TEST RIDE

[試乗記]

直4搭載モデルを中心としたマイナーチェンジ

2016 フォードエクスプローラー (FORD EXPLORER)

本国モデルにはAWDがラインナップに加わった

日本でも大人気のフォードエクスプローラーが2016年モデルとしてマイナーチェンジを行っている。すでに本国ではリリースされているが、そのマイナーチェンジの内容は多岐にわたっていた。

更新日:2015.06.24

文/椙内洋輔 写真/フォード

直4エコブースト搭載モデルに変化あり

 まず最初に申し上げておくが、これ以降に記されていることは本国モデルについての詳細であり、日本フォードが現時点で取り扱いを明言しているものではないということにご注意ください。

 さてエクスプローラーである。日本でも大人気となったフォード発のSUVであるが、そのエクスプローラーが2016年型としてマイナーチェンジを行っている。本国では、昨年のLAショーで発表され、現在はすでに発売が開始になっているから、情報をお持ちの方も多いことだろう。

 現行型エクスプローラーは2011年にデビューし、ちょうど5年目でのマイナーチェンジとなる。基本、マイナーチェンジ=スキンチェンジ的なものが多分にあり、例えばそれは、旧マスタングが2005年にデビューして2010年でスキンチェンジを行ったのと同じ意味合いである。

 だからサスペンションも同様であり、ミッションも同じく6速ATとなっている。だが。ボディはホイールベースが延長され外版と内装のデザインが大幅に変わったが、それ以外にも…。マイナーチェンジとはいえ、搭載エンジンの排気量が変わっているモデルがある。また、本国では全モデルにAWDが用意されている。詳しく見ていこう。

 今回、2016年モデルとして一番の変化は、直4エンジンを搭載したグレードだった。V6エンジン搭載モデルは、基本的にボディデザイン等の変化に絞られ、まさにスキンチェンジのごとき変化にとどまったのだが、直4エンジンを搭載したモデルに関しては、多分に変化がもたらされた。

 それまで2リッター直4エコブーストターボエンジンが搭載されていたモデルが、2016年から2.3リッター直4エコブーストターボエンジンになり、それまで243ps、最大トルク37.3kg-mを発生させていたエンジンは、284ps、最大トルク42.9kg-mへと進化したのである。およそ40psに5.0kg-mのトルクアップである。

旧2.0リッター直4エコブーストターボ:243ps/最大トルク37.3kg-m
新2.3リッター直4エコブーストターボ:284ps/最大トルク42.9kg-m

現行型登場から5年目でのマイナーチェンジ版。とはいえ、その改良は多岐にわたり、グリルやヘッドライト周り、バンパー等が見直され、リアはテールライトが一新されている。

 新型マスタングに搭載されるエンジンが2.3リッター直4エコブーストだけに、生産効率上の処置として合わせた形になったのだろうが、それにしても40psアップは圧巻だろう。

 ただ、日本においては排気量アップに伴って、自動車税制区分がかわってしまうこともあるので一概には喜べないかもしれないが、だが、走らせれば明確な変化を体感させるに違いない。

 さて、もう一つのトピックスが、AWDモデルの追加である。これまで直4エコブーストモデル搭載車は、FF駆動のみだったが、今回のマイナーチェンジによって本国モデルではAWDが用意されることになった。果たしてこのAWDが日本に導入されるかはまったくの不明だが、これまでの経緯を鑑みるに、「直4エコブースト+AWD」こそ理想的なモデルのような気がするのだがいかがだろうか?

 日本においてはこれまで、直4モデルを選べばFF駆動、AWDが欲しければV6で、と購入モデルが自動的に決まってしまっていたわけだが、もし直4+AWDが導入されれば、それこそ新たな買い替え需要がより一層増えるに違いないし、非常に興味深いモデルとなるはずである。

 正直、個人的は2015年までの現行モデルで十分に事足りるし、丸っこい温和な雰囲気を漂わせる現行デザインが非常に好みであり、新たに登場するマイナーチェンジ版の厳つい顔に慣れるまでにかなりの時間を要しそうだが…。果たしてみなさんはいかがでしょう?

センターコンソールに配置された各種タッチパネルのインフォテインシステムは、スイッチ式に改められる等、インテリアの変化も見逃せない。

■モデル:2.3L 直4エコブーストターボ
■全長×全幅×全高:5037×2000×1805mm
■ホイールベース:2865mm
■エンジン:2.3L 直4 DOHC エコブーストターボ
■最高出力:284ps/5600rpm
■最大トルク:42.9kg-m/3000rpm
■トランスミッション:6速AT
■駆動方式:FF or AWD
■ハンドル位置:左

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

フォード松阪

SPECIAL ARTICLES

フォード松阪

2014 ジープグランドチェロキー SRT8

TEST RIDE

ガレージダイバン

マスタング BOSS 302 ラグナセカ パフォーマンステスト_その1

SPECIAL ARTICLES

ASDN公式ホームページ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ