TEST RIDE

[試乗記]

デビュー10年後に大幅なモデルチェンジ

2015 ダッジチャージャーR/T (DODGE CHARGER R/T)

8速AT搭載がチャージャーの走りを劇的に変える

2015年型ダッジチャージャーのRTグレードを日本初取材。エクステリアの印象からメカニズム的進化まで、劇的に進化していたのである。

更新日:2015.04.06

文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL  [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

大幅なマイナーチェンジが行われた

 2005年に4ドアスポーツセダンとして復活したダッジチャージャー。その後いくつかのマイナーチェンジや改良がなされ、デビュー10年後の2015年モデルにおいてはボディパネルのほとんどすべてが一新される大幅なモデルチェンジが行われた。

 一見するとダッジのコンパクトセダン「ダート」をイメージさせるフロントマスクは、グリル、ヘッドライト、バンパー、フェンダー、ボンネット、フロントドアといったほとんどのパーツが変更されており、LEDがアクセントとなったフロントフェイスは、一体感を感じさせるシャープなものになった。同様にLEDが使用されるリアテールのデザインも見慣れたものとなり、ここ2、3年感じていたリアのみ現代風のデザインが与えられたアンバランスさがなくなり、前後のデザインのまとまり感はこれまで以上に高いものとなった。

 と同時にフロントフェンダーおよびボンネットラインがいままで以上に低く見えるようになった。真横からのスタイルも、今となっては非常に貴重な直線基調のラインを保っており、スタイルの美しさは健在である。

 性能面でも同様にアップグレードされており、2014年型まではV6モデルのみしか設定のなかった8速ATが2015年モデルではV8モデルにも採用されるようになり、その採用がチャージャーのフィーリングを劇的に変えている。

 搭載されるエンジンは以下のとおりである。
■ペンタスター3.6リッターV6DOHC:292hp/260lb-ft
■HEMI 5.7リッターV8:370hp/395lb-ft
■HEMI 6.4リッターV8:485hp/475lb-ft
■HEMI 6.2リッターV8スーパーチャージャー:707hp/650lb-ft

 一方インテリアは、チャレンジャー同様にリファインされ、メーター周りが一新。さらにステアリングホイールは3本スポークの新デザインでパドルシフト付きになり、センタコンソールも新設計で8.4インチのタッチパネルが収められる等、まったく新しい空間が作り出されている。

これまでの攻撃的なフロントマスクから「ダート」をイメージさせるフロントマスクは、グリル、ヘッドライト、バンパー、フェンダー、ボンネット、フロントドアといったほとんどのパーツが変更されており、LEDがアクセントとなったフロントフェイスは、一体感あるシャープなものになった。

左右連結したLED使用のリアテールライトを採用したデザイン。昨年まではフロントマスクとの整合性が取れていなかったが、リニューアルされた今、前後共にデザインバランスが良くなった。

直線基調のラインを保った美しいスタイルは健在。

多彩なる在庫ラインナップ

 取材車両はBCDがいち早く輸入した2015年型ダッジチャージャーRT。V8ヘミエンジン+8速ATが装備された最新モデル。加えてこの車両にはPLUSグループ(※1)、テクノロジーグループ(※2)、アイボリーパールカラー、20インチのハイパーブラックホイールといったパッケージオプションが付帯しているレアなモデル。

余談だが、BCDにはすでにチャージャー、チャレンジャー、マスタングV8の2015年モデルが続々と入荷している。チャレンジャーにいたってはV6モデルのSXTさえも入荷しており、いわゆるカタログやHP上だけで最新モデルを謳っているそれらしきショップとはまったく異なる豊富な現車ラインナップを誇っている。

 すなわち、客注が入ってから(お客さまからの注文後に)本国に車両等を手配するのと、展示車としてすでに10台以上の2015年の現車を揃えるのとでは規模云々だけでなく、それにまつわるCPのメカニカルデーターを入手&更新する必要もあり、営業、販売、整備とすべてにおいて質が異なるのと言えるのだ。

 もちろん、新車の場合は好みに応じたオーダーをも受け付けているため、BCDにも客注後の手配もあるにはあるが、いずれにせよ本国法人を持ちダイレクトにやりとりが可能なBCDならではの安心感は極めて高いし、実車を見て商談でき、望めば試乗だって可能なだけに、そして当たり前だが、本国仕様においても3年6万キロの新車保証が付帯されるだけに、買い手側の安心感だって段違いに高いはずだ。

 というわけで今回は、このまっさらの新車を僅かながら走らせていただいた。

 注)※1はHIDヘッドライト、パワーシート、F&Rシートヒーター、パークセンサー、ナッパレザースポーツシート、※2はアダプティブクルーズコントロール、フォワードワーニングアラート&レーンディパーチャーウォーニング、パワーアジャストペダル

チャージャーが、4ドアセダンであるにもかかわらずこれだけの人気を保ってきたのはこのフロントマスクのおかげである。ハードなイメージがお望みなら2014年までのデザインがオススメかもしれない。

実車を見るまでは筆者も同じようなことを考えていたが、実物は全然悪くない。洗練されたデザイン。

リアもフロント同様に洗練されている。もちろん好き嫌いはあろうだろうが。

実車の印象は非常に良好

 初めて実車をみる2015年型ダッジチャージャーは、当然ながらフロントマスクの好き嫌いが最大の要因となると思っていた。少なくとも筆者はそうだった。「このマスクがもし許せるなら、たぶん誰もが最新モデルを選ぶだろうが、もし2014年までの旧型モデル顔が好きならば、少々キツいかもしれない…」

 写真や海外試乗における記事を見る限り、そういった印象は常につきまとっていたのだが、実車を見ると意外にも悪くない。実車は写真で見ていたほぼそのとおりの印象に近いのだが、実物を目の前にすると印象は全然悪くない。

 たしかにチャージャーとしての迫力? 悪っぽさ? そういった男っぽさ的なものは少なくなったと思うが、前後左右のデザインのまとまり感は非常に良いし、特にフロントのオーバーハングの短さが、これまでのチャージャーとはまるで違う印象を与えてくれ、非常に新鮮なクルマとして生まれ変わったと言っていい。だからこそ、興味があるなら絶対に実車を見るべきである。

 加えてインテリアの品質一新がエクステリアの様変わりに呼応して、より新鮮な印象を与えてくれる。

 インテリアに関しては、チャレンジャー同様に質感が激変しており、メーター周りの雰囲気からシフトノブノブに至るまで、すべてにおいてやっと価格に見合ったレベルになった。

 たしかに旧型でもある程度までの質感は有していたが、華やかさが欠けていた。2015年型になり、質感、雰囲気、デザイン、色合い、フィーリング、どれにおいても充実していると言えるだろうし、少なくともアメ車内においては十分にレベルの高く、しかもチャレンジャーやチャージャーに見合ったスポーティな造形がかなり気に入るはずである。

搭載されるエンジンは、5.7リッターV8ヘミ。370hp、最大トルク395lb-ftを発生させる。すでにデビュー後10年選手となる名機だけに信頼性は非常に高い。パワー感もサウンドにも満足感は高い。

通常装備されないホイールだが、BCDはあえてエクストラを支払い20インチのハイパーブラックホイールを装着。

インテリアのデザインが全面的に進化したことによって、質感がアップしただけでなく、華やかさが加わったことで、クルマ全体が若返たったような感じがするほどの変化が感じられる。

スポーティなクルマに乗っている感じがより如実に伝わってくる。2015年モデルへの進化は非常に有意義なものだ。

8速AT採用によって走りが劇的に変化

 そんな印象のRTは、5.7リッターV8ヘミエンジンを搭載し、370hpを8速ATで駆動する。カタログ的には、上に6.4リッターV8や6.2リッターV8スーパーチャージャーエンジンが存在しているだけに、RTを下に見る的な印象が世間的にはあるというが(笑)、そうはいっても370hpである。ひと昔前のアメ車でいえば超ハイパフォーマンスモデルであり、最新モデルにおいてすらNAエンジンで400hp近いパフォーマンスを示す車両は数えるほどしかあり得ない。

 だからこそではないが、チャージャー、チャレンジャーのRTグレードは、個人的には積極的にオススメしたいグレードと思っている。

 今回は、ショップ近隣の撮影場所まで走らせていただいたのだが、驚くべき進化はミッションであった。過去チャージャーには何度も試乗しているが、同じく一般道を走っただけでも「これだけ違うのか」と唸らされるほどの変化が体感できる。

 新しく搭載された8速ATは制御が非常に緻密であり、街中50キロ走行くらいのスピードにおいてもポンポンとシフトアップし、あっという間に5速にシフトアップされる。とはいえ、加速が欲しい時には瞬時にギアダウンし加速体制に入るし、その際のシフトショックがまったくない。唯一あるとすれば停止したときに1速に戻る瞬間に一瞬ギアの動きがわかるといった程度である。と同時に、パドルの変速タイミングも素早く、痛痒を感じることがまったくない。

 そんなミッションによって、5.7リッターV8エンジンのパワーがより緻密に引き出されるのか、正直過去に乗ったどの5.7リッターV8よりも速く感じるのである。古風なアメ車オーナーや販売店のスタッフに言わせれば、「8速なんていらねーよ」となるのかもしれないが(笑)、実際に乗ればその良さや最新のフィーリングにヤラレルこと間違いなのである。

 街中走行程度じゃ、パフォーマンス云々を語るほどのことはまったくわからないが、それでも乗り心地やブレーキング等に違和感はまったくなし、なによりフルサイズセダンでありながらも、街中でその大きさを持て余すことがないのがが何より嬉しい発見だった(フロントデザインの見切りの良さに通じる)。

メーター周りのデザインが変わったことで視認性がアップした。

8速ATの採用によってチャージャー自体が激変。エンジンが変わらずともまるでパワーアップしたかのような錯覚に陥るほどクルマが小気味よく加速する。また制御が緻密であり、単なる燃費効率を上げるためだけの多段化ではないことはドライブすればよくわかる。

3本スポークのステアリング裏に隠れるパドルシフトだが、今や電光石火の変速によってドライバーを満足させる。チャージャーにはMTモデルが存在しないが、パドルシフトで十分楽しい。

<関連記事>
>> 2015 ダッジチャージャーSRT ヘルキャット (DODGE CHARGER SRT HELLCAT) を見る
>> 2015 ダッジチャージャー SRT392 (DODGE CHARGER SRT 392) を見る
>> 2015 ダッジチャレンジャー R/T (DODGE CHALLENGER R/T) を見る

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

北関東地区を守るBUBU宇都宮の整備工場 vol.2

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

北関東地区を守るBUBU宇都宮の整備工場

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 ダッジデュランゴ GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

1968 マーキュリークーガー XR-7

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 ダッジ チャレンジャー GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

アメ車オーナーミーティング2017 in ロングウッドステーションのQ&A

NEWS & INFORMATION

アメ車オーナーミーティングFacebookイベントページ

ダッジデュランゴ基本構造チェック vol.2 (DODGE DURANGO)

REGULAR ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

シボレーHHRLT
シボレーHHRLT

価格応相談

年式:2011年

走行距離:39,672km

ガレージダイバン

フォードマスタングGTプレミアム
フォードマスタングGTプレミアム

価格応相談

年式:2008年

走行距離:50,877km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

価格応相談

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

シボレーHHRLT
シボレーHHRLT

価格応相談

年式:2011年

走行距離:39,672km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ