AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 80年代後半から2000年代前半に登場したアメ車たち > 1997 ダッジ ラムバン (DODGE RAM VAN)
特集 SPECIAL ARTICLES 1997 ダッジ ラムバン (DODGE RAM VAN)欲しいクルマがないとお嘆きのあなたに

1997 ダッジ ラムバン (DODGE RAM VAN)

90年代のアメ車はいかがでしょう?

最近、欲しいクルマがないとお嘆きのあなた、90年代のアメ車はいかがでしょうか? そして最近、愛車に飽きがきて手放そうなんて思っているあなた、ちょっとお待ち頂きたい。リメイクして変化をもたらせば、それこそ人生、変わっちゃいますよ!

更新日:2015.06.22文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力

ジャパンレーストラックトレンズ
TEL 0356613836 [ホームページ] [詳細情報]

アメ車に乗っているという実感とは

 そのまま乗っても味がある、手を加える素材としても楽しい、そしてアナログ時代の最後の年代。これぞまさしく90年代アメ車の魅力である。最新のアメ車たちはまるでテクノロジーの塊。技術の進化だからある程度は仕方ないが、面白みに欠けることも多々ある。それに、手を加える余地があまりない。

 デザイン的にも平たく言えば、どれも似たようなもので個性薄。インターナショナルな味といえばそれまでだが、ドメスティック時代にあったデザインが懐かしい。とはいえ、じゃあ、90年代のアメ車はいまだに走れるのか?

 「確かに新車のようにはいかないでしょうね。中古車を買えば初期化する必要もあるでしょうし、その部分で金銭的な負担がかかることも確実にありますね」

 だが、その年代のアメ車にはアフターパーツがごまんとあり、構造がシンプルであるからこそ治療的効果は出やすく、さらに個性的なデザインのクルマが多かったからこそ「アメ車に乗っている」という実感が確実に得られるのである。

 走ってもクルマ任せの電子制御的なスピード感ではなく、実際にドライバーが関与する余地が残されているし、一番重要なのは、日本の道路の速度域内で楽しくかつ興奮できること。

 たしかに「エコだ、低燃費だ」といったイマドキの言葉とは無縁な時代の産物だが、この90年代を楽しまなければ、手頃なプライスで楽しめるアメ車の歴史は閉ざされてしまう。いまの為替、まさに120円から130円台を越えそうな勢いですし…。
真横から見るとフロントノーズが逆スラント気味になっており、グリルのデザインも角張った平面的なデザインになっているのが特徴だ。そこそこ新しく、そこそこクラシカルなイメージを持ったフロントマスクである。だからこそ、ポップなカラーリングが似合うのだろう。
94年から97年まではこのデザインを踏襲しているが、97年だけに限っては、3角窓がハメ殺しになっており開閉ができなくなっているのが特徴である。リアドアは横開き。デザインも極めてシンプル。
搭載されるエンジンは、OHVのマグナム5.2リッターV8。225hp、最大トルク315lb-ftを発生させる。それに4速ATが組み合わされる。カタログスペックには現れない豪快な印象が魅力。バンであるがそれほどパワー不足を感じることはない。
シンプルなメッシュ型のホイール。まるで純正品のような落ち着きが、逆にこの車両には似合っている。
バンであること、ダッジであること、そして生産終了していること、加えてショートボディにV8が搭載されていること…。いくつもの魅力が重なり、リメイクすることで価値がさらに高まるのが90年代の良いところ。

結果にコミットするリメイク

 それと、今、ちょうど90年代のアメ車に乗られている方は、決して手放さない方がいいでしょう。

 愛車がヤレてきた→飽きてきた→手をかけない→壊れてきた→冷めてきた→手放そうか…。

 まるでどこぞの夫婦のようなヤリトリにも思えなくはないが(笑)、こんなリズムが確実に訪れる(?)かもしれないが、そんな時こそじっくり考えて、リメイクを提案したい。

 今流行りのボディメイクのCMじゃないが、やり遂げて生まれ変われば、それこそ人生変わるらしい!

 クルマだってそうだろう。ボディをリペイントして、ショックを変えて、各部のメンテナンスをしっかりしてやる。それだけで、ご覧のように!

 それまでくたびれていたブラックボディのダッジラムバンが、オンリーワンの1台に生まれ変わった。しかもポップなカラーリングは、ダッジバンだからこそ似合う代物。こうしたカスタマイズはアメ車の専売特許だし、シンプルだが、見事生まれ変わって逆に「価値を高める」ことになったのである。

 オーナーさんも進化した愛車を見て、再び熱愛間違いない!

ダッジバンはいまだに人気モデル

 取材車両は97年型ダッジバンのV8搭載車。この年代のダッジバンは、前期中期後期と3世代にわたるモデル変遷を経ており、前期が1986~1993年、中期が1994年~1997年、そして後期が1998年~2003年となり、この2003年を持って生産終了となった。

 すなわち、ダッジバン自体はすでにモデルがなくなって12年が経っており、それでもいまだ市場を賑わす人気モデルとして流通しているのである。

 で、97年型ダッジバンとは、いわゆるダッジバンらしいフロントマスクを持った中期型の最終年式。この型のモデルの方が「いかにもフルサイズバンといった力強さがある」というファンも多い。

 真横から見るとフロントノーズが逆スラント気味になっており、グリルのデザインも角張った平面的なデザインになっているのが特徴だ。そこそこ新しく、そこそこクラシカルなイメージを持ったフロントマスクである。

 さらにダッジバン特有のショートボディの存在こそ、人気の秘訣だろう。V6ミニバンにはないフルサイズバンの迫力とスポーティさを両立した魅力的なプロポーション。デカバンを日本で使うには一番扱いやすいサイズだし、居住性や積載性には全く問題はないし、それでいてV8搭載車だし。
ショックを交換し、数々のメンテナンスで車両の体調管理は欠かさない。走れば、いたって普通に走るし止まる。街中ではブ厚い低速トルクとV8サウンドに包まれ、バンであることを忘れるくらい楽しい。もちろん、120キロを越えれば苦しい部分も出るが、普段使えるバンとしてはかなり優秀。
生産中止となっても、消耗品系のパーツは確実に手に入るし、シンプルな構造だからこそ、壊れにくく直しやすい。耐久性に関しては、現代の新車以上のものがある。
外装色と同じライムグリーンで室内をペイント。これまで、汚くなった室内カーペットを見ていると萎えてきたのは事実だし、総張替えするなら一層のこと外してペイントしてしまう方が賢明かもしれない。遮音の問題もあるが、この年代ならまったく気にならないから不思議である。
同様にドアの内側をペイント。センス高し。外装色をインテリアに活かすデザインは最近でも普通にあるが、この年代のアメ車でそれをやると俄然オシャレセンスが上がり、またダッジバンであるからこそ、ポップな色合いが似合い、すべてにおいて効果的なリメイクとなっている。
ちょっと前までは枯れたバンに過ぎなかったが、リメイクを受け、まるで別人のようなクルマに。それによって価値が上がってしまうというのだから不思議である。

90年代アメ車ならではの楽しみ方

 このモデルにはV8が搭載されているが、ショートボディということで、搭載されているエンジンは5.2リッター。上に5.9リッターエンジンも存在したが、基本的にショートボディには搭載されていない。

 スペックは最高出力が225hpで最大トルクは315lb-ft。もちろんOHVのマグナムエンジン。カタログスペックには現れない豪快なトルク感が魅力のエンジンであり、トランスミッションは4速ATが組み合わされている。

 この年代のインパネは基本的にはラム独特の砲弾型のデザインを持ったメーターや巨大なセンターコンソール(といっても中身はミッションなどのメカニズムが入っている)を持っている。その後の後期モデルにおいてはフロントマスクが押し出され、メカニズム系も同時に前に押し出されたことでコンソール形状が少し変わり、室内への突起が減ったぶん居住性の改善につながっているが、この年式ではまだ改善されていない。

 このショートボディ、都心の混雑した街中での運転も苦にならず、非常に扱いやすい。それこそ、左ハンドルに慣れている方ならだれでも運転できるだろう。ボディの見切りもいいし、エンジンも非常にパワフルなので、出だしでもたつくなどの痛痒感もまったくない。それにステアリングやブレーキも感触が良いので、大きく重たいバンを運転しているという感じがないのである。さすがメンテナンスをしているクルマは違う。

 加えて、見た目にポップなカラーリングが似合う、最後の時代かなとも思う。取材車のように、ライムグリーンがじつによく似合うし、室内空間にまで外装色を加えたカスタマイズは見事としかいいようがない。どのみち、遮音なんてまったく意味の時代の産物だけに(笑)、あえてポップに仕上げることで室内の古臭さが一瞬にしてなくなったし、ウッドパネルとライムグリーンの見事なマッチングもほんと素晴らしい。

 カスタマイズとは、決してパフォーマンスを上げることだけにとどまらないということを改めて教えてもらった次第。さらに90年代のアメ車にはこうした楽しみ方を享受できる素材が他にもゴロゴロと転がっていることを再認識したのである。

 結果にコミットするリメイク、いかがですか?

特集一覧に戻る 80年代後半から2000年代前半に登場したアメ車たちに戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
ワイルドスタイル |車検対応ヘッドライトキャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2019 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.