REGULAR ARTICLES

[連載]

C7ベースに登場するヘネシーチューンの序章

ヘネシーC7コルベット HPE500 (HENNESSEY CORVETTE HPE500)

「ノーマル比+47hp」の最新パフォーマンスとは?

最新C7コルベットをベースにチューンされたヘネシーパフォーマンスHPE500。ノーマルC7コルベットに乗った後にこのクルマに乗ると、明らかに異なる良質なフィーリングに驚くはずである。

更新日:2014.04.21

文/椙内洋輔 写真/椙内洋輔

取材協力/Hennessy Performance Japan TEL 052-409-9990 [ホームページ]
     ASDN TEL 052-408-0620 [ホームページ] [詳細情報]

C7に乗らずしてHPE500の良さは分からない

 このヘネシーチューンのC7コルベットHPE500は、今年の東京オートサロンに出展されていたから、ご記憶の方も多いと思う。本来ならもう少し前に試乗することも可能だったが、ノーマルのC7に乗ってもいないのに迂闊な発言はできないと思い、あえてここまで引っ張った経緯があった。
 
 だが現在、すでに4度ほど最新のC7に乗ったおかげで、少なくともその違いは語ることが可能だろう。ということで、早速ヘネシーチューンのHPE500に乗ってみた。

 C7は、これまでのコルベットでは感じられないほど、ステアリングが軽く、だがそこから得られるインフォメーションは明確かつガッチリしたものであり、いわゆるハンドリングマシンと言えるほどスポーツ度の高いマシンである。少なくとも、これまでのコルベットでは感じられないほどキビキビ走り、走りの質感で言えば3倍くらい良くなっていると言えるだろう。

 さらにコーナリング性能も高く、車重が軽く、だからこそたとえば走り慣れた道を同じように走ってみると、まったく別の感覚に襲われることになる。コーナーからコーナーへの距離感が別物のように短く感じられ、しかも格段に速い。それは瞬発力が高まり、コーナリング速度が一段と速くなっていることによるものだが、とにかく「踏める」のである。
 
 印象的な一例をあげれば、旧C6ではコーナリング中に道路の継ぎ目とかにおける遺物を越えるたびに、リアのグリップが抜けそうな感覚になり、一瞬ドキッとすることが多々あったが、C7にはまったく起きない。シャシーが完璧に機能し余裕を持っていなしているのと同時に、タイヤのグリップを最大限使いこなせるように足がシッカリ動いているからこそ、べらぼうな旋回スピードを実現するのである。まるでミッドシップとは言わないが、FRにして「よくぞここまで」と思えるほどのリアの踏ん張りである。

足元には高級鍛造ホイールHREを装着。シリーズP1「P101」をベースに鮮やかなブルーのカスタムカラーでペイントしている。サイズは19×9.0J、リア20×10.5Jとなる。

取材車両のボンネットフードにはつや消しホワイトのラッピングが施されている。これは異なる素材であえてホワイトを演出したということである。

基本的なチューニングはパワーアップに基づいたものであり、インテリア等はノーマルC7Z51のままである。だが最新コルベットのインテリアも、旧モデル比で10倍くらい質感が上がっている感じである。

シャシーはオリジナルのC7Z51のままであっても、十分に対応できるほど、余ある余力を残していたZ51。このHPE500をもって、「旧Z06を確実に越えている」と断言できるだろう。

明らかに変わるフィーリング

 そうしたコルベットC7をベースにチューンされたHPE500。このベースとなるのはC7 Z51である。Z51は、ノーマルモデルから一段と大径化されたタイヤ&ホイール、そしてブレーキシステムとマグネティックライド・サスペンション、そしてエンジンは吸排気系による若干のパワーアップとドライサンプ化による低重心化、ミッションクーラーの増設や電子制御LSDの追加など、そのままでもサーキット走行が可能なほどの対策が組み込まれているモデル。ギア比も7段MTではロー&クロス側に、6段ATでもファイナルがロー側に変更されるなど、Z51はノーマルでもかなりの状態だ。

 メーカー側もC7の試乗会において、「C7 Z51のパフォーマンスは、ノーマルで旧Z06を超えている」ということをしきりにアピールしていたほどだ。たしかに「それだけのパフォーマンスを示していた」と感じる一方で、エンジンのみのパフォーマンス比較では「どうだろう???」という部分は正直あった。あの旧Z06の7リッターエンジンの鼓動やフィールに勝っているのか?
 
 だが、このHPE500に乗ってみて、「これは明らかに旧Z06を超えている」と感じることができる。パワー数値507hp、最大トルク518lb-ftという数字だけではなく、フィーリングが明らかに別物である。プラス47hpのパワーもありがたいが、個人的にはこの軽やかなフィーリングこそ、HPE500の真骨頂であろうと思う。

 このHPE500には、主に吸排気系のチューニングが行われており、具体的にはロングチューブステンレススチールヘダースやステンレススチールミッドチューブを組み込み、それにヘネシーお得意のコンピューターセッティングを行い、ノーマルから一段と軽やかになった、しかも中低速で厚みの増したトルク感を実感させるエンジンフィーリングに生まれ変わったのである。

 C7コルベットは、ベースが格段に良くなっていることもあり、ノーマルモデルでも手の付けようがないほどの速さである。HPE500では、それにプラスして、あの7リッターV8を搭載した旧Z06を凌駕するV8フィーリングが手に入る。C7の持つマージン部分をうまく引き出したHPE500は、C7のライトチューンとして最適な1台だろう。

エンジンはC7コルベットのストックにHPE500の各種パーツを組み込んで507hp。主に吸排気系チューンをベースにヘネシーパフォーマンスが得意とするエンジンのコンピューターセッティング(キャリブレーションという)を行っている。ストック比で47hpアップとなる。ちなみにC7ベースではHPE600、HPE700、HPE800、HPE1000(ツインターボ装着)までがラインナップしているという。

まったくの余談になるが、C7の各種装備は、こうしたチューニングを受けた車両においても、ノーマルパーツで十分に対応できるだけの素地をノーマル時点で持っているのだから凄まじい。シートの出来も最高パーツの一つだ。

ロングチューブステンレススチールヘダース、ステンレススチールミッドチューブを使用しているが、マフラーエンド部分はノーマルを使用している。「これでも十分なトルクが得られるという」テストにて得た結果によるものだ。すなわちノーマルマフラーの出来がいいとも言えるだろう。

旧Z06に搭載されていたエンジンは、7リッターV8LS7エンジン。505hp、最大トルク470lb-ftを発生させたが、このHPE500では明らかにこの旧Z06を凌駕したと言っていい。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

フォード・マスタング・シェルビーGT500 HPE650

REGULAR ARTICLES

Hennessy Performance Japan

Hennessey PerformanceとASDNのコラボが決定!

NEWS & INFORMATION

Hennessy Performance Japan

Hennessey Performance 箱根ターンパイク体感イベント開催決定!

REGULAR ARTICLES

Hennessy Performance Japan

ヘネシーパフォーマンス in 岡山国際サーキット

REGULAR ARTICLES

Hennessy Performance Japan

ヘネシーC7コルベット HPE500 (HENNESSEY CORVETTE HPE500)

REGULAR ARTICLES

Hennessy Performance Japan

ヘネシー・パフォーマンス (Hennessey performance)

REGULAR ARTICLES

Hennessy Performance Japan

ARCHIVES

[アーカイブス]

ARCHIVES

[アーカイブス]

第12回 ぐんま輸入車フェア in ビエント高崎

REGULAR ARTICLES

BUBU光岡グループ

nextcruiser(ネクストクルーザー)試乗リポート

REGULAR ARTICLES

車楽 (ACデルコ西多摩サービスセンター)

フォード車を診るスキャナー診断

SPECIAL ARTICLES

BUBU / ミツオカ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

1992 GMC サイクロン

レーストラック

ジャパンレーストラックトレンズ

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ