TEST RIDE

[試乗記]

やや非力な初期型モデルをカスタマイズ

2009 ジ ープラングラー アンリミテッド

足回り&ROMチューンで日常使用における不満を解消

ジープらしいスタイルと実用性を両立することで新たなユーザー層を獲得したアンリミテッドだが、ノーマルのままでは本格的な悪路走破性はイマイチ。また大きくなった4枚ドアの場合はその重量が災いしてか初期型ではパワーの面でもやや不満が…そんなユーザーの不満を解消すべく制作された1台である。

更新日:2018.10.08

文/田中 享 写真/田中享

取材協力/ナッツモーターカンパニー TEL 082-840-3012 [ホームページ] [詳細情報]

やや非力な初期型アンリミテッドベース

 先代モデルであるTJ型までのジープラングラーはオフロード(アウトドア)色の非常に強い特殊な四駆だった。エンジンも足回りも内装も、ひと言で言えばスパルタン。潔いほどハードな造りであり、一般のユーザーが日常ユースに使うのに適したモデルとは言えなかった。

 一部のマニア向けの特殊モデルであったジープラングラーが、一気にファン層を拡大したのは2007年に登場したJK型から。

 JK型はTJ型からボディサイズを拡大。先々代のYJ型から長年使ってきた4リッター直6OHVユニットに別れを告げ、現代的なV6ユニットを採用。足回りを市街地や高速道路での使用でも不満がないよう、ややマイルドな方向にセッティング。さらにはインテリアなどもより乗用車ライクに変更された。

 極めつけはラングラー初の4ドア5人乗りの「アンリミテッド」をラインナップに加えたこと。実用性の高いアンリミテッドが加わった事で、それまでのジープファンとはまったく異なるユーザー層の獲得に成功したのである。

 ちなみに、JK型の初期もの4ドア・アンリミテッドに搭載されるエンジンは1種類。それまでの4リッター直列6気筒OHVに変わり、新たに搭載されたエンジンは3.8リッターV6OHV。排気量は若干ダウンしたものの、最高出力で24ps、最大トルクで2.5kg-mアップした199ps/5000rpm、最大トルク32.1kg-m/4000rpmを発生させ、これに4段ATが組み合わされた。

足回りはプロコンプの2.5インチアップキットでリフトアップ。ホイールはXD。タイヤはKMCロックスター2の35×12.50R20。


 ジープラングラーは2012年にもう一度大きなマイナーチェンジを行っており、搭載エンジンが再び変わっている。いわゆる燃費効率を求めたことによる変更だが、ペンタスター3.6リッターV6DOHCに換装され、284ps、最大トルク35.4kg-mを発生させ、ミッションも5速ATとなっている。

 燃費向上を目的としたものとはいえ、85ps増というのは圧倒的なパフォーマンスアップだけに、中古車選びとしては慎重にならざるを得ない。

 撮影車はマイナーチェンジ前の2009年型。すなわち3.8リッターエンジンを搭載した一世代前のモデルとなるが、正直この前期型のV6エンジンは、車体の大きさに対してやや非力な印象が否めない。

 4ドアのアンリミテッドがラインナップに加わったことにより、ジープラングラーは飛躍的に販売台数を増やすことに成功したが、販売台数の増加はユーザーのドレスアプやカスタムの方向性にも変化をもたらすこととなった。

 TJ型までのジープラングラーのカスタムと言えば、オフロードでの走破性を向上させるためのリフトアップやボディ補強といった実用的なカスタムがほとんどだったのだが、アンリミテッドの登場以降は悪路走破性云々ではなく見た目のドレスアップが主流となっていったのだ。

 誰が見ても一目で『ジープ』と分かる伝統的なデザインは維持しつつ、中身は都市型SUVで決して泥臭さは感じさせない。適度なドレスアップで他人との差別化を図る。それがアンリミテッドユーザーの現在のトレンドとなっているのである。

ジープというモデルの性格上、余分な装飾は排してシンプルに仕上げているが、依頼があればシートの張替えやモニター増設といったカスタムも可能とのこと。


 ここで紹介するアンリミテッドは、広島のナッツモーターカンパニーがユーザーからのオーダーで制作した1台。

 一見しただけではよくある『チョイ上げ』仕様だが、プロコンプの2.5インチアップキット&KMCロックスターを組み合わせた足回りは、その気になれば本格的なオフロードでも十分に走破可能。

 4インチや6インチといったハイリフトではなく、35インチのファットタイヤが無理なく収まるギリギリのチョイ上げをチョイスすることで、見た目と走行性能を高いレベルで両立させているのである。

 また、前期JK型の唯一最大の弱点とも言える非力な3.8リッターV6ユニットは、ディアブロスポーツのデバイスを使ったROMチューンでパワー&トルクを向上させており、高速道路のちょっとした追い越しなどで感じる不満を解消することに成功。このチューンは、過激なパワーアップを望むものではなく、あくまで実用上のプラスアルファであるのだが、その効果はかなりあるという。

 さらには「バイクを積んで運びたい」というオーナーの要望を叶えるためにヒッチカプラー&モーターサイクルキャリアをセット。見た目と中身両方にこだわった1台として仕上げられている。

 そろそろ次世代ラングラーJL型が登場するが、その一方でJK型の中古車も市場にかなりの数が流入するはずである。旧世代の味のあるラングラーを、自分なりに仕上げる行為もまた楽しいはずである。

やや非力なエンジンの不満を解消するためにDIABLOSPORTのデバイスを使ってECUをリプログラミング。最高出力&最大トルクともに向上させている。


「バイクを積載して運びたい」というユーザーのオーダーを実現するために、ノーマルのヒッチメンバーにヒッチカプラーを装着し、改造。

シンプルな形状ながらも強度&使い勝手ともに良好な優れもので、写真の通りに慣れれば一人でもバイクを積み降ろしすることができる。

アメリカから直輸入したモーターサイクルキャリアを装着している。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

2016 トヨタタンドラ SR5

TEST RIDE

ナッツモーターカンパニー

2009年型シボレーコルベットZR1

SPECIAL ARTICLES

ナッツモーターカンパニー

2009 ジ ープラングラー アンリミテッド

TEST RIDE

ナッツモーターカンパニー

2016トヨタ タンドラ SR5 TRDパッケージ

SPECIAL ARTICLES

ナッツモーターカンパニー

ジ ープラングラー アンリミテッド (JEEP WRANGLER UNLIMITED)

REGULAR ARTICLES

ナッツモーターカンパニー

『Stand Up Festa ; 広島』

REGULAR ARTICLES

ナッツモーターカンパニー

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

スーパーアメリカンフェスティバル 2022

スーパーアメリカンフェスティバル事務局

2022 ジープコマンダー

コマンダーティザーサイト

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー

858万円

年式:2021年

走行距離:100km

BUBU横浜

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

348万円

年式:2013年

走行距離:47,600km

BUBU宇都宮

米国日産タイタンクルーキャブ SEBCD自社輸入車
米国日産タイタンクルーキャブ SEBCD自社輸入車

198万円

年式:2008年

走行距離:99,000km

BUBU宇都宮

ダッジチャレンジャーR/TスキャットパックT/A392BCD自社輸入車 USモデル サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/TスキャットパックT/A392BCD自社輸入車 USモデル サンルーフ

848万円

年式:2019年

走行距離:9,000km

BUBU横浜

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》

20,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》

21,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー

858万円

年式:2021年

走行距離:100km

BUBU横浜

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

348万円

年式:2013年

走行距離:47,600km

BUBU宇都宮

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ