SPECIAL ARTICLES

[特集]

良い意味で驚きの連続だった

ダッジチャレンジャー SXT (DODGE CHELLENGER)

旧車乗りのセカンドカーとしても最適

アメ車=V8という考え方はもう古い? これまで以上に高性能になったV6モデルからは、「ストリートで使い切れる楽しさ」と「抜群のキレの良さ」を味わうことができるのである。

更新日:2013.10.03

文/椙内洋輔 写真/兵藤冬樹

取材協力/ベルエアー TEL 0436-40-1212 [ホームページ] [詳細情報]

商品的魅力は落ちずともモデル末期

 モダンマッスルの旗手といわれて久しい現行ダッジチャレンジャーだが、昨年から生産中止のアナウンスがいつ発令されてもおかしくない状況になっている。だが、次なる新型車(クーダとの噂)との兼ね合いもあってか(まだ実際には売れているし)、今のところ生産は継続されている。

 実際チャレンジャーは2008年に登場しているから、今年で6年目。モデルライフとしては、「まあこんなところ」といった感じで、あせって生産中止にする必要はない年月である。

 パフォーマンス的にも、最上級モデルとなるV8「392」「RT」、V6「SXT」とどれをとっても一流レベルであり、古さを感じさせるモノではない。また、チャレンジャーのみMTモデルがセレクトできるのもポイントであり(チャージャーは選べない)、スポーツモデルとしての存在感はまだまだ十分に高い。

 モダンマッスルとしては、チャレンジャーの他にマスタングやカマロが存在するが、チャレンジャーは意外にも旧車好きに愛されているという不思議なクルマでもある。現代的なリメイクを受けてはいるが、旧チャレンジャーを思い起こさせるデザイン的な魅力が一番高いからかもしれないのだが。

センターストライプのないシンプルなボディに好感を感じる。V8とV6とでボディに大きな変化がないから、手を加えてしまえば、どちらに乗っているのかは外見上からでは判別できない。

チャレンジャーのカタチが好きというユーザーならば、積極的にV6モデルを選んでも十分に満足できるはず。ちなみに、現行チャレンジャーでのV6モデルの中古車物件はまだ少ないから、注意が必要である。

V8とV6とではボディに違いはほとんどない

 で、そうした旧車愛好世代からも好かれる現行チャレンジャーのモデル末期的お勧めグレードとして紹介したいのが、V6エンジン搭載のSXTグレードである。

 搭載されるエンジンは3.6リッターV6、305hp、最大トルク268lb-ftを発生させるニューエンジン。コイツは5速ATと組み合わされ、かなり活発な走りを楽しませてくれる。というのも、これ以前の旧V6(250hp)から50hp以上のパワーアップを果たしているからだ。

 さらにV6モデルとはいえ、基本となるチャレンジャーのスタイルにほとんど違いはない。だからこそ、V6=下位グレードといった引け目を感じることなく乗れるのである。加えて、金額的な差額(V8比で200万円は安いか)でオリジナルカスタムを施すなんてことも可能であるし。

搭載されるエンジンは、3.6リッターV6エンジン。305hp、最大トルク268lb-ftを発生させる。V6ではあるが、明らかにパワフルになり、スポーツ走行にも対応できるエンジンである。旧型のV6エンジンと比較して50hp超のアップを果たしているから、中古車で購入する場合は、注意が必要である。

このエンジンに組み合わされるミッションは5速AT。ステアリング裏にはパドルシフトが装備されているから、過不足ないスポーティな走行が楽しめる。エンジンとのマッチングも良好。

年々改良されているのか、ボディ剛性が格段に高くなり、街中程度の速度域では軽やかで軽快感に溢れている。V6モデルとはいえ、十分な走りが可能であった。

ライトカスタムされたV6モデル

 ここで紹介しているチャレンジャーは、そうしたお勧めグレードをベースにしたライトカスタムの1台。ベースとなる2013年型新車のV6 SXTプラスにSRT8のフロントスポイラーを装着。足回りは、H&Rのダウンサスでローダウンに22インチホイールを組み合わせている。このホイールはバイパーに装備されるホイールである。

 新車のチャレンジャーに乗るのは久しぶりであったが、乗ってみてちょっと驚いたことがあった。それはボディの剛性感が非常に高いこと。旧モデルには何度も乗っていたが、その時感じた感触とは比べ物にならないほどの高品質感を醸し出していた(内装の立て付けも年々グレードアップしているのだろう)。

 しかも動き出しの感触が、一回り以上小さいクルマに乗っているかのごとく軽やか。前から知っていたが、このV6モデルは、トップグレードのV8 392と比較して160キロ弱車重が軽い。それも効いているのだろうが、ATとのマッチングが良いV6エンジンモデルの特性でもあるのだろう。

 しかもこのV6、街中程度の走行ならV8モデルに引けを取らないくらいの豊潤な低速トルクを発し、鈍さをまったく感じさせない。速度にして40キロ程度から80キロ程度までなら、逆にV6の小気味良さの方が際立つのではないか、そんな感じがするくらいの瞬発力である。

フロントマスクには、SRT8 392に装備されるフロントスポイラーを装着。これによってシンプルなV6モデルならが、アグレッシブなスタイルが実現される。

フロント265/30/22、リア285/30/22インチのタイヤとSRTバイパー用ホイールを装備。SRT繋がりもあり、またV8モデルの標準が20インチで、多くのユーザーが22インチまでインチアップしているからか、違和感なく収まっている。

ベストモデル=V6+AT+ライトカスタム?

 だからこそ、そういった使い方をするオーナーさんなら、あえてV8モデルをチョイスしなくても十分に楽しめるだろうし、たとえば旧車乗り(70年代のチャレンジャー乗りならなおカッコいいが)のセカンドカーとしても十分に事足りはずである。それに305hpのV6なら、余力はないがパワーを使い切れる楽しみもあり、腕のたつ方なら、ワインディングで思いっきり振り回せるかもしれないし(22インチのグリップ力は凄いからどんどん踏み込んでいける)。

 ちなみに、筆者はV8モデルを否定しているわけではないので誤解のないように。最強モデルが手に入るなら迷わず手に入れるべき、というのが本心である。だが、その場合はチャレンジャーのみチョイスできる「MTモデル」を選ぶべき。6.4リッターV8NAエンジンは、MTで操ってこそ旨味が味わえると感じているからである(あくまで個人的嗜好だが)。
 
 だから(ある意味極論だが)、最強モデルをMTで味わえないのなら、ATで乗りたいというのなら、搭載されるエンジンはV6でも十分ではないか。しかもスタイル的にはSRTパーツで固められていて、ルックス的には十分にアグレッシブなのだから……。このベルエアのチャレンジャーに試乗して、一層そう感じた次第である。

インテリア全体のクオリティというか立て付け等が年々アップしているのが如実に分かる。ネオマッスルに相応しい品質感である。

シートに関しては純正のレザーシートを装備している。ベルエアーによれば、購入時にSRT用のシートをチョイスすることも可能という。他に純正サンルーフにバックソナーが装備されている。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

1992 GMC サイクロン

レーストラック

ジャパンレーストラックトレンズ

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ