AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > アメ車&逆輸入車のイベントやツーリング紹介 > セマショー2018 出展車 フォード編
連載 REGULAR ARTICLES セマショー2018 出展車 フォード編ミディアムピックアップのレンジャーからマスタングまで

セマショー2018 出展車 フォード編

カスタマイズの魅力が集結するセマ

今年のセマショーに出展されたフォード車を集めました。

更新日:2018.11.06文/椙内洋輔 写真/フォードモーター


ミディアムクラスのレンジャーが話題である。この先、アメリカ本国でもレンジャーの販売が始まるかもしれない。

やはりピックアップがカスタマイズの中心

 今年も始まったセマショー。15年前くらいなら、毎年10月になるとウズウズして「何とかしてセマにいけないものか」と思案を巡らしていたのだが、正直、今はまったく行きたいとは思わない(笑)。それにここ数年のセマ出展車の形態がずっと同じ、というのもあって…。ということで、2018年のセマは一体どうなのか、と連絡待ち。

 で、先週末に聞いた話では、基本的にはこれまで同様の流れ。メインはエンジンスワップで、旧車に現代の最新パフォーマンスエンジンをぶち込んだレストモッドが主流。そのほかではラングラー祭り。新型JLのラングラーベースのカスタマイズカーが花ざかり。

 で、今回お届けするのが、フォード車の出展車両。マスタングがメインかと思いきや、意外にもレンジャーが主役っぽい。ミディアムピックアップベースの多様なるカスタマイズ。そのほかではF150。要するにアメリカは、いまだピックアップが中心ということなのでしょう。

 それでも、写真を見ればわかるが、カスタマイズは楽しさと華やかさで満たされる。アメ車の魅力はいまだセマに凝縮されている、ということなのでしょう。
<関連記事>
>> セマショー2018 出展車 フォード編 vol.2 を見る

連載一覧に戻る アメ車&逆輸入車のイベントやツーリング紹介に戻る

日本カリフォルニアカスタム サンシェードQUAD DRIVE(クワッドドライブ)DODGE MAGNUM by KIBAマグナフローマフラー
株式会社アイダックデザインオートクロス アメ車走行会BUBU Knowledge!WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP