TEST RIDE

[試乗記]

もはやV8の存在を気にする必要はない

フォードマスタング V6 (FORD MUSTANG V6)

ASDNでは理想のV6モデルが手に入る

現代のV6エンジン搭載車は、かつてのアメ車のような「安物」ではない。さらにV8と同時に乗り比べてみなければその差を表現するのは難しいほど、パワフルかつスポーティなのである。

更新日:2013.03.11

文/椙内洋輔 写真/茂呂幸正

取材協力/ASDN公式ホームページ TEL 052-408-0620 [ホームページ] [詳細情報]

旧型比において、まるで「別物」に進化

 まず前提として、買えるなら絶対にV8を手に入れるべきである。もはやこれは絶対的な真理であると言ってもいい。だが、事情あってどうしてもV8が買えないというのなら、V6も当然視野に入れるべきである。
 というのも、現代のV6モデルは、それがカマロであれチャレンジャーであれマスタングであれ、昔のような廉価版、下位グレードモデルというような安っぽさを全面に押し出したモデルでは一切なく、あらゆる装備が充実した立派なバリエーションとして君臨しているからである。

 数日前のエントリーで、本誌石山が現行初期型のV6マスタングの試乗記を書いていたが、たしかに初期のV6モデルはファンである。
 それはマスタングとしてではなく、1台のFRスポーツカーとして見てもかなりいい。ハンドリングやブレーキングなどのバランスが絶妙で、コーナーでテールを流しても非常に素直。FR初心者でも意外なほど扱い安いだろう。
 もちろん、あのパワーだからそのままドリフト状態を維持してコーナーを脱するなんてことはできないが、あのボディ、あの大きさの割には非常に楽しいコーナリングマシンである。

 こういった評価を個人的にも持っている初期型マスタングなのだが、今回2013年型のV6モデルに乗ってみると、クルマ自体の良さに驚き、今の時代の進化の速さを改めて感じさせられたのであった。

 正直、別物である。少なくとも、クルマから直接感じられるあらゆる性能部分において同じV6モデルとは思えないほど進化している。ざっと見積もって初期型比で145%は向上しているのだ! つまり、約1.5倍良くなっているということは、クルマの半分が変わってしまっているということか。

 たとえば、加速。初期型の4リッターV6は210hpというパワー数値だったが、2013年型では3.7リッターV6と排気量を下げているにもかかわらず(2011年から搭載)305hpを発生させる。この数値、なんと初期型V8モデルと同じ馬力である。つまり、それほどの進化をがもたらされているということだ。

 しかもこのV6、初期型と同様に音質チューニングがなされているのか、結構ワイルドに吼える。だからこそ積極的にアクセル踏んで走らせたくなるし、そうやって走るとかなり速い。

搭載されるエンジンは、3.7リッターV6DOHC。可変バルブタイミング機構を備えるなどで305hp、最大トルク280lb-ftを発生させる。旧モデル比で145%の出力向上となり、その差は圧倒的である。

インテリアは、初期型のような遊び心に溢れたものではなくなているが、モデルチェンジを繰り返すたびに各部の質感は高くなり、完成度も高まっている。

5速ATから6速ATに変わっている。またシフトレバーについたボタン操作による「+−」の変速も可能となり、走りの性能は飛躍的に向上している。ATでも不満を感じることはないが、MTの気持ち良さは格別なため、購入時に迷う可能性は高い。

そろそろモデルチェンジとの噂が各方面で見られるが、確実に言えるのが、この復刻デザインのマスタングはこのモデルで最後となる。

ASDNはV6モデルもフルラインナップ

 エンジンだけじゃなく、基本骨格も含めあらゆる部分がそのパワー増大分、良くなっている。ボディの剛性も高く、ハンドリングが鋭くなり、ブレーキング性能も向上。たった2時間程度の取材撮影だったが、その間に不満を抱く箇所はひとつもなかった。

 このマスタングを販売しているASDNは、V6に関してもパッケージモデルやオプション装備を含め、ほぼフルラインナップを敷いているために、「シンプルなV6」といった昔の認識に捕われることなく、理想のV6マシンを手に入れることが可能である。

 たとえばAT、MT問わず購入可能だし(MTだと一層楽しい気がする)、センターストライプを入れたり、ホイールをセレクトしたり、もしくはジャパンオリジナルのパッケージモデルとして発売されている「SS コブラパッケージ」なる特別仕様を手に入れたりすることもできるのである。

 ちなみに、現行マスタングのリアテールは、シーケンシャルリアテールと言われており、US仕様のままでは日本の車検を通すことができないのであるが、ASDNのマスタングは独自にリアテールに改良を施し、US仕様のままの状態で車検を通すことが可能となっている。いわゆる「こだわり」というやつである。

 余談だが、日本フォードの正規モデルは、日本の法規に合わせたやつに改善されている。

 300hpオーバーといえども、闇雲にパワーアップされただけでなく、車輌全体がその馬力向上と共に進化していることが確実にうかがえる2013年モデル。もはやV6とV8を同時に乗り比べてみなければ、その差を書き記すことは不可能なほど、V6の出来はイイ。

 これなら、「絶対にV8じゃなきゃ嫌」、という方以外は積極的にV6を選んでも良いのではないだろうか。

このV6は「プレミアム」をベースにした「ポニーパッケージ」となるため、シート表皮が上質なものに変わっている。

上記同様、18インチホイールが標準で装備されている。

シーケンシャルリアテールは、3分割されたライトが内から外に向けて点滅するようになっているが、それは日本の法規に合わないということで、ASDNは独自にリアテールを改良し、US仕様のままの状態で車検を通すことが可能となっている。

このV6をベースにサリーン仕様やBOSS仕様にする等、手を加えるのも楽しみのひとつとなるだろう。

RELATED

[関連記事]

2018 フォードマスタング GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2020 フォードマスタング GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

1968 フォードマスタング

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2011 フォードマスタング GT コンバーチブル

TEST RIDE

BUBU光岡グループ

SHOP

[同店舗記事]

1965 シェルビーコブラ 427 S/C CSX4000

SPECIAL ARTICLES

ASDN公式ホームページ

フォード マスタング GT500E エレノア (FORD MUSTANG GT500E ELEANOR)

REGULAR ARTICLES

ASDN公式ホームページ

フォードマスタング ロナール 700R (FORD MUSTANG RONAELE 700R)

REGULAR ARTICLES

ASDN公式ホームページ

トヨタタンドラ SS PKG (TOYOTA TUNDRA SS PKG)

REGULAR ARTICLES

ASDN公式ホームページ

フォード シェルビーGT500 (SHELBY GT500)

TEST RIDE

ASDN公式ホームページ

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ