AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 2019 シボレーブレイザー
特集 SPECIAL ARTICLES 2019 シボレーブレイザー「ブレイザー」の名がついに復活

2019 シボレーブレイザー

新型はクロスオーバーSUVとしてリニューアル

ブレイザーが復活する。今度はクロスオーバーSUVとして2019年モデルとしてデビューしたのである。

更新日:2019.01.09文/椙内洋輔 写真/ゼネラルモーターズ


アグレッシブスタイルで登場するシボレーブレイザー。新時代のブレイザー像を築けるか。期待したい。

カマロ似のクロスオーバーSUV

 シボレーブレイザーである。馴染みでいえばミドルクラスSUVたるS-10ブレイザーが記憶に新しい。だが、2019年モデルとして登場するブレイザーはクロスオーバーである。

 しかも、マスクがあのアメ車、そう、シボレーカマロの2019年モデルとの類似性がもたらされる。

 だから、非常にアグレッシブ。いわゆるレクサス等のSUVたちと引けを取らない攻撃的フォルムで市場を席巻する。なお、ブレイザーはシボレーでいうところのエキノックスとトラバースの間を埋める存在となる。

 搭載されるエンジンは、2.5リッター直4エンジンまたは3.6リッターV6エンジン。2.5リッター直4エンジンは193hp、最大トルク188lb-ftを発生させ、3.6リッターV6は305hp、最大トルク269 lb-ftを発生させる。

2019年でマイナーチェンジを行ったカマロ。ブレイザーにはそのデザイン的影響が確実にもたらされている。
 いわゆるコロラド、キャニオンに搭載されるパワーユニットと同様だが、それすなわち3.6リッターV6は、カマロと同様ということでもあり、期待値は非常に高い。

 これらエンジンに組み合わされるミッションは9速ATのみである。

本国モデルのグレードは、ベースの「ブレイザー」、「RS」、「プレミア」の3つのグレードとなり、我々が期待してしまうアグレッシブなモデルは「RS」ということになる。

 なお、価格はベースグレードで2万8800ドルからであり、「RS」は4万600ドルとなっているが、これらの価格に各種オプションが含まれるからさらなるエクストラが必要になるだろう。

 それにしても久々のブレイザー復活であるから、否応なしに期待してしまうのである。

1月4日に公開されたシボレーのCMです。

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2018 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.