TEST RIDE

[試乗記]

エクステリアとインテリアの進化により商品力アップ

2024 フォードマスタング

5リッターV8エンジンは史上最高レベルに

日本時間9月15日AM9:00過ぎに新しい第7世代のマスタングが発表された。

更新日:2022.09.17

文/石山英次 写真/フォードモーター

エクステリアの進化、インテリアの大進化

 第7世代のマスタングが発表された。が、現状エクステリアとインテリアが紹介されたのみであり、搭載エンジンの詳細等はまだ発表されていない。

 だが、エクステリアやインテリアを見る限りでは再び商品価値が上がるのではないかと思う。

 まず、全体的に6代目マスタングがベースになっており、骨格そのものは6代目キープである。そこに新たに調整された5リッターV8エンジンとリニューアルされた2.3リッター直4ターボエンジンが搭載されている。

 5リッターV8エンジンは史上最もパワフルなV8と言われており、6代目GTの460hp、ブリットの475hpを超え500hp程度を発するのではないかと言われている。

 ミッションも10速ATと6速MTが用意されており、オプションで電子ドリフトブレーキも用意されているという。

▲マスタングGT

▲マスタングGT

▲マスタングGT

▲大幅に変化したインテリア

 またエクステリアデザインは、フロントヘッドライトからボンネットラインに至るまでが一直線のエッジが効いたデザインを採用、7代目はV8GTと直4ターボ搭載とで雰囲気が若干変わっているのがわかる。特にフロントグリルあたりの印象が変わっており、当然GTの方がアグレッシブな印象である。

 ボディはクーペとコンバーチブルが用意され、11色のボディカラーが用意され、3色のブレーキキャリパーカラーがチョイスできる。

 一方インテリアには大きな変化が見られる。戦闘機からインスピレーションを得た大型デジタルコックピットが採用されており、12.3インチのメーターパネル、13.2インチのセンターコンソールに備わるタッチパネルが目新しい。インフォメントシステムには最新のSYNC4を使用し、ソフトウエアはネットワーク上がアップデート可能である。

 この新型7代目モデルは2023年夏から販売が開始されるという。

▲直4ターボ

▲直4ターボ

▲GTと直4ターボ

 ということで、ここからは個人的な感想を少々。まず、ちょっと驚いたのが事前の報道で言われていたハイブリッド系モデルが一切用意されていないこと。また、だから当然AWDも用意されず、正直目新しさがインパネのみ、といった感じなのは非常に惜しい。

 フォードCEOは、「多くの競合他社のモデルが内燃機関モデル事業から撤退している中、フォードはあえてもう一世代マスタングに投資することは大きな意思表示である」と述べているが、そのベースのほとんどが第6世代のものを使用しているわけだから、どうなの?、と。

 というのも、5代目から6代目モデルへの変化は非常に大きかったが、6代目から7代目の違いはエクステリアとインパネのデザイン変化が大きな割合を占める。ボディ構造もサスペンションもそのまま6代目キープである。

 だから個人的には、第6世代のビッグマイナーチェンジ版ではないか、というのがワールドプレミアを見た現時点での正直な感想である。

 もっと意地悪な言い方をすれば、「多くの競合他社が撤退しているからこそ、そこまでしかできなかったのではないか」とも勘ぐりたくなる。

 第7世代の新型マスタングは、確かにカッコイイ。だからそのカッコが欲しいと思えるなら当然買いである。が、今現状で第6世代のマスタングに乗っているならば、あえて乗り換える必要性は感じない。少なくとも現状の発表内容においてはそんな感じを受けている。

▲コンバーチブル

▲コンバーチブル

▲コンバーチブル

RELATED

[関連記事]

2019 フォードマスタング ブリット

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2019 フォードマスタング GT プレミアム

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2019 フォードマスタング GT プレミアム

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

2011 キャデラックCTS-V 4ドア

TEST RIDE

エイブル

2012年モデル ASDN 取り扱い車種 VOL.1

SPECIAL ARTICLES

ASDN公式ホームページ

アメ車のパーツについて その1

REGULAR ARTICLES

日本カリフォルニアカスタム

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

スーパーアメリカンフェスティバル 2022

スーパーアメリカンフェスティバル事務局

2022 ジープコマンダー

コマンダーティザーサイト

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー

858万円

年式:2021年

走行距離:100km

BUBU横浜

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

348万円

年式:2013年

走行距離:47,600km

BUBU宇都宮

米国日産タイタンクルーキャブ SEBCD自社輸入車
米国日産タイタンクルーキャブ SEBCD自社輸入車

198万円

年式:2008年

走行距離:99,000km

BUBU宇都宮

ダッジチャレンジャーR/TスキャットパックT/A392BCD自社輸入車 USモデル サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/TスキャットパックT/A392BCD自社輸入車 USモデル サンルーフ

848万円

年式:2019年

走行距離:9,000km

BUBU横浜

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》

20,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》

21,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー

858万円

年式:2021年

走行距離:100km

BUBU横浜

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

348万円

年式:2013年

走行距離:47,600km

BUBU宇都宮

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ