AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 2019 ダッジチャージャー SRT ヘルキャット
特集 SPECIAL ARTICLES 2019 ダッジチャージャー SRT ヘルキャット新たに新色ストライプの装備が可能となった

2019 ダッジチャージャー SRT ヘルキャット

700hpオーバーのセダンは世界屈指の存在

ダッジチャージャーの2019年モデルの発表はすでに行われていたが、今回新たに追加のオプション装備が発表となった。

更新日:2018.10.29文/椙内洋輔 写真/FCA


アメ車の良い点はストライプを入れると俄然雰囲気が変わること。一瞬にして硬派になる。今回のカラー追加は、バイパーの時のようなカラーが追加されたと思っていい。

ストライプの新色追加

 2019年型のダッジチャージャーは、基本ベースが変わらずに、新たな装備とデザイン上の変更、主にダブルエアダクトを設けたフロントグリルの変更と各部の熟成がポイントであった。またインテリアではトリムの仕様変更がもたらされている。

 この新たな装備とは、発進補助機能やラインロック、さらにはブラスモンキーの20インチホイール、ブラックフードのオプションといったところ。

 だがこのたび、追加のオプション装備が発表された。それがデュアルストライプ。まあ、マスタングあたりだとある意味「当たり前の装備」的な見方もあるので今更感も正直してしまうのだが、チャージャーの場合にはこれまで意外に大人しかった、とも言われる存在だけに、こうしたオプションは嬉しい限り。

 で、今回追加されたストライプはチャージャー全体のモデルに関係している。まずヘルキャットには、これまでガンメタグレーとカーボンストライプが可能であったのだが、今回新たに赤と青とシルバーのストライプが装着可能となっている。
 一方、R/TとR/Tスキャットパックには、これまでストライプの装着が不可であったのだが、カーボンストライプの装備が可能となったということである(ボンネットのみブラックという選択肢もシブいが)。

 単なるストライプの装着と思うかもしれないが、それでもエクステリアの雰囲気は変化し、より一段と硬派なマシンへと印象を高めている。世界中を探してもヘルキャットのような700hpオーバーのセダンはそうはないだろうし。

 この先、チャージャーのワイドボディ、なんて言うのも登場するかもしれないし、今後ますます期待が持てる一台となったわけである。

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ
ジープ越谷 株式会社ファイブスター東名横浜日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.