AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 2011 シボレーコルベット Z06 チューニング計画 vol.1 by HPP
特集 SPECIAL ARTICLES 2011 シボレーコルベット Z06 チューニング計画 vol.1 by HPPHPPはチャレンジャーに加えコルベットでも頂点を目指す

2011 シボレーコルベット Z06 チューニング計画 vol.1 by HPP

まずはノーマル状態での試乗と各種オイル交換後の変化について

各誌を賑わすチャレンジャーオーナーのHPP代表長池氏。今後はコルベットを入手し、新たなチューニングを開始した。

更新日:2019.05.20文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力

HPP
TEL 0485777341 [ホームページ] [詳細情報]

ハイチューンのチャレンジャーで生じたラップアイム差

 HPPの代表、長池氏は、各誌誌面を賑わせているチャレンジャーのオーナーである。自らの愛車に様々なチューンを施し、また走行テストを重ね、それら経験が自社の各種チューニングメニューに生かされている。

 で、ある日、定期的に参加しているサーキット走行会に出撃した。もちろん、走るのが好き、ということなのだが、それ以外にもマシンの耐久性や変化等を知るためにも積極的に走り、様々な状況での車両データの洗い出しを行っているのである。

 場所は富士スピードウエイ。マシンはハイチューンのダッジチャレンジャー。もちろん気持ちよく走行しチャレンジャーの状態も上々だった。がしかし。走行後に公開された参加車両のラップタイムを見て驚いた。とあるシボレーコルベットC6のノーマル車に約2秒差で遅れをとっていたのである。

 もちろん、その差の原因はいろいろあるだろう。ドライバー自体の腕の差かもしれないし(笑)。

 で、長池氏が出した理由その差の要因とは、ベースマシン自体の差であるというもの。すなわち、スポーツカーとマッスルカーとの差である。かたや車重1500kg程度の低重心スポーツカー。ハイスピードサーキットの富士なら空力の差も間違いなくある。

 一方、車重2トンを超えるスポーティクーペ。パワーを上げ、足を締め上げても物理的な限界が確実にある。もちろん、競わずただ走らせれば、その驚くべきワープ感の気持ちよさに思いっきり浸ることはできるが、チューニングショップとしては、その差に黙ってはいられない?

 ということで、自らにコルベットを購入し、コルベットの素の能力とチューニングの可能性を探る作業を始めたのである。
2011年型シボレーコルベットZ06。走行4万キロ弱の中古車を入手しチューニングを開始する。
Z06とは、当時のコルベットのトップモデル。ノーマルクーペとは異なり、ボディ剛性やサスペンション、さらにはエンジンと、すべてにおいてスペシャルな存在だった。
その象徴たるエンジンには7リッターV8OHVのNAエンジンが搭載される。ノーマルスペックは505hp、最大トルク470lb-ftを発生させる。ギアは6速MTのみだ。
購入した車両はフルノーマル状態だったため、室内もクリーンなノーマル状態を維持していた。入手後に追加のサブメーターを装着しているが、そういったパーツは今後随時紹介していく。
もともと大径ブレーキが装着されているZ06。そのブレーキを活かすが、パッドのみ効きをさらに重視したパーツに交換している。
マフラーもノーマル。今後もマフラーはノーマルを使用していく予定。Z06になるとノーマルマフラーでも十分にパフォーマンスが高いという理由。

7リッターV8NAエンジン搭載モデルをチューニングする

 HPPの長池氏が購入したコルベットは2011年型Z06。Z06とは、2005年に登場したC6コルベットのトップモデルだ。

 当時のルマンでクラス優勝したC6-R譲りのレーシングテクノロジーが注入されたGM渾身の力作であり、エンジン排気量が6リッターから7リッターへ、さらに1Gを越える旋回、減速時でもオイルが偏らないドライサンプ潤滑システム採用、チタンコンロッド&インテークバルブ使用等、当時のコルベットの中では別格の存在だった。

 搭載エンジンLS7は7リッターV8OHVのNAエンジンで505hp、最大トルク470lb-ftを発生。ギアは6速MTのみ。

 また、ボディにも手が加わり、コンポジットボディパネル、アルミニウム製フレーム構造、マグネシウム製エンジンクレードル、カーボン製のボディパーツなど、徹底的な軽量化の追求によって1440kgにダイエットしている。その一方で、脱着式だったルーフを固定したクーペボディとすることで剛性アップも抜かりなし。
ハイチューンのチャレンジャーに乗っていたためか、Z06を入手した直後では「遅い」と感じてしまったという(笑)。その後長池流の中古車リフレッシュを行い、次回以降チューニングに入る。

第一印象は「遅い」(笑)

 OHVは、ヘッド周りが小さく納まってくれるから馬鹿デカいDOHC4バルブヘッドばかりを見てきた者には感動的な小ささである。くわえて、ドライサンプ化でオイルパンも極薄になって、搭載位置もまた地面に擦らんばかりにLS7は低いから、パワーは上がり、ボディ剛性も上がり、それでいて軽量化&低重心でコーナリングスピードが上がる。だからそれは走らせれば走らせるほど感動するマシン、と言われているのである。

 そんなコルベットを入手し、早速走り比べを行った。すでに様々なシチュエーションで乗っている長池氏いわく、「たしかに軽さがもたらすドライバビリティの良さは別格ですね。ですが…。正直、遅いですよ(笑)」

 正確にいうと、チューンナップされた車両や自身のチャレンジャーと比較すれば、エンジンパワーや吹け、フィーリングを含めたエンジンの印象が大人しいというもの。想像していたような爆発的な加速感といった印象はなく「なんか眠いエンジン」。それを一言で「遅い」と表現したわけである。
実際にドライブして「低くて軽いという部分が新鮮ですね。今後、このコルベットをチューニングして速くて壊れない車両を製作します」と語ってくれた。
まず購入直後に試乗。各方面を走り、その後エンジン、ミッション、デフのオイル交換を行っている。それだけでも十分な効果があり、印象はまったく変わったものになったという。
長池氏が絶賛してやまない 「ROYAL PURPLE (ロイヤルパープル)」のハイグレードオイルを使用。中古車には、オイル交換するだけでも変化が生じるという。当然、ハイチューンの車両にもこのオイルの効果はてきめん。
Z06はドライサンプ式なため、オイル量も一般的な車両よりも多い。
取材していて非常に興味深かったのが、「良質なパーツを使用する」というポリシー。なので、もちろんアメリカ製パーツを使用する傍らでこういった国産メーカーのパーツも積極的に使用する。これも高い精度にこだわる同社の姿勢の表れ。
運転席のみバケットシートに交換している。ここら辺にも国産チューニングカーっぽさが見て取れる。
各種オイル交換、および暫定のECUチューンとプラグ交換、サーモスタット交換によって激変したZ06。我々取材陣にはこれでも十分なマシンと感じたが、HPP号はここからがスタートになる!

まずは中古車リフレッシュ&暫定ライトチューン

 もちろん、購入したZ06自体が4万キロを超える中古車であるという事実にも、そう感じさせた可能性はあり、早速あれこれと手を入れ始めた。

 まずはオイル交換。長池氏が絶賛してやまない 「ROYAL PURPLE (ロイヤルパープル)」のハイグレードオイルを使用し、エンジン、ミッション、デフのオイル交換を行った。

 ロイヤルパープルのモーターオイルとは、アメリカ・テキサス州に本社を置くロイヤルパープル社が独自に開発したオイルであり、特殊添加剤・シナーレックを配合した、高い酸化防止性能を持った100%化学合成のオイルである。

 このシナーレックが超強力な被膜を形成し、フリクションロスの大幅な低減が期待でき、エンジンやミッション、デフの動きが本来持つ性能に近くなるという。

 このオイルを愛用している長池氏は、試乗後即オイル交換を行っており、それだけでも十分に効果が体感できたという。

 「激変ですね。『オイルでそんなに変わるか』と思われるでしょうが、本当です。これは体感してもらわないとどうにもなりませんが、弊社で交換されたオーナーさんからも極めて高い評価を頂いています」

 さらに、Brisk Racing製のレーシングプラグにプラグ交換を行い、ECUの調整を若干だが暫定で行っている。そしてこれら仕様変更により、エンジンの回転フィーリングが変わり、高回転域まで軽く回るようになった。

 ただし、何も変更していない時から気になっていたた高い水温を抑えるため、クーラント交換、ロイヤルパープルのクーラント添加剤の添加、レーシングサーモスタットへの交換を行い、ECUもそれに合わせてデータ編集することで、ノーマルよりも水温を低く抑える変更を加えているのである。

ここまででも十分な「変化」が生じている

 この状態でのパワー数値等は計測していないから不明だが、それでも驚く程の体感上の変化が現れているという。いわゆるライトチューンレベルになるのだろうが、「これぞZ06」といわんばかりの体感フィールを味わわせてくれるようになったのである。

 だが、ここからがスタート。この先、吸排気系のパーツを交換し、そういったパーツ装着に伴うECUのセッティング変更は続けていき、理想的なデータの製作を目指すのである。

 なお、HPPには今後、ハブ式のシャシダイが導入されるから、その時点でパワー数値の変化をも測定する予定である。

 チャレンジャーで一時代を築いたHPP。今度はコルベットを丸裸にし、最良なチューニングプランを製作する!
HPPは、ディアブロスポーツやCOBBといったメーカーと直接メーカー契約をしている正規ディーラーである。だからそれらメーカーのCPU編集ソフトを使用した現車セッティングが可能であり、チューンデータを入力しながら車両とのマッチングや補正等をしつつ煮詰める、オンリーワンな作業が可能になるのである。Z06にもその作業が行われている。

特集一覧に戻る

キャデラック・シボレー正規ディーラー(株式会社光岡自動車)アメリカナンバーワンフロアマット・ウエザーテックAUTO-X(オートクロス)ASANUMA FACTORY大阪のアメ車&逆輸入車専門店/シックスディグリーズ

アメ車検索

アメ車検索詳細

キャディラック・シボレー東名横浜,相模原日本カリフォルニアカスタム 車両診断ツールNUT'S ナッツモーターカンパニー(ASDN加盟店)2019 スーパーアメリカンフェスティバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.