AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > フォード > 2020 フォードエクスプローラーST
試乗記 TEST RIDE 2020 フォードエクスプローラーST旧「スポーツ」に変わる400hpのSUV

2020 フォードエクスプローラーST

新型エクスプローラーのトップモデル

新型エクスプローラーの本国発売が間近である。そのトップモデル「ST」とは。

更新日:2019.05.16文/椙内洋輔 写真/フォードモーター


圧倒的パフォーマンスを果たした「ST」。「ST」はFRベースの四輪駆動のみであり、400hpのパワーを強烈なトラクションで受け止める。

ダウンサイジング&パフォーマンスアップ

 旧モデルのトップモデル「スポーツ」は3.5リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、350hp、最大トルク350lb-ftを発生させていた。が、新型エクスプローラーのトップモデルはスポーツとは呼ばずに「ST」に様変わりする。

 そして搭載エンジンは、3リッターのV6ツインターボエンジン。これまたダウンサイジングである。

 そのエンジンパフォーマンスは、400hp、最大トルク415lb-ftを発生させ、スポーツモード付きの10速ATと組み合わされる。トップスピードは143マイル(約230km/h)というのだから驚いてしまう。

 「ST」のボディは、ブラックのメッシュグリルを特徴とし、21インチホイールや大径ブレーキ等のハイパフォーマンスパーツが奢られる。見るからにタイヤサイズの大きさ伝わってくる。シャシーは、四輪駆動のみであり、400hpのパワーを全身で受け止める。

 また、「ST」にはスポーツモードが装備され、センターコンソールのドライブモードをチョイスすれば、ステアリングシステムからアクセルモード、ギアの変速に至るまで変化し、ダイレクトなスポーツが体感できるという。

 一方室内は、12.3インチのオールデジタルクラスターが標準で装備され、「ST」ロゴ入りのシート等、質感の高さはノーマルのエクスプローラーに準じる。その他安全装備等も同様である。

 エクスプローラー史上、最強モデルとなった「ST」は、ダッジデュランゴやグランドチェロキーSRTといったV8エンジン搭載モデルに、3リッターV6ツインターボで挑むことになる。

試乗記一覧に戻る フォードに戻る

BUBU光岡自動車 BCD日本カリフォルニアカスタム ルーフバイザーウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車
twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.