AMESHA-WORLD
HOME > 連載 > ハーレーダビッドソン|HARLEY-DAVIDSON > 2017 ハーレーダビッドソン ストリートボブ(HARLEY-DAVIDSON STREET BOB®) 後編
連載 REGULAR ARTICLES 2017 ハーレーダビッドソン ストリートボブ(HARLEY-DAVIDSON STREET BOB®) 後編ストリートボブならではのクラシカルなスタイルに酔いしれる

2017 ハーレーダビッドソン ストリートボブ(HARLEY-DAVIDSON STREET BOB®) 後編

カスタムベースとしても人気のハーレー

ストリートボブはエイプハンガーと呼ばれる高さのあるハンドルが特徴となるが、それ以外には余分なものは装着されておらず、フェンダーもカットされたシンプルな外観となり、クラシカルな雰囲気を漂わせるハーレーでもある。

更新日:2017.05.31文/山下博央(Yamashita Hirohisa) 写真/佐藤安孝(Burner Images)

取材協力

ハーレーダビッドソン尾張清須
TEL 052-409-8055 [ホームページ] [詳細情報]

ストリートボムの抜群の走行性能を体感

 ストリートボブの外観上の特徴ともなるミニエイプハンドルは、一般的なバイクと比べれば高い位置に設定されているが、もちろん苦になる高さではない。
 ロー&ロングのスタイルのためシート高は低く足着き性も良く、ミッドコントロールでステップやペダルまでの距離もそれほど遠くはなく、ライディングポジションは比較的ゆったりとした印象となる。
 正直なところ、試乗前には「ハンドルが高いので曲がりにくいのでは?」と内心思っていたのだが、コーナーを曲がる時などはその高さもそれほど気になることもなく、スムーズにコーナーをクリアしていくことが可能だった。

 車体重量の軽さもあり、Twin Cam 103™エンジンが発生するトルクで鋭い加速を見せることもでき、意外とスポーティーな走りも楽しめそうな勢いを感じる。
 ギアは6速ギアを搭載しているため、高速走行時も6速で低回転でのクルージングは楽しめるだろうし、車線変更する際などは5速にシフトダウンして加速すれば、ハーレーとは思えないような鋭い加速を披露することもできるだろう。
 ただ、コーナリング中に大きくアクセルを開けると、車重が軽いためリアタイヤがスライドしそうなぐらいのトルクがあるのでその辺は注意が必要だ。

 走行エイプハンドルで独特のライディングスタイルとなるストリートボブ。ストリートボブでは映画のワンシーンのように荒野を颯爽と駆け抜けるような走りを楽しんでみてはいかがだろうか?

>>2017 ハーレーダビッドソン ストリートボブ(HARLEY-DAVIDSON STREET BOB®)試乗レポート 前編
ミニエイプハンガーがアイコンとなるストリートボブ。前後にスポークホイールを採用したクラシカルな外観が特長であり、ずっと見ていても見飽きないシンプルなスタイルとなっている。
クラシックなスタイルのタンク横には、勲章のようにあしらわれたメダリオンが誇らしげに飾られている。
フロントタイヤは19インチを採用し、直進安定性に優れるが、コーナリング性能も高くワインディングの走行も楽しめるだろう。ブレーキはシングルディスクとなる。
リアショックは調節可能なツインリアショックが採用されており、ライディングスタイルに合わせてスパナレンチでプリロード調節が可能。

連載一覧に戻る ハーレーダビッドソン|HARLEY-DAVIDSONに戻る

日本カリフォルニアカスタム サンシェードQUAD DRIVE(クワッドドライブ)DODGE MAGNUM by KIBAマグナフローマフラー
株式会社アイダックデザインオートクロス アメ車走行会BUBU Knowledge!WEST CLUB/ウエストクラブ
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.