SPECIAL ARTICLES

[特集]

マスタングユーザー2名に話を聞きました

オールドマスタングの魅力

雨ニモマケズ湾岸地域まで自走にて集合

BUBUビンテージで購入されたオーナーさん2名に話が聞けた。これまで販売個体の取材は数多く行ってきたが、それを購入された実オーナーさんに話を聞くのは初めてである。

更新日:2023.12.07

文/石山英次 写真/田中享

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

厳選された個体が威力を発揮していた

 今年の年初めから様々な旧車を取材してきたが、中でもオールドマスタングの人気は圧倒的だった。

 今年は特に65年、66年といった初代モデルの人気が高く、個人的にも数多く取材してきたし、またその多くが実際に売れていった。

 特にBUBUビンテージの個体は、展示車両を直接確認して納得した状態で購入可能だから、購入を検討している方にしてみれば安心感が高いのだろう。

 また世界中で巻き起こっているビンテージブームであるが、BUBUビンテージが扱う個体は、そうしたブームのど真ん中を対象としていないのもいい。

 だから比較的入手しやすい現実的価格帯の個体が多く、それでいてカリフォルニアにあるBCD支社を通じた厳選仕入れだからある程度の改善作業のみで日本の道路を走れるのも素敵である。

 そんなBUBUビンテージでオールドマスタングを購入されたオーナーさんに直接話が聞けた。これまで販売車両の取材は数多く行ってきたが、それを購入された実オーナーさんに話を聞くのは初めてである。

▲オーナーズマニュアルとクルマに施されたレストア作業の明細&レーシート類の束が残っているほどの個体であった。66年型モデル。

▲レーシングストライプがよく似合う66年型モデル。

▲65年型のマスタング

▲初代後期となる68年型モデルも展示されている。

これ一台しか持っていません

▲66年型モデルのオーナーである寒川さん。雨の中自走でやって来てくれた。

 まずは66年型マスタングに乗る寒川さんである。寒川さんは、2019年にBUBUビンテージで購入されている。今から4年前だからコロナ禍以前であり、旧車人気が沸騰する直前というタイミングだったかもしれない。

 寒川さんは、それ以前は2012年型マスタングに乗ったりプジョー306に乗ったりしていたというが、それらと同時にオールドマスタングに対する憧れを持っており、ちょうどBUBUビンテージに展示車があるという情報を知り、見に行った。

 で、実車を確認するとともに購入を決意し晴れてオーナーとなったのだが、個人的に非常に感心したのが、オールドマスタングのみの一台生活を始めたということだった。

 すなわち必要とあらば、雨だろうが、雪だろうが、真夏の炎天下だろうが、乗るということである。

 とはいえ、寒川さんのマスタングは、購入後にそれなりに対策も施されている。

 例えばブレーキ。まずはパワーブレーキにしたり、フロントをディスクブレーキにしたり、点火をポイント式からトランジスタ式に換えたり、後付けのエアコンをつけたりウエザーストリップを交換したりetc

「主に土日に乗ることが多いです。ですが、雨でも乗ります。なんせこれ一台しか持ってませんから。なので真夏もエアコンをつけて乗っていました。でも、今年の酷暑では水温ギリギリでしたけど(笑)」

 そんな寒川さんのマスタングは購入後4年が経つが、路上でエンコしたことは皆無であり、トラブル自体もほとんどなかったという。

 「おかげさまで本当にトラブルは少ない個体でしたが、今年10月にミッションを修理しています。2速から3速への変速がおかしくなったんです」

 取材時はすでにミッションの修理を終え元気よく走っていたが、それ以外のトラブルはなく、そうした元気な走りの根底には、厳選された個体であったことと寒川さん自身の日頃の努力もあった。

 「オイル交換くらいなら自分でやりますね。それ以外もなるべく自分でやるようにしています(取材時もバルブ交換を自分で行っていた)」

 取材当日は生憎の雨で真冬のような天候だったが、寒川さんは自宅から数十キロも離れた取材場所まで自走でやってきてくれた。

 実は待ち合わせ場所の4キロ手前の時点から筆者は寒川号の真後ろを走っていたのだが(200hp超の289V8を結構な勢いで走らせていたのを間近で見ていた)、路上を走るオールドマスタングはめちゃくちゃカッコ良かった!

 取材終了後に今日のご予定は? と聞いたのだが、「帰って掃除です(雨に濡れたボディをという意味)」と語っていたのが非常に印象的だった。 

▲ステアリングや各種メーター類が魅せる雰囲気がたまらなく素敵である。右下に見えるのが後付けエアコン。

▲4年以上乗っているというが、エンジンルームは見事なくらいクリーンな状態を維持している。これだけでもいかに大切に使われているかがわかる。

▲使い込まれてはいるが、それがヤレにはならず良い味わいを醸し出している。

車両との出会いは時の運です

▲66年型モデルのオーナーである深澤さん。3台のアメ車を維持する生粋のアメ車好きである。

 続いて66年型マスタングに乗る深澤さんである。深澤さんは生粋のアメ車好きであり、オールドマスタング以外にもダッジチャージャー、シボレーコルベットC6を所有している。すなわちアメ車のために働いている(笑)ような方だ。

 そんな深澤さんは、まずはダッジチャージャーをBCDで購入したという。そしてその時お世話になった営業マンを通じBUBUビンテージの存在を知り購入に至る。

 だがその時点では、オールドマスタングが欲しいというざっくりとした思いしかなく、「何年式が欲しい」というところまでの意識はなかったという。

 「オールドマスタングならパーツ等の心配もなく長く乗れるだろうという認識はありましたが、どのモデルが欲しいという希望は正直ありませんでした」

 なので66年型マスタングというのはその時点での出会いであり、「また別の機会であったならば、その時の出物を購入していたのではないでしょうか」という。

 ちなみに購入後4年乗っているが、今現在は「いつか71年BOSS 351が欲しい」という思いがあるという。

 さて、深澤さんの愛車であるが、ブルーともグリーンとも言える非常にキレイなボディカラーとホワイトルーフが目立つ仕様。これは購入時のままといい、機関に関してもなるべくオリジナル(買った時のまま)を維持したいということで、水周り等のカスタマイズも行っていないという。

 だから、渋滞や暑い夏は苦手であり、主に土日の朝&夜に走らせるというし、当然雨も回避(他に乗れるアメ車があるし)。だが、今回に限っては無理してやって来てくれた。

 なお、購入後4年経っているが、これまた路上でエンコした経験は皆無。ただし、ブレーキのマスターシリンダーの不調やブレーキラインの交換修理、マフラーのハンガー(ゴム製)交換やバッテリー交換等の修理や消耗品の交換を行ってはいるが、それらはあくまで通常整備の範囲であり、オーナーとしての意識としては「全く壊れません」という認識だという。

 「修理等をなるべく自分でやりたいと思っていますし、壊れて勉強するところもあると思っています。ですが、そこまで壊れませんのでね(笑)」

 深澤さんとオールドマスタング&他2台のアメ車生活は、まだまだ続く。

▲ホワイトカラーのルーフによるツートーンが素敵である。一瞬、コンバーチブルにも見える。

▲289V8の調子は上々。購入時の状態を今もない維持している。

▲細身のステアリングから各種メーター&シートに至るまでボディカラーとコーディネートされているインパネ。

 二人ともに共通していることは、ともに購入後4年以上の歳月を経ているが、大きなトラブルに見舞われることなく過ごせているということ。

 もちろんBUBUビンテージの厳選された個体が威力を発揮しているということに他ならないが、それと同時にどちらのオーナーさんも「積極的に走らせている」ということも効いているだろう。古かろうが、走らせてこそのクルマなのだ。

 特に寒川さんには「これ一台しか所有していない」というから覚悟を感じるし、実際に似合ってもいたし、使い込んで入る感が、人物共々非常にカッコ良かったのである。

▲BUBUビンテージで扱う車両は厳選された個体を直輸入していますが、だからこそ自社の基準に合わない個体の取り扱いは行いません。ですので、基準に合う車両が見つかるまで入荷はありませんし、予約も受けません。あくまで実車ありきの一期一会と言えるものです。

▲BUBUビンテージでは、入荷後の改善作業やその後のメンテナンス&カスタマイズ作業も確実に行ってくれる。

寒川号

深澤号

RELATED

[関連記事]

オールドマスタングの魅力

SPECIAL ARTICLES

BUBU / ミツオカ

SHOP

[同店舗記事]

1965 ダッジコロネット440 コンバーチブル

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

BUBU宇都宮ショールーム vol.2

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

BUBU宇都宮ショールーム vol.1

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

2012 ダッジチャレンジャー SXT

TEST RIDE

ABE CARS Tama Garage

1997 シボレータホ

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

GM1〜3月期決算、前年比3.6倍増

NEWS & INFORMATION

ダッジ ラムバン のリフトアップ

REGULAR ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

CAR

[新着アメ車]

ハマーハマーH3ラグジュアリー
ハマーハマーH3ラグジュアリー

198万円

年式:2009年

走行距離:100,417km

ガレージダイバン

ハマーH3ラグジュアリー
ハマーH3ラグジュアリー

188万円

年式:2008年

走行距離:71,121km

ガレージダイバン

キャデラックXT5クロスオーバープラチナム
キャデラックXT5クロスオーバープラチナム

288万円

年式:2018年

走行距離:51,600km

ガレージダイバン

フォードE-150XLT
フォードE-150XLT

388万円

年式:2008年

走行距離:76,800km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

1,782

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

3,168

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー

3,344

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2023有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

ハマーハマーH3ラグジュアリー
ハマーハマーH3ラグジュアリー

198万円
支払総額234万円

年式:2009年

走行距離:100,417km

ガレージダイバン

ハマーH3ラグジュアリー
ハマーH3ラグジュアリー

188万円
支払総額225万円

年式:2008年

走行距離:71,121km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

1,782

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

3,168

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2023有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ