TEST RIDE

[試乗記]

時代がついに追いついた!

ダッジラム SRT10 (DODGE RAM SRT10) & シボレーSSR (CHEVROLET SSR) vol.2

中古車に隠れた「行き過ぎた名品」たち vol.2

2000年から始まったアメ車バブル。なかでも2005年前後に生まれたクルマたちは、中古車となった今もなお輝き続ける。当時は見向きもしなかったかもしれないが、乗れば驚きの連続である。

更新日:2014.10.15

文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL  [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

コンセプトカーがそのまま生産された夢の時代の産物

 たとえばシボレーSSRを称して、レアなアメ車、ファニーカーetcというのは簡単である。そしてそういったキワモノに対して言えることは、過去の歴史的事実を見ても明白だが、製造期間が非常に短いということ。つまり商業的には上手くいかなかったものが多い。だからか、中古車としての魅力は低く、ある程度時間が経つと忘れ去られてしまう…。きっとそんな印象を抱くに違いない。

 だが、そうとは言い切れないアメ車も確実に存在する。というのも、時代が時代だったからである。デビューが2003年後半といえば、何度も言うがアメ車バブルの全盛期。すなわち、いろんなコンセプトカーが実際に生産された夢のような時代。

 だからこそ、作りが悪いとか駄作だったということはまったくなく、実際に短命だったのはバブルが崩壊したからであって(その後のリーマンショックと共に暗黒の時代に…)、逆に今乗っても驚くほど面白かったりする。しかも数が少ない=レアでか人とかぶることが少ない=逆に魅力的。というわけで、SSR。

 シボレーSSRは、コンセプトモデルとして2000年に登場し、2003年にインディ500ペースカーとしてデビューした。その後正式発売にいたり、爆発的な人気とはいかずもそれなりに売れていた。生産期間は、2003年から2006年の4年間であった。

 このSSRの最大の特徴は、トラックでありながらもオープンキャビンを持ち、そのルーフが電動で開閉すること。つまり、電動開閉式のメタルトップを装備した2シーターピックアップとなる(ボタン式で25秒で開閉可能)。だがしかし、誤解してならないのは、このクルマのベースがトラックであるということ。すなわちアメ車でしか確立できない唯一無二の存在なのである。

 2003年にデビューしたSSRは、当初5.3リッターボルテックV8エンジンを搭載し、300hpを発生させたパワーを4速ATを介してFR駆動していた。すなわち、タホ、サバーバンと同様のエンジンを搭載していたのである。

 だが、2005年からはC6コルベットと同様の6リッターLS2V8エンジンに換装し、一気に390hpを発生させるにいたった。しかもこの年から4ATだけでなく6MTをも搭載し、スポーツカーさながらのドライビングが可能になったのである。

 ボディサイズは4862×1996×1631ミリで、ホイールベースが2946mm。フルサイズというよりは、若干小さいミディアムサイズ。そして足回りがフロントがダブルAアームでリアがマルチリンク、タイヤは前後異形サイズとなりフロントが19、リア20インチを装着している。

ファニーな外観から、キワモノとしてのイメージが強いかもしれないが、実際にはフロントフェンダーの盛り上がりや、リアのベッドとフェンダーアーチのデザインは、このクルマ以外では見かけないほど手の込んだ作りをしている。

オープン対策も施されており、風の巻き込み用にウインドリフレクターも装備されている。実際に街中を走れば、ご機嫌なV8サウンドと心地よいオープンドライビングが満喫できる、非常によくできたスポーティカーである。

ブレーキを踏んでセンターコンソールにある専用ボタンを押せば約25秒でメタルルーフの開閉が可能である。その構造は、当時のトップモデル、キャデラックXLRと同様であり、非常に完成度が高い。

スポーツカーというほどには、着時位置が低くないので、スポーティカーという表現が正しいような気がするが、走ればコルベット譲りの6リッターV8エンジンのパワーを生かした超ハイスピード巡航が可能であり、ボディ全体も390hpを余裕で受け止めるほど強固なものとなっている。

ファニーな顔つきに似合わない迫力のV8重低音

 改めている外見上の印象はやっぱりファニーな感じが強いが、このクルマ、エンジンを始動すると一気に印象を変える。野太いエキゾーストサウンドとともに、硬派なアメ車フィーリングが一気に漂うのである。目を閉じて聞けば、まるで「コルベット」とも間違えそうなくらいのボリュームを伴って。
 
 走った印象は、思った以上にスポーティであった。目線の位置はラムSRTよりも低く、コルベットコンバーチブルや一般的な乗用車よりは若干高い感じ。とはいえ、走行中に不安定になる要素は微塵もなく、V8サウンドをじかに聞くオープンドライビングはまさに天国! しかも唯一無二の存在に乗っている!

 ハンドリングは十分にスポーティだし、加速感も半端ではない。SRT10ほどではないにしろ、そこらのスポーツカーとは十分に勝負できるくらいのパワーはある。しかも作りは単なるキワモノではなく、逆に車体の剛性は高く、ハンドリングやブレーキングのレベルもスポーツカーそのものであるから驚く。

 よくよく見ると、フロントフェンダーの盛り上がりやリアのベッドとフェンダーアーチのデザインは、このクルマ以外では見かけないほど手の込んだ作りをしているし、実際に動かす各部の操作タッチは、当時のコルベットレベルを維持しているし、屋根を降ろしてクーペとなれば車体の剛性は格段に上がり、遮音性等のレベルもかなり高い。しかもその機能はキャデラックXLRと同一とあれば、それこそ夢のようなアメ車である。

 というわけもあってか、この個体、すぐに売れてしまったそうなのであしからず(次に黄色が入ってくるそうです)。

 SSRは、1947から1953年に至るシボレートラックのへリテージデザインを採用したというが、その可愛らしい見かけによらず、かなり硬派な車体スペックを有し、さらに全天候型オープンカーとしての機能とハードな走行性能がオーナーを常に刺激するのである。

初期型はタホ、サバーバンの5.3リッターボルテックV8エンジンを搭載していたが、後期型ではコルベットと同様の6リッターV8OHVを搭載し、一気に90hpアップの390hpを発生させた。ファニーな顔つきには似合わない野太いV8サウンドが特徴である。

さすがにコンセプトカー通りには生産されなかったが、造形的には、質素なアメ車が多かった時代のわりには、華やかなデザインを持っている。室内にシルバーのデコレーションを使い始めたのもこの時代から。

2005年から6リッターV8が搭載されたのと同時に4ATだけでなく6MTがチョイス可能となり、スポーツカーさながらのドライビングが可能になった。だが、中古車として探すには6MTは至難の業と言えるかもしれない。

今こそ「時代が追いついた」

 さすが、アメ車バブル時期に作られただけあってか、この2台、今見てもとくに古さを感じさせないデザインや走りの質に驚きを感じた。「まだ新車で売ってます」と言われても納得してしまいそうなほど、イマドキの感覚で接することができたのである。すなわち優れていたわけである。

 考えてみれば、その時代のダッジラムトラックは、2007年からすでに二度ほどモデルチェンジを繰り返しているが、どちらもいまだにこのSRT世代のラムのデザインがベースになっている。すなわち、今となってもその時代から抜けきれていないわけであり、この時代のデザインこそがダッジラムを代表するデザインであったということを、いまなお実証し続けているわけである。

 一方、デビュー当時は斬新すぎ、キワモノとして扱われた感もあったが、すなわち三歩ほど先を走っていたといっても過言ではないSSRのデザインだが、今ついに「時代が追いついた」とで言おうか。それほど違和感ない見栄えに、「2006年製」と言われることが逆に違和感だった。まさにバブル時期を象徴する『行き過ぎた名品たち』。

 中古車の中には、こういう楽しいアメ車がまだたくさんあるわけだから、食わず嫌いせず、いろいろ試して欲しいし、自分だけのレアな1台を是非見つけて欲しい。

 ちなみに、これまでBCDではいろいろなアメ車を取材させていただいたが、今回ほど「なるほどな」と感心した取材はなかったと言っていい。すなわち、こういったレア車こそBCDの最も得意とするところであり、こういった年代ものの中古車こそ大いにBCDを活用するべきである。

メーター周りの造形にも、力が入れられている。外観のデザインと同様に、SSRだけの特別な世界が垣間見れる。

シートフルレザータイプ。中古車としてのヤレもほとんどなく、レザーのシワ程度である。「すぐに売れてしまった」というのも納得の最高のコンディションであった。

グレードによっては、メッキタイプのホイールが装着されているタイプもあり、そちらの方の人気も高いという。ホイールは、フロント19、リア20インチを履く。

ハードトップを閉めるとまるでクーペのような密封感を与えてくれる。しかもボディ剛性が格段に上がるから、オーナーは2種類の別のクルマに乗っているかのごとく変化を味わえる。

中古並行車をリスク少なく手に入れる

 というのも、たとえば比較的新しい年代のアメ車は、極端なことをいえば、どこで手に入れても、よほどの事故車じゃない限り、もしくは最初から騙そうと悪巧みをした車両じゃない限り、それほどコンディションに困るほどアメ車の精度は低くない。とはいえ国産自動車屋さんが手におえるほどメンテナンスフリーではないので最低限の手間は必要だが、それほど恐れるクルマではもはやない。

 だが、こうした2005年前後の車両は、アメ車のバブル的な時代だったとはいえすでに10年落ちとなり、コンディションには一抹の不安が残る(と考える方もいるはず)。さらにタマ数自体にも限りがあるだろうから、出物を見つけるチャンスすら少ないかもしれない。

 さらにタマを見つけたとしても中古並行の場合、現地アメリカンが判断する場合には、その信憑性に確信が持てないことが多々ある。よく言われていることだが、現地アメリカンには、日本人の求める中古車像が伝わらないことが多いからである。

 だがBCDの場合は、現地法人に所属する邦人スタッフが見立てた中古車である。現に、今回撮影したSRT10は、驚くほど室内空間がキレイであり(そこには人工的に手を加えた状況ではない素のコンディションが見て取れた)、まったくヤレを感じさせなかったのだ。 だからこそ、こういったレアなアメ車が欲しい場合は、BCDをおおいに活用すべきでなのである。

商業施設周辺では、子供からの視線が集まり、あえて足を止めて見入るほどだった。

<関連記事>
>> 遅咲きの名車たち を見る

RELATED

[関連記事]

北関東地区を守るBUBU宇都宮の整備工場 vol.2

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2016 キャデラックエスカレード vol.2

TEST RIDE

ブルート

2003 ダッジラムトラック

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2013 シボレーカマロ LTRS vol.2

TEST RIDE

BUBU光岡グループ

SHOP

[同店舗記事]

北関東地区を守るBUBU宇都宮の整備工場 vol.2

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

北関東地区を守るBUBU宇都宮の整備工場

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 ダッジデュランゴ GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

1968 マーキュリークーガー XR-7

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 ダッジ チャレンジャー GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ
AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ

16,176

PERFORMANCE

6DEGREES

AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー
AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー

29,733

ELECTLICAL

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ