TEST RIDE

[試乗記]

ついに走り出したモンスターSUV

2022 フォードブロンコ ラプター

400hp超のV6ツインターボエンジンをフルに生かす

ブロンコのトップモデル・ブロンコラプターが本国アメリカにて走り出した。

更新日:2022.10.11

文/石山英次 写真/フォードモーター

ラプター化したハイパフォーマンスブロンコ

 2021年にライバルたるジープラングラーに登場したラングラールビコン392。ラングラーにV8エンジンを搭載したモンスタージープである。

 搭載したV8エンジンは470hpを発生させ、改良された足回りとともに最もファンなラングラーと全米で評価されている。

 で、そのルビコン392を視野に入れ、さらにそれを上回る性能を与えられた存在がブロンコラプターである。

 ラプターといえば、F150ラプターが有名であり、F150ピックアップをオフロードレーシングマシンに仕上げた存在がF150ラプターであるから、ブロンコをベースにラプター化した存在がどういったレベルのマシンであるか、は想像に難くない。

 くわえてブロンコラプターは、欧米で有名な超過酷デザートレースを開催する「ウルトラ4レーシング」に対応するレーシングマシンとして開発されているから、いわゆる乗用車ベースのラングラーにV8を詰め込んだルビコン392を遥かに上回る性能が与えられていると言われている。

▲9.8インチのワイドボディ化と37インチのオールテレンタイヤがもたらすコーナリング。

▲10色のボディカラーからチョイス可能。写真のグリーンは新色。

▲ボックス化された高強度スチールフレームボディとRaptor HOSS 4.0レース対応サスペンションシステム究極の走りをもたらす。

 そのベースとなるのがボディと足回り。ボディはガチガチに補強された高強度スチールフレームに格上げし、レース対応の専用サスペンションとそれらパフォーマンスとコーナリング速度をアップするためにトレッドを9.8インチ(約25センチ)広げている。

 これらにより見た目の印象が大幅に変わり、特にオーバーフェンダーが目立つ。同時にボディ剛性も向上し、ねじり剛性においてはノーマルブロンコ比で50%以上向上しているというから凄い。

 余談だが、ルビコン392は既存のルビコンベースにパワーアップを図っているが、ブロンコはワイドフェンダーを装備することでトレッドを広げている。これによりコーナリング時の踏ん張りが格段に向上しているのだが、それは日本車のジムニーとジムニーシエラの違いと同じような関係性と思って貰えば分かりやすいかもしれない。

 くわえてスキッドプレートとバッシュプレートが装備されることでフロントバンパーからエンジン、トランスミッション、トランスファーケースまでをカバーしており、そう言った加飾による風貌はまんまレーシングマシンである。

 なお搭載されるエンジンは、3リッターV6ツインターボエンジンで400hp超を発生させ、10速ATが組み合わされる。正直、このエンジンに関しては未だ詳細が明らかにされていないが、確実に400hpは超えているということだから、足回りを含めた「総合力で確実に勝つ」マシンということなのだろう。

 一方インテリアはブロンコでお馴染みの水平基調のダッシュを中心に12インチのオートデジタルクラスターを備え、ステアリングには10速ATのパドルシフトが装備。またレース対応のバケットタイプシートが備わり、ベースのブロンコとは一線を画す。
 
 F150ラプターはこれまでに何度も取材し試乗もしているが、いつ何時においても裏切られたことは皆無である。だからブロンコラプターにも相当の期待が持てるが、いかんせん時期が悪い・・・。今の円安の時期では一体いくらになるのやら。

 それでもミッドサイズSUVベースのハイパフォーマンスマシンはそのサイズ感においても日本だと使いやすく人気を得る可能性が非常に高いだけに、円安に負けず直輸入されることを期待するのである。

▲ショックはFOX製のハイパフォーマンス用。

▲フェンダーフレアによりノーマルブロンコよりも9.8インチ幅広になっている。

▲インテリアは水平基調のダッシュを中心に12インチのオートデジタルクラスターを備える。

RELATED

[関連記事]

2022 フォードブロンコスポーツ

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 フォードブロンコスポーツ

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

1975 フォードブロンコ

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2018 フォードF150ラプター

TEST RIDE

ABE CARS Tama Garage

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

シボレーHHRLT
シボレーHHRLT

価格応相談

年式:2011年

走行距離:39,672km

ガレージダイバン

フォードマスタングGTプレミアム
フォードマスタングGTプレミアム

価格応相談

年式:2008年

走行距離:50,877km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ
AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ

16,176

PERFORMANCE

6DEGREES

AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー
AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー

29,733

ELECTLICAL

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談
支払総額30万円

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ