダイバン

クライスラー300C300C
クライスラー300C300C

198万円

年式:2006年

走行距離:83,900km

ガレージダイバン

ハマーH2リフトアップカスタムリフトアップカスタム
ハマーH2リフトアップカスタムリフトアップカスタム

388万円

年式:2004年

走行距離:117,475km

ガレージダイバン

フォードマスタングGTGTプレミアム
フォードマスタングGTGTプレミアム

398万円

年式:2013年

走行距離:51,389km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

C5コルベット ライセンカバー
C5コルベット ライセンカバー

17,600

EXTERIOR

ウエストクラブインターナショナル

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車

4,752

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車

2,673

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF48E アメ車 カマロ コルベット GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF48E アメ車 カマロ コルベット GM車

4,576

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツLSLSリフトアップ
シボレータホスポーツLSLSリフトアップ

278万円

年式:1997年

走行距離:140,738km

ガレージダイバン

クライスラー300C300C
クライスラー300C300C

198万円
支払総額232万円

年式:2006年

走行距離:83,900km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

C5コルベット ライセンカバー
C5コルベット ライセンカバー

17,600

EXTERIOR

ウエストクラブインターナショナル

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車

4,752

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ