AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > エイブル > 1978 AMC CJ-7 ゴールデンイーグル
試乗記 TEST RIDE 1978 AMC CJ-7 ゴールデンイーグルV8エンジンを搭載したCJ-7はアメ車らしい迫力の存在

1978 AMC CJ-7 ゴールデンイーグル

アメリカ独立200周年を記念したゴールデンイーグルも似合う

「CJシリーズ」と聞くだけでアレルギー反応を示していた筆者だったが、実際に乗ってみると旧ジープに多くのファンが存在していることに納得するのであった。

更新日:2020.11.03文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力

エイブル
TEL 044-857-1836 [ホームページ]

ジープと言えば「CJ」シリーズ

 ここ最近のジープラングラーしか知らない方には、なんのこっちゃ、かもしれないが、その昔、ジープラングラーにV8エンジンを搭載していたモデルが存在した。
 
 正確にはその当時はラングラーではなくCJ-7と呼ばれ、メーカーも現行のFCAジープではなくAMCだった。

 筆者もじつはこういった年代の話はあまり好きではない。昔のジープに関する話をすれば超マニアックな方々がたくさんいて、しかも知らないことが多すぎてまともに話ができないからである(雰囲気でアメ車に乗るタイプなんで)。

 だから筆者もどちらかというと現行型人間なのだが、つい先週、エイブルにCJ-7が入荷したということで、少しだが乗らせてもらった。

 車両は1978年型で5リッターV8エンジン搭載。3速オートマにフルタイム4WDのソフトトップ仕様。ボディカラーはガンメタで、なんとボンネット一面に白頭鷲のデカールが貼られている。

 聞けばCJ-7ゴールデンイーグルというモデルで、アメリカ独立200周年を記念したモデルだった。パっと見「めちゃくちゃ派手だな」とは思いつつも、しばらく見ていると「めちゃくちゃカッコイイ」に変わり、しかも「V8エンジン搭載でアメ車らしい」と乗る気マンマンになった。
1978年型で5リッターV8エンジンを搭載。3速オートマにフルタイム4WDのソフトトップ仕様。ボディカラーはガンメタで、ボンネット一面にゴールデンイーグルのデカールが貼られている。この車両は85年に日本に輸入されていたとのこと。
ソフトトップの状態も良く、雨の日の走行も上々。とはいえ視界が良くないからハードトップを入手したほうが、いいかもしれない。それにしても、フルオープンで走ったら、さぞ気持ち良いだろう。
状態の良いゴールデンイーグルのデカール。恐く貼り直されている。ゴールデンイーグルは78年、79年のみ生産されていた。
搭載されているエンジンは5リッターV8。当時126hp、最大トルク218lb-ftを発生させる。個体のエンジンは42年前のものだが、大きな改造もなく、比較的状態の良いものだという。
車体はリフトアップされ、足回りは固められている。人気の大径タイヤが装着されていないから、オフを走る物知りな前オーナーだったかもしれないと、イメージしできる。

現存するレアなゴールデンイーグル

 この車両、エイブルが販売車両とするために購入し、取材前日にお店に届いたばかり。だが、そのままテスト走行して状態を見極めつつ、フルノーマルの車両ではないから個体に使用されているパーツや状態および車両の履歴等を確認している最中であった。

 もちろん、42年前の車両だけに完璧な状態ではないが、CJ-7の、しかもゴールデンイーグルとなれば、現存しているだけでも珍しいということで、この先しっかり仕上げていくという。アメリカにはこういった旧ジープのパーツが山ほどあり、いくらでも手に入るというし。

 「エンジンは調子いいよ、足回りは若干リフトアップされていて結構シッカリしてる。生憎の雨だけど、ソフトトップはひび割れや破損がほとんどなく、また生地自体も硬化しちゃって使えないものが多い中、この車両はかなりシッカリしてるんだよね」ということだ。

 ちなみにCJの意味は「C=CIVLIAN(民間)でJ=JEEP、そして数字がモデルナンバー」ということになり、1944年から始まったCJ-1に続くCJシリーズ最後のモデルがCJ-7(1976-1986)ということになる。
前後オーバーハングにホイールベースも短い車体がもたらすゴーカート感覚の操縦性。それにV8エンジンが搭載されているのだから、唯一無二の面白さが体感できる。

とにかく刺激的だった!

 さらにもうひとつ。「ウィリス」から始まり「カイザー」→「AMC」→「クライスラー」→「ダイムラー・クライスラー」→「FCA」という流れの中で、CJ-7はAMC時代のものとなる。

 さて試乗。「カッコイイ」とは思ったものの、まったく初めての試乗であり、リフトアップされているから、まずシートに座るまでが一苦労。シートはバケットタイプに換装されており、シートベルトは4点式が装備されていたが、しっかり座ってベルトまで締めると、ステアリングまでは手が届くが、ウインドーまでは手が届かない(笑)。

 というのも、走行中、想定はしていたが、ウインドーが曇り出す。ヒーターは稼働しているものの、すべてのコックピットドリルを学習するまでもなく出発したため、しかも4点式ががっちりハマっているため、くわえて最近特に酷い老眼もプラスして、曇りを解消する方法に戸惑った。
このクルマが与えれくれる刺激は感動もの。もうこれは完全にアメ車だと断言していいと思う。
インテリアは比較的ノーマルに準じる状態が維持されていた。シンプルかつ機能性に溢れたコックピットといった感じ。
それでいて、こうしたメカニカルな雰囲気で満たされているからたまらない。現状、メーターの8割が稼働していた。
V8エンジンに組み合わされる3速ATは、CJシリーズ初のオートマチックミッションでもあった。
レザーのバケットシートに4点式のハーネス。ちょっと大げさかと思いきや慣れればかなり快適だった。ちなみに乗り降りも慣れるまでは大変だった。
フロントウインドー下部のダッシュボードの幅がほとんどないのがわかる。
センターコンソールにあるメーター類。視線の先に、もしくはフロントの視界の中にメーター類がほとんど見えないから、最初は違和感だらけだった(笑)。

小一時間も走れば完全なる虜に

 が、少々走って徐々に慣れると、人がなぜラングラーにV8を望むのか、がわかったような気がする。とにかく刺激的だ。野太く、低音で腹にまで響く独特のV8サウンド、旧マッスルカーと同じような感触やニオイ。だが、その走りは全く異なる。まるで背の高いカートのような俊敏さ。これほど軽快に走るV8搭載モデルがあっただろうか。

 いやステアリング自体には若干遊びがあるが、普段乗り慣れているアメ車の感じとは全然違うから、乗っていて非常に面白い。

 搭載される5リッターV8エンジンは、当時で126hp程度と言われているからそれほどの大パワーではないが、車重が1200キロ台というから、「まあまあ速い」。

 この車両のデビュー当時では「かなり速い」部類だったらしいが、現代の交通事情ではたかが知れている。が、それでもV8エンジン特有の刺激が、この小柄なマシンを何十倍にも魅力的に輝かせる。

 ショップから取材場所に向かう道すがら、現行型ラングラーとすれ違った。恐く向こうはまったく気にもとめていないだろうが、コチラは曇る窓ガラスを拭きながらも、溢れんばかりの優越感に浸っていた。そう、小一時間も乗れば完全なる虜であった。

 本来なら完全なるフルオープンで楽しむものなのかもしれないが、ソフトトップをしても十分に楽しいし、エイブルではサードカマロで有名だが、一方でカイザー、イーグル、ワゴニア等の旧ジープ車両を扱っており、そうした利点を生かした仕上げによって生き返ること間違いない。

 V8エンジン搭載のCJ-7は、旧アメ車系マッスルカーや現代のジープしか知らない方には、まるで異文化交流のような素敵な体験を与えてくれるのである。

試乗記一覧に戻る エイブルに戻る

BUBU光岡自動車 BCDウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車

アメ車検索

アメ車検索詳細

twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.