TEST RIDE

[試乗記]

フェラーリの刺激性を超えるか!

ダッジ ラム SRT-10 vol.2

DODGE RAM SRT-10 & FERRARI 575M MARANERO

2台を交えての試乗が始まった! この2台には、単なる物理的な速さを超えた、非常に高い満足感があったのだ。

更新日:2010.05.16

文/編集部 写真/編集部

取材協力/ヨーロピアンエース TEL 053-422-1025 [ホームページ]

フェラーリと同等の世界観で語れる個性の持ち主

 2台を交えての試乗が遂に始まった。ここでの焦点は単純な「速さ」ではなく、SRT-10が持つ「刺激性」の高さである。相手がフェラーリだけにハードルはかなり高い。もちろん物理的な速さなら、スポーツカー対トラックということでハナから勝ち目のないことは十分に分かっている。だが2台並んで撮影した時のSRT-10の大迫力なデザインとバイパーV10エンジンを搭載しているということで、その刺激性においてはフェラーリを超えるのでは? という事前の期待感がかなり高かった。

 試乗は主に高速道路を主体に撮影中心の走行だった。だから最高速だとか、ハンドリングとかの差は、正直分からない。だが、一般道での感触や高速
入り口からの加速感などからは、両者の個性がはっ
きりと体感できたのだ。

 さすがにフェラーリV12は初体験だったが、その音色の官能性は、誰もが虜になる理由が分かるほど心地良かった。まさにこのためだけに2000万円出す人の気持ちが一瞬で理解できたのだ。「クォ〜ン」と放たれるV12エンジンの息の長い加速感。まったく濁りのないエンジンのソプラノ音。「これがフェラーリか〜」と、正直マジで感動した(あくまでも初体験ということで)。だが、その感動も一瞬で終わり、その後は気を遣う運転とスポーツカーならではの着座の低さ&シートの苦痛さに、ちょっぴり辟易した部分もあったのだが…。

 一方でV10エンジン。体感だがフェラーリと同等の加速を見せつけた、そのパワー感が非常にたくましい。単純比較で車重600キロ近い差があるにもかかわらず、出だしからの体感加速はフェラーリを確実に上回っていたのだ。そしてその際に放たれるV10サウンドの荒々しさ。決して上品とはいえず、どちらかと言えば野蛮系の轟音を放つエンジンは、アメリカンV8とも異なる一種独特の音色である。官能性という言葉では表現できないが、だがそこには確実に個性があった。そしてそのエンジンは、アメリカン・スーパーカーのバイパーのモノ! まさしくアメリカならではのモンスターである。

 両者を試乗してみて、この2台に共通する項目はひとつもないことがわかった。そして恐らくフェラーリを好む人がSRT-10に興味を持つことはないだろうし、SRT-10に興味を持つ方はフェラーリを気にしないのでは? という結論にも達した。共にスーパーだが、この2台の方向性はまったく違うのだ。例えて言うなら、20万円近いイタリア製革靴と数万円で買えるアメリカ製ワークブーツの差のように(ダッジが安ものという意味ではない)。

 ただ、たとえばフェラーリ数十台集まっている輪の中にSRT-10が混じっていたとしても対等に目立つだけのオーラや迫力は十分放っているし、エンジンひとつとってもその刺激性の高さはスーパーカー並みではある。だからその個性においては、フェラーリを超えずとも、同等の世界観で語れる存在である! といえるだろう。

 ちなみに余談だが、SRT-10は本物のバイパーが買えない代わりに買うことだって多いに勧められる。走行性能や加速性能は本物には適わないかもしれないが、トラックでありながらもバイパーを十分感じられるだけに、趣味車として1台持つことが許されるなら、絶好の候補としてみなさんにオススメしたいと本気で思う。

時にイタリア製高級革靴を履く機会があるかもしれないが、そのめちゃくちゃカッコいいスタイルとは裏腹に、慣れないその履き心地によって苦痛のときを過ごすかもしれない…、そんな気がしました。

RELATED

[関連記事]

ダッジ デュランゴ ACR

REGULAR ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

北関東地区を守るBUBU宇都宮の整備工場 vol.2

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 ダッジデュランゴ GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

SHOP

[同店舗記事]

ダッジ ラム SRT-10

TEST RIDE

ヨーロピアンエース

ダッジ ラム SRT-10 vol.2

TEST RIDE

ヨーロピアンエース

ARCHIVES

[アーカイブス]

2022年版 非分解修理 〜最先端修理の現場〜

SPECIAL ARTICLES

クワッドドライブ

ダッジバイパーと付き合うために vol.1

SPECIAL ARTICLES

コレクションズ

アメ車オーナーミーティング vol.1 開催要項!

NEWS & INFORMATION

田園プラザ川場

シボレー コルベット C6

TEST RIDE

GMアジアパシフィックジャパン

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ