TEST RIDE

[試乗記]

ライバルはズバリ、ポルシェ911

シボレー コルベット C6

CHEVROLET CORVETTE C6

C5の良さを生かしつつ、さらなる進化を遂げたコルベットC6は、今や世界最良のFRスポーツカーだ。

更新日:2010.01.23

文/編集部 写真/古閑章郎

取材協力/GMアジアパシフィックジャパン  TEL 0120-711-276  [ホームページ]

劇的進化! 世界最良のFRスポーツ

 たとえば、C4コルベット辺りだと乗り込む時に気合いが必要だった。「よっこらしょ」。ダッシュボードが迫っていて、スカットルが高く、その間から前を覗くようなコックピット。走り出すと、タイヤが段差を乗り越えるたびに、ドンッと衝撃がきて、目の前の巨大なボンネットがバタバタと動き、シャシーがシェイクして、クルマが横っ飛びする。

 で、ステアリングを切ると、タイヤのグリップだけでグワッと曲がっていこうとする。でもそれを全部承知の上で、C4コルベットは豪快で面白いと言っていた。だがC5になり、そういったある種のクセは激減し、さらにC6になり、ほぼ絶滅したといっても過言ではない。

 ニューコルベットC6には驚いた。実にいい。コクピットへの収まり具合や視界から、そして何気ない走りから高速走行に至るまで、C5コルベットの良さを生かしつつ、さらなる進化を遂げたコルベットC6は、今や世界最良のFRスポーツカーになったと断言できる。前後、側面から見たシルエット、それに加え圧倒的な全幅の広さが生むボリューム感は、他車にはない特徴だ。

 C5と比較して圧倒的に小さくなったことも見逃せない。ホイールベースを若干延ばし前後オーバーハングをさらに切り詰めるなどして、スポーツカーとしての定石をきちんと守っている。

前後オーバーハングを切りつめたプロポーションには美しささえ宿る。リトラ廃止によりフロントのイメージは激変。実物を目にすると、好き嫌いはあるが、個人的には全然悪くないと思う。

日本車にも負けず劣らずのハイテク化

 地面に座るかのごとく低い位置にあるシートに腰かける。「先代よりも若干高いかなぁ」とも思わなくはないが、それでも流行のスポーティカーと比較すれば十分低い着座位置。ドライバーのアイポイントから見える左右フェンダーの盛り上がりは、C5同様きっちりある。

 言い忘れたが、今度のC6は、乗り込む前からして驚かされる。日本車もビックリするほどのハイテク化が施されているのだ。ドアノブは付いておらず、ボタンによるドア開閉を行い、さらにエンジン始動にもキーはいらない。ステアリング右に位置するスターターボタンを押して始動&停止を行うだけだ。

 で、そのボタンを押せば6リッターLS2エンジンはいとも簡単に目覚め、軽い4速ATのシフトノブをDレンジに入れれば(シフトノブを握った感覚がC5そっくりなのに驚きつつ)、あっけなく動き始める。
 

ドライバーを包み込む感じはC5とさほど変わらない。主な違いと言えば、着座位置が若干高くなったことと各種操作系のスムーズさ。ニューコルベットはキャデラックXLR同様スターターボタン(ステアリング右、グリーンに光っているボタン)があり、ハイテク化される。

ライバルと性能は同等。価格は2/3程度

 404ps、トルク55.6kg‐mを発生する高性能エンジンには、気むずかしいところが微塵もなく、たとえば渋滞の中でも、1500kgの車体をアイドリング状態で軽々クリープさせることが可能である。

 アクセルペダルのフィーリングも軽く、ステアリングにダルな感じは微塵もない。意図的に路面の段差を通過してみたが、飛躍的に向上したボディ剛性の恩恵もあって、ボディはまったく動じない。さらに乗り心地が格段にいい。C5では聞こえていた室内からキシミ音も皆無に近く、総じて硬質なドイツ車に乗っているかのごとくである。

 とは言え、アクセルを踏み込めば、ドゥルル…と独特のビートを刻みアメ車としての真骨頂を味わわせてくれ、「ああ、やっぱりアメ車だな」と胸をなで下ろす。

 このニューコルベットのライバルはポルシェやフェラーリだ。たしかに乗ると、高性能な感じが漂い、少なからずあるポルシェ試乗時の記憶と比較しても、C6コルベットの凄さが身にしみる。最新のポルシェと比較しても、全長はほぼ同じ。パワーで勝り、街中での珍しさやスタイルのアグレッシブさでも寄せ付けず、何より価格がポルシェの2/3の程度。
 C6の価値は断然高い。

メーター周りの雰囲気もC5の面影を残す。ただしすべての操作系が断然スムーズのため、より高級感が高くなったような気がする。タコメーターのピックアップも格段に素早くなった。

6リッターにスープアップし、404ps、トルク55.6kg-mを発生するLS2 V8エンジン。C5搭載のLS1に比べ、最大トルクの発生回転数が上がり、いままでよりも高回転域でのフィーリングが向上している。低速から高速までの怒濤の加速が楽しめる。

RELATED

[関連記事]

ジープ アベンジャー、日本導入決定

NEWS & INFORMATION

ティーザーサイト

2023 シボレートレイルブレイザー RS

TEST RIDE

ABE CARS Tama Garage

シボレーシルバラード ZR2

REGULAR ARTICLES

2025 シボレーコルベット E-Ray

NEWS & INFORMATION

CHEVROLET FAN DAY 2024

NEWS & INFORMATION

SHOP

[同店舗記事]

シボレ ーカマロ を国産Zと比較インプレッション

SPECIAL ARTICLES

GMアジアパシフィックジャパン

現代版マッスルカーの世界へようこそ

SPECIAL ARTICLES

GMアジアパシフィックジャパン

シボレー カマロ

TEST RIDE

GMアジアパシフィックジャパン

キャデラック エスカレード

TEST RIDE

GMアジアパシフィックジャパン

キャデラック DTS

TEST RIDE

GMアジアパシフィックジャパン

シボレー コルベット C4

TEST RIDE

GMアジアパシフィックジャパン

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

シボレーHHRLT
シボレーHHRLT

価格応相談

年式:2011年

走行距離:39,672km

ガレージダイバン

フォードマスタングGTプレミアム
フォードマスタングGTプレミアム

価格応相談

年式:2008年

走行距離:50,877km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

価格応相談

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

シボレーHHRLT
シボレーHHRLT

価格応相談

年式:2011年

走行距離:39,672km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ