TEST RIDE

[試乗記]

ニュルブルクリンク「最速」の称号取得

ダッジバイパーSRT10 ACR (DODGE VIPER SRT10 ACR)

サーキットを感じさせてくれる生粋の市販車

旧バイパーの最速モデル、ダッジバイパーSRT10 ACRは、ノーマルのバイパーSRT10をベースに軽量化とエアロダイナミクスの向上、さらにレーシーなサスペンションを採用することで、SRT10の戦闘能力を一段と高めたスペシャルモデル。そんなバイパーのほぼ新車に近い09年型モデルに試乗させてもらった。アメリカンスーパーカーの実力は?

更新日:2012.09.07

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/ジャパンレーストラックトレンズ TEL 03-5661-3836 [ホームページ] [詳細情報]

ひと目で分かるエクステリアの違い

 ダッジバイパーSRT10 ACR(American Club Racer)は、ノーマルのバイパーSRT10をベースに軽量化とエアロダイナミクスの向上、さらにレーシーなサスペンションを採用することで、SRT10の戦闘能力を一段と高めたスペシャルモデル。0〜96km/h加速は4秒以下、最高速は325km/hの実力を誇り、史上最速のバイパーとして認知されている。

 ACRは2007年のロサンゼルスオートショーでデビューし、毎年改良を加えながら最終モデルとなる2010年モデルまで存在。2010年モデルにおいてはショートストローク化されたシフトが採用され、リアウイングの設計見直しがなされたことで、最終モデルとして抜群の完成度を誇っている。

 このACRに搭載されるエンジンは、ストック同様の8.4リッターV10 OHVエンジン。スペックもストックモデルと同じく600hp、最大トルク560lb-ftを発生させる。つまりACRは、エンジンポテンシャル的なアップデートがほとんどない変わりに、エクステリアでのカーボン製フロントデュフューザー、カナード、GTウイング等でACRと分かるルックスを形成しており、さらに抜群のセンスを誇るボディカラー(ツートンカラー)でノーマルとの差別化を図っているのである。

 とはいえ、これらを装備したACRは、ノーマルモデルを遥かに凌駕するポテンシャルを発揮する。その一例が世界最高峰の難所を持つニュルブルクリンクサーキットでのラップタイム。2008年当時、シボレーコルベットC6 ZR-1が叩き出した7分26秒4を大幅に短縮した7分22秒1というラップタイムを記録し、ニュルブルクリンク市販車最速の称号を取得。さらに2010年モデルのバイパーSRT-10ACRにおいては、それまでの記録を10秒近く更新する7分12秒13を記録したのである(ラグナセカでも最速ラップ保持)。

 ちなみに余談だが、ACRには「ACR-X」なるモデルも存在しているが、そちらはACRをベースにした完全なる競技車輌ということで、パワーも40hpアップの640hpを発生させるV10エンジンが搭載されているほか、70kg近い軽量化が行われ、バケットシートやロールゲージなど、レーシングカーさながらの装備が満載である(バイパーカップのレーシングマシンであるから、公道走行には向かない)。

エクステリアではカーボン製フロントデュフューザー、カナード、GTウイング、リアバンパーデュフューザー等でACRと分かるルックスを形成している。さらに抜群のセンスを誇るツートンカラーのボディカラーを採用することでノーマルモデルとの差別化を図っているのである。

大型リアウイングが装着されているが、2010年モデルでは設計が見直されている。リア側から見た時の迫力も凄い。

エンジンパワー的なアップデートはないにもかかわらず、そのポテンシャルは高い。ニュルブルクリンクサーキットとラグナセカサーキットの市販車最速ラップを持っている。

スーパーカー以上のインパクト

 レーストラックトレンドは、アメ車オーナーにとどまらず今やフェラーリやランボルギーニ、さらにはケーニヒセグなどのスーパーカー・オーナーたちからも信頼を得ている生粋の技術系ショップ。なので、店に顔を出すたびにスーパーカーたちが工場内に置かれているのを見ているためか、最近では目が肥えてしまってフェラーリF50を見てもあまり驚かなくなっている自分にも驚きだが、さすがにこのバイパーSRT10 ACRを初めて見た時は、その凄みというかオーラに圧倒された。

 フェラーリやランボルギーニはたしかにカッコいいが、近くで見るとまとまり過ぎなのか、見慣れてくると非常にこじんまりしている(上品過ぎる)感じを受けるのだが、このACRは、ボディ全体から発せられる勢いというか迫力が段違いにあって、スーパーカーが相手でも圧勝するほどのインパクトを与えてくれる。しかも車重1552kgで600hpのFR車。要素としてもスーパーカー以上のものを確実に持っているし。

 エンジン始動はノーマルと変わらず、キーを回しスターターボタンを押す。「ギユルルルル〜」。エンジン始動はいとも簡単に行われるが、ひとつ違うところを発見。ACR化に際してエンジンマウント系も強化されているということで、エンジンの振動がダイレクトにステアリングに伝わってくる。
 シフトも短いシフトレバーを採用しているため、感覚的にはちょっとしたレーシングカーである。ただ、目の前に現れるインパネの雰囲気やメーターなどはノーマルのバイパーと変わるところがなく、振動やシフトフィーリング以外においてはノーマルバイパーからの乗り換え組には訴えるところが少ないかもしれないが…。

 クラッチも一般的な重さであり、動き出しも非常に滑らかだが、走り始めた途端、公道よりもサーキットの方を向いていることがわかる。レーシーなサスペンション(KWのサスペンションを採用)にミシュランのSタイヤ(セミスリック)を組み合わせた足回りから、もの凄いハードな走行を予想させるが、決して不快なレベルではない(乗り心地はたしかに硬いが)。どこかに飛んで行ってしまうような硬さではないので、慣れれば一般使いも余裕で可能だろう。
 ただしタイヤのせいか、轍にステアリングを取られるために「矢のような直進性」は望めず、一般道ではステアリングホイールをしっかり保持している必要があるかもしれない。恐らくサーキットのような良路だと水を得た魚のように動き回れるはずだが。

 ACRの真骨頂は、コーナーをひと回りしたときに感じられるステアリングの鋭い応答性だ。それは街中でも十分に感じられる。ステアリングを拳ひとつ分動かしたときの俊敏なる回頭性。重たいV10エンジンをフロントに搭載していることを忘れさせ、まるでミッドシップのようなノーズの入りが可能である。ここに関してはノーマルバイパー以上の動きであり、恐らくサーキット走行においては段違いに感じられるはず。

カーボン製フロントデュフューザーやカナード等は、ノーマルバイパーで高速走行する際には必要な装備といわれているが、ACRにはこれらの装備が最初から装備されている。

ノーマルよりもハードなレーシングサスペンションにブラックペイントされた軽量ホイールのセッティング(フロント18、リア19インチ)。取材車輌にはミシュランのSタイヤが装着されていた。

バイパーレッドとブラックのツートーンカラーを採用しているボディ。このほかにブラック系、ブルー系etcのボディカラーが存在していたと言われているが、どれも個性的であり、アメ車はこういったレーシーな雰囲気を出すことに非常に長けていると思う。

常にサーキットを感じさせてくれるクルマ

 一般道での走行においては、持てる力の5%も引き出せていないと思うが、それでも2000回転を越えてからの加速感とその後もたらされるであろうV10エンジンの高周波を予測しつつシフト操作を繰り返すことで、十分にその楽しさを味わうことが可能である。
 ただ、合法的な速度で走っている間は、メーターの針がほとんど振れない(笑)。しかし、そんなときでも、サーキットの匂いを嗅がせてくれるのがACRの魅力である。ルックスからはじまって、遠雷のような排気音といい、ビシビシくる乗り心地といい、このACRは、速そうでいて速い。電子制御で固められた無機質な速さではなく、アナログの、血が通った速さがそこにはある。ひと言、楽しい。

 高橋氏いわく「ACRというか、まずバイパー自体が、ひと言で言って腕のいるクルマなんです。たとえば最新のメルセデスはクルマが腕をカバーしてくれる電子制御の塊で、そのままサーキットを走っても同じことが言えるんですね(レーシングドライバーにとってはその電子制御が厄介なのだが一般人には助けになる)。
 一方でバイパーは純粋なハイパワーFR車。電子制御なんてないですから、その分腕がクルマを凌駕しないといけない。もしくは自分がコントロールできる範囲内で遊ばないといけない。正直タフなクルマですが、ニュルで最速ラップを刻んでしまうクルマなんで、ポテンシャルはもの凄いですよ。
 あとACRになっての一番の利点はあのエクステリア。ノーマルバイパーで高速走行するなら、前後にエアロを装着するのが鉄則です。どうしてもフロントが浮いてきちゃうんで。ですが、ACRは最初からその部分に手が加えてある。これだけでもお勧めですよね」

 これまでにも600hp以上のモンスターには数度試乗した経験があるし、最近ではコルベットC6のZR1にも短時間だが試乗している。だがそうした経験の中でバイパー以上にオーラを感じさせるクルマはないと断言できる。仮に速さが同じでも、ドライバーに与える迫力や印象が全然違うし、それこそが同じ600hp超のハイパフォーマンスマシンでも、「スーパーカーじゃないな」と言われてしまうZR1と「インパネなどの素材に安っぽさを感じる」などと言われながらも、スーパーカー・オーナーから「一度は乗ってみたい」と言われるバイパーとの違いなのだろう。

 ACRは、すでに旧モデルの絶版車ということだが、本国ではコレクターズモデルと化しており、程度抜群の低走行距離車がたくさんあるという。チャレンジャーやコルベットを買うのとはまた違ったハードルがあるのは確かだが、アメ車好きなら一度は乗って欲しいと思う超魅力的な1台である。

搭載されるエンジンは、ノーマルと同様のV10 OHVエンジン。600hp、最大トルク560lb-ftを発生させる。ACRは、空力見直しと足回りのセッティング変更で確実に速くなっている。また、エンジンマウントが硬められているらしく、ステアリング等に振動をもろに伝えてくるが、ボディ全体の芯の強さは微塵も揺るがない。もの凄いボディ剛性だ。

インテリアの雰囲気はノーマルとあまり変わらない。エアコン等の装備も省かれていないし。ただボディカラーに合わせたコーディネートがなされ、センス良くまとめられているのと、シフトストロークがショート化され、手首の動きで操作可能になっている。室内空間のタイトさはスーパーカーならではのものだ。

同じ600hp系ハイパフォーマンスマシンのZR1と比較しても、その雰囲気で圧倒的に勝っているインテリア各部の造形。確かにチープな箇所もあるにはあるのだが、スーパーカーにはこういった演出が非常に大切である!

<関連記事>
>> バイパーSRT10 ACR のニュル最速ラップ を見る
>> バイパーSRT10 ACR-X のニュル最速ラップ を見る
>> バイパーSRT10 の試乗記 を見る

RELATED

[関連記事]

2005 ダッジバイパー SRT10ロードスター

TEST RIDE

コレクションズ

2006 ダッジバイパー SRT10ロードスター

SPECIAL ARTICLES

コレクションズ

2005 ダッジラムSRT10 (DODGE RAM SRT10)

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2005 ダッジバイパーSRT10

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

SHOP

[同店舗記事]

1992 シボレーコルベット C4

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2006 ハマーH3

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

1996 シボレータホ 2ドア

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2003 ダッジラムバン

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2001 ダッジデュランゴ

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

ミッションオイルの交換について考えるススメ

SPECIAL ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 サンルーフ

458万円

年式:2011年

走行距離:56,000km

BUBU横浜

米国トヨタタコマ アクセスキャブ4WD 実走行車両
米国トヨタタコマ アクセスキャブ4WD 実走行車両

249.8万円

年式:年

走行距離:80,000km

FLEX USトヨタガレージ店

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー

858万円

年式:2021年

走行距離:100km

BUBU横浜

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

348万円

年式:2013年

走行距離:47,600km

BUBU宇都宮

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》

20,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》

21,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 サンルーフ

458万円

年式:2011年

走行距離:56,000km

BUBU横浜

米国トヨタタコマ アクセスキャブ4WD 実走行車両
米国トヨタタコマ アクセスキャブ4WD 実走行車両

249.8万円
支払総額279.8万円

年式:年

走行距離:80,000km

FLEX USトヨタガレージ店

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ