TEST RIDE

[試乗記]

2009年に登場した5代目モデルの動きが活発化

シボレーカマロ (CHEVROLET CAMARO)

モノが良いからこそ、中古車の魅力が際立つ

ここ最近、アメ車の中でも現行シボレーカマロの評価が俄然高まっているという。編集部的には以前からずっと高評価してきたので、「何をいまさら」とも思うのだが、中古車の売れ行きが活発であるというから興味深い。ということで、エイブルにてカマロのについて話をうかがった。

更新日:2016.03.18

文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力/エイブル TEL 0448571836 [ホームページ] [詳細情報]

二世代分、一気に進化したモデル

 1967年にデビューした初代カマロの歴史は、2002年まで生産された4代目(4thカマロ)を最後に一度途切れている。そして2009年、7年ぶりに登場したのが5代目カマロとなる。

 復活モデルとしてデビューした5代目カマロにおいて、最大のトピックスはそのデザイン。個人的にはスーパーカーにも引けを取らないアクの強さを最大限評価しているのだが(デビュー当時には賛否両論あった)。

 また価格。2002年まで生産された4代目カマロは、たとえV8モデルであってもコミコミ400万円で新車が買えたが、一転5代目モデルにおいては、V8新車でコミコミ600万円(ざっくり)という、一気に2段階アップを果たしたのである。「カマロに600万かよ」、正直そう思った方も多いのでは?

 時を同じくしてデビューしていたチャレンジャーRTや2006年から登場していたマスタングV8と比較してもかなり高いと言わざるを得ない…。

 だが、現行カマロの「モノとしての良さ、質の高さ」はホンモノだった。だからこそ、今となって再評価となったのでは? とも思っている。そこら辺を聞いてみた。

 「乗ってもらえば分かりますが、現行カマロのボディやサスペンション、エンジン等のハードウエアに関してのデキはかなり良いです。ということは、多少の時間と距離を重ねてもビクともしないわけですから中古車になっても程度の落ちは少ないはずです。もしかしたら逆に、中古車になればなるほど評価が高まるクルマなのかもしれない。しかも当然中古車ですからね、価格は下がっているわけですし」とエイブルの原氏。

 なるほど、たしかに言われてみればそういう感じのクルマであるかもしれない。筆者も何度か乗っているが、現行モデルの質感は相当高いと思っていたし。「よかったらちょうど今ウチに2010年型が1台あるので乗ってみてよ」

デビュー当時は賛否両論あったが、個人的には押し出しの強いデザインとしてあえてカマロに乗る意味を感じさせるデザインと評価。シルバーのボディカラーがまたカッコいい。ホッケー&センターラインは後付けだが、このラインはシルバーボディにはあった方が引き締まる。

2013年からリアのテールライトの形状が変わっているから、このスタイルを好む方は、2012年までの中古車を探すしかない。個人的にもこの型のリアテールを好む。

代表の原さんは、かつて2010年型V8SSの6速MTを直輸入して乗っていた。エイブルのデモカーとして足回りやコンピューター等に手を入れ、街中からジムカーナやサーキット走行などをこなすなど、カマロスペシャリティとして車両の情報をきっちりと入手していた。

強さがみなぎるボディに機敏なハンドリング

 取材車輌は2010年型のSS。1万240キロ走行のD車である。カマロといえばボディカラーは黒か白がお決まりであるが、この車輌はシルバー。カマロにしては比較的珍しい色だが、個人的には超お勧めカラーだと思っている(ハワイファイブオーではお馴染みカラー)。そしてホッケーライン&センターストライプは後付け。これを入れたことにより、かなり引き締まった印象に変わったと言う。実際によく似合っている。

 久しぶりに見るカマロだが、相変わらずの存在感である。デビュー当時は「気恥ずかしい」なんてことを言う方もいたそうだが、個人的には強烈な個性として決して悪いとは思わない。

 乗り込んでもその印象は変わらない。レトロな感触を残すものの、全体的な造りは近代的なモノであり、筋が一本通ったシッカリした感触がみなぎっている。明らかに質感が高い。

 動き出して分かる右後方視界の悪さだけは相変わらずだが、車幅感覚もつかみやすく、全体の質感に、過去のアメ車を思い起こさせるものはなにもない。4thカマロ没後7年して再デビューしたわけだから、単純に考えて4thカマロから2世代分の進化を果たしていなきゃいけないわけで、良くて当然という考えもあるが。

 走り出しのフィーリングは至って快調である。とくにボディの感触は驚くべきもので、抜群の「強さ」を感じさせる。20インチのフロント45、リア40扁平のタイヤから入る衝撃をものともぜず、逆に入力を跳ね返すような強さがビシビシと伝わって来る。こういった感触が体感できるアメ車ってほとんどないのが実情だが、最近乗った最新のキャデラック系がこんな感じの強さだったのをふと思い出す。余談だが、近年のGM系車輌のボディの進化は凄まじい。

 国道に出てアクセルを踏み込む。搭載されるエンジンは6.2リッターV8 L99型。このエンジンは405ps、最大トルク56.7kg-mを発生させるが、一般道では右足にちょっと力をいれるだけで流れをいとも簡単にリードできるし、余裕たっぷり。マッスルカーと言うほどの荒々しさというよりは、高級車っぽくまとまっている。だが踏み込めば、ご機嫌なV8サウンドは健在である。今やV6モデルでも相当に速いが、アクセルをハーフ以上踏み込む走りなら、やっぱりV8の魅力には敵わない。

 6速ATの変速も小気味良く、ほとんどショックを感じさせない今どきのものである。ステアリング裏に付くシフト操作ボタンの変速も存外に速い。ブレーキにはブレンボが装着されており、街中では若干オーバーサーボ気味に感じるくらい良く効く。

 そのまましばらく走り、山道っぽい所を試走してみた。そこでのカマロの特徴は、GTカーとは思えない身軽な身のこなしである。ステアリングへの入力に敏感に反応して、ドライバーを中心に長いノーズが瞬時に向きを変える。ロールも押さえられていて、高速コーナーっぽい所でもきっちり踏ん張ってくれる。直進している時とコーナリングではまるで別物のようなハンドリングだが、安定感が高く、コーナーが極めて楽しい。

搭載されるエンジンは6.2リッターV8、405ps、最大トルク56.7kg-mを発生させる。現行型に関しては、V6エンジンに一度マイナーチェンジが入ってはいるが、V8に関しては変わらないために、年式による違いはほとんどない。

全体的な質感が非常に高く、造形的にも凝っているデザインに好感。シフトセレクター前方に並んだメーターは、右上から時計回りに、電圧計、水温計、油温計、油圧計となっている。ボディの強さはもとより、ステアリングの剛性感も高く、コーナリング時のレスポンスの良さは特筆もの。

フロント:245-45/20、リア:275-40/20インチタイヤがもたらす乗り心地は正直、硬い。だがその衝撃をも跳ね返す勢いのボディやサスペンションの強さが現行モデルの特徴である。その強さがあるからこそ、中古車になっても味が落ちないのだろう。この車輌もタイヤを新品に換えれば、それこそ新車に近いフィーリングに戻ると思う。

1万キロ程度の走行距離ではビクともしない

 この2010年型カマロ、恐らく1万キロ弱の距離と年月を経た分のタイヤが摩耗消耗しているだろうが、それ以外で何かアラを感じさせるところがまったくない(年間100台以上の新車中古車を見てる筆者が驚くくらいだった)。

 もちろん、D車としての整備記録がついた素性の良さがあってこそだとは思うが、それ以前にカマロ自体が良く出来ていることの証明でもある。ちなみにタイヤを新品に交換すれば、それこそ新車に近いフィーリングが得られると思う。

 冒頭でエイブルの原氏も言っていたが、5thカマロは中古になっても「鮮度が落ちない」というのは事実だろう。もちろんこの1台だけで決めつけることは出来ないが、その他で個人的に乗った現行カマロがみなこういった質感を備えていたことから推測するに、カマロのハードウエアにとって、1万キロ弱の走行距離はまったくもってなんでもないということは確実である。それでいて中古車としての売価になるわけだから手に入れやすいわけで、筆者的にも現行カマロの中古車はかなりお買い得だと思う。

 2013年モデルのカマロから、リアテールの形状が若干変更されており、好き嫌いがハッキリと分かれるデザインだけに、そういった細かい部分にまでもこだわるなら、もはや中古でしか手に入れられないわけで、カマロの中古車の動きが活発であるという話にも納得できるのである。

 なお、すでに6thカマロがデビューしているが、そのデザインを見る限り5thカマロの進化版・熟成版と捉えて間違いないだろう。そう言う意味では後々5thカマロが再び日の目を見る日がやってくるのも間違いないと思われる。

直進安定性が高いクルマだから、その印象でコーナーに向うと、予想を裏切られるほどレスポンス良くコーナリング姿勢に入る。非常に機動力の高いクルマだ。ステアリング裏に「+−」ボタンがあり、そのボタンによってギアチェンジが可能である。思っている以上に変速スピードが速いが、パドルと違ってステアリングを切りながらのボタン操作がやりにくいのが残念。

ヤナセ等のディーラーでは圧倒的にV6の方が売れていると言われているが、エイブルのようなカマロ専門店では、逆にV8が売れている。最近の問い合わせ件数においては、プジョーやBMW等の外車乗りの方からも多いという。実際にプジョー乗りの方はV8のブラックを買われていったというから面白い。現行モデルに関しては、他メーカーからの乗り換えもスムーズに行えるくらい、質感が高いということである。

現行カマロの弱点のひとつがインダッシュのナビが装着できないこと。だがエイブルでは2DIN用のダッシュパネル(アフターパーツ)を使用して装着可能としている。

現代版マッスルの中で個人的には、デザインだけなら圧倒的にチャレンジャーが好みなのだが、エンジンはマスタングV8が滋味深いしなぁ。けど、モノとしての完成度なら圧倒的にカマロだし速いし。3車3様の良さがそれぞれにある。迷う(笑)。ただ、中古車で買うならカマロが断然シッカリした印象であることに間違いはない。

RELATED

[関連記事]

シボレーカマロの最終モデルは入手可能

TEST RIDE

キャデラック・シボレー葛西

1990 シボレーカマロ IROC-Z

TEST RIDE

エイブル

2013 シボレーカマロ LTRS vol.2

TEST RIDE

BUBU光岡グループ

SHOP

[同店舗記事]

1990 シボレーカマロ IROC-Z

TEST RIDE

エイブル

1995 ビュイック ロードマスター

TEST RIDE

エイブル

2009 リンカーン MKX

TEST RIDE

エイブル

2001 シボレータホ

TEST RIDE

エイブル

ARCHIVES

[アーカイブス]

2024 ダッジチャージャー

NEWS & INFORMATION

2003 ダッジデュランゴ R/T

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2024 シボレーコルベット E-Ray

NEWS & INFORMATION

北海道でアウトドアライフをもっと楽しむイベントを開催

NEWS & INFORMATION

フォード・ジャパン・リミテッド

シボレー コルベット C5

TEST RIDE

GMアジアパシフィックジャパン

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

シボレーHHRLT
シボレーHHRLT

価格応相談

年式:2011年

走行距離:39,672km

ガレージダイバン

フォードマスタングGTプレミアム
フォードマスタングGTプレミアム

価格応相談

年式:2008年

走行距離:50,877km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

価格応相談

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

シボレーHHRLT
シボレーHHRLT

価格応相談

年式:2011年

走行距離:39,672km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ