AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > 2020 ダッジチャレンジャー 生誕50周年記念モデル
試乗記 TEST RIDE 2020 ダッジチャレンジャー 生誕50周年記念モデル過去に登場した「moparシリーズ」に匹敵する魅力的モデル

2020 ダッジチャレンジャー 生誕50周年記念モデル

V6エンジン搭載のGTからR/Tスキャットパックシェイカーのワイドボディまで対応

初代ダッジチャレンジャーが登場したのが1970年。それから50年後の2020年モデルとしてダッジチャレンジャー生誕50周年記念モデルが登場する。

更新日:2019.11.21文/石山英次 写真/FCA


エンジンパワー的な増減はなく、ミッションもAT、MT共に対応可能となっている。外観上の変化だが、なかなか魅力的な変化となっている。

生誕50周年の記念モデル登場

 初代ダッジチャレンジャーが登場したのが1970年。それから50年後の2020年モデルとしてダッジチャレンジャー生誕50周年記念モデルが登場する。

 ベースとなるのが、GTのFR、R/Tシェイカー、R/Tスキャットパックシェイカー、そしてR/Tスキャットパックシェイカーのワイドボディの4機種。

 それ以外のヘルキャット、およびヘルキャットレッドアイには50周年記念バッジのみの装備となる(ヘルキャット系には恐く後に別の記念モデルが登場するはず。旧エントリーで紹介した「ACR」とか)。

 50周年記念モデルに話を戻す。

 文字通り、シェイカーフードが装備されているのがわかるが、今回の記念モデルの特徴である。また、ボディカラーにも既存の6種類の他、「ゴールドラッシュ」と呼ばれるゴールドのボディカラーが新しくチョイス可能である。

 写真は、そのゴールドラッシュのボディカラーをまとったワイドボディベースの50周年記念モデルとなるのだが、シェイカーフードにサテンブラックのコンビネーションが見て取れる。

 またインテリアも特別仕様になっており、メータークラスターの表示にも記念モデルらしい液晶デザイン等が表示される。

50周年記念モデルのメーター液晶には特別仕様の表示がなされている。


 ここ数年、チャレンジャーの特別モデルというのは正直結構な数出ているのだが(そのどれもがまあまあの出来だった)、この50周年記念モデルは結構レアな組み合わせが面白いと思う。個人的には「moparシリーズ(過去にあった大人気のmopar10とか)」にも匹敵する内容かと思っている。

 たとえば、V6エンジンのGTベースにシェイカーフードを組み合わせた仕様は、かなりオススメ。過去にも生産モデルとしてシェイカーは存在したが、あくまでV8エンジン搭載車のみだった。V6エンジン搭載車にシェイカーが組み合わされば、それこそ外観上の満足感はこの上ないだろう。

 また、R/Tスキャットパックシェイカーのワイドボディも同様に「シェイカー+ワイドボディ」の初めての組み合わせだけに、あえて社外品でカスタマイズした車両以外には存在しない仕様だけに、50周年記念モデルという仰々しいワードを抜きにしても、非常に満足度が高い特別仕様車だと感じるのである。

 ということで、なかなかフルモデルチェンジをしないダッジチャレンジャーではあるが、こうした魅力的な組み合わせがまだまだ存在するだけに、メーカー側もその部分をちょっとずつ小出しにして、フルモデルチェンジまでの時間稼ぎをしている段階なのだろうと思う。

 が、それでも、そういった魅力的なモデルを、あえて今新車で買っても満足できるのがチャレンジャーの醍醐味の一つでもあるだけに、何とも悩ましいアメ車だと思うわけである。

試乗記一覧に戻る

BUBU光岡自動車 BCDワイルドスタイル |車検対応ヘッドライト日本カリフォルニアカスタム TRD(Toyota Racing Deveropment)ウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車
twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.