REGULAR ARTICLES

[連載]

独自加工でリフトアップされたオフロード・クルーザー

ダッジ ラムバン のリフトアップ

DODGE RAM VAN

一般使用での実用性を重視しつつも、個性的なリフトアップが施されたダッジ・ラムバン。リフトアップキットとしての汎用品が無いなか、手作りに近い足回り製作は、カスタム職人ならではの逸品である。

更新日:2011.03.30

文/編集部 写真/編集部

取材協力/ジャパンレーストラックトレンズ TEL 03-5661-3836 [ホームページ]
     ファイティングラム TEL 03-5661-3836 [ホームページ]

カスタムの自由度が高いアメ車

 例えばドイツ車なら「ブランド品エアロを装着する→最新パーツを取り入れる→高価なチューナーパーツが一番偉い」そんな流れが予想できる。つまり、カスタムショップは、プロデュース的な仕事がメインになる。

 だがアメ車の場合はプロデュースに留まらず製作まで手がけられる職人が多いから、そういうショップを探せば思い描いたカスタムカーを、それこそプラモデルのように作り上げることが可能である。時にパーツがなければ作ればいいし、職人によっては互換性のあるパーツ情報も豊富だから、「こうしたい」と思うことがそのまま具現化できるのである。そういう意味ではドイツ車なら、同じカスタムカーが隣に並ぶことが多々あるが、アメ車のカスタムカーにはそれがない。自由度が高いから前例のないもがどんどん産まれるのである。

 ラムバンにおいては、低くローダウンされた個体がよく見受けられるが、この車両はリフトアップ車。あくまで一般使用を重要視しているので見た目的には派手ではないが、滅多に見ないリフトアップだけに存在自体が個性的である。

乗降性を考えてステップチューブを取り付けた。ラムバン用の汎用品はないから他車からの加工取り付けである。またオーバーフェンダーもオリジナル品である。

マフラーは出口のみ市販品だが、それ以前はワンオフで製作されている。らしさ満点のエキゾーストノートである。

リフトアップ+オフロードということで、タイヤ&ホイールもそれに伴った物をチョイス。オフロードクルーザー的なラムバンとしてよく似合っている。

フロント、リアともに3インチアップ。過去の経験値を生かしリフトアップキットを加工製作している。一見、ノーマル車高っぽい感じもあり、見た目よりも実用性を意識したことが分かる。

ありそうで無い、リフトアップ

 ベースとなっているラムバンは、97年型5.2リッターV8エンジンを搭載したショートボディ。アメ車が好きで、サーフィンが好きなオーナーが手に入れたラムバンである。ほぼノーマルで数年過ごした後、気分転換と共にこれまでの使用経験を生かした実用的な衣替えを模索したのである。

 カスタムの主要ポイントは2つ。ひとつはリフトアップ。そしてもうひとつがボディカラーである。

 リフトアップは、オーナーの使用目的から導き出された実用的なカスタムであり、また既製パーツが存在しないためにオリジナルの度合いが高いという満足感が得られる。前後3インチアップされた足回りには、某車両のキットに独自加工を施し、カヤバのショック(ストローク長め)と組み合わせることで調整し、またLSDを入れることで2WDオフローダーとしての動力性能を確保している。大型タイヤ装着時独特のステアリングのふらつきをステアリング・スタビライザーにて解消し安定度を増すなど、操縦安定性の確保にも抜かりはない。

 一方ボディカラーは、リフトアップをしつつも走る楽しさを忘れないという基本路線から提案さたもの。ダッジといえば原色。原色といえば往年のモパーカラーといった流れである。有名どころで言えば、グリーン、イエロー、オレンジ、ピンク、パープルであるが、その中からオーナー自らがオレンジをチョイス。これにより地味なイメージのあるダッジバンに一転して華やかさが加わったのである。

ダッジといえば原色。モパーオレンジがよく似合っている。グリルの隙間などはグレーで統一されている。

レーストラックが展開しているファイティングラムというオリジナルブランドのステッカー。ラムバンに関するパーツも豊富扱われている。

フロントには、大型タイヤ装着時のステアリングのふらつきを解消するために、ステアリングスタビライザーを装着している。一方リアは互換性パーツを駆使してリフトアップしている。

 エンジン自体はノーマルというが、マフラーから奏でられる小気味良いV8サウンドとともに見慣れない視界の高さもあいまって、ドライバーはバンを運転しているような感じではまったくない。実際にはバンであるのだが、衣替えを希望したオーナーさんなら余計にその違いに気付き満足感が高いはずである。

 実際に試乗してみたが、高くなった車高にもかかわらず不安定さは微塵も感じさせず、乗り心地の悪化を最低限の範囲でとどめているのは見識である。そして慣性重量の増加で不安定になりがちなブレーキに関してもパッドとスリット入りローターで強化を図っているから、心置きなくアクセルが踏める。

 見た目はいかにも普通に存在するかのごとくまとまりがよいし、だからといってありがちなラムバンカスタムでもない。そういった意味でもこのラムバンは、カスタムの自由度を広げる工夫満載が満載であり、カスタムショップの意地みたいなものが充満した1台なのである。

オーナーさんはサーフィンを趣味としているらしく、そのためにもリフトアップが相応しいのでは? という流れになった。

高くなった車高にもかかわらず、ドライバーはネガティブな要素を感じない。逆に悪路に踏み入れられる利点が増えた。

一見するとオシャレ系なリフトアップにも見えるが、ボディカラーや全体の雰囲気からは「走り」を感じさせる。

RELATED

[関連記事]

ダッジ デュランゴ ACR

REGULAR ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

2022 ダッジデュランゴ GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2024 ダッジデュランゴSRT392 AlcHEMI

NEWS & INFORMATION

2022 ダッジ チャレンジャー GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

SHOP

[同店舗記事]

1997 シボレータホ 2ドア

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

ダッジ デュランゴ ACR

REGULAR ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

ヘダース交換のススメ

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2003 ダッジラムトラック

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

1986 シボレーK5ブレイザー

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2003 ダッジ ダコタ R/T plus

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

ARCHIVES

[アーカイブス]

ARCHIVES

[アーカイブス]

2015 キャデラック エスカレード ESV プラチナム

TEST RIDE

BUBU光岡グループ

1985 GMC ジミー

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2022 ダッジデュランゴ GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

フォード サンダーバード

SPECIAL ARTICLES

ハーレー好きな人求む!

REGULAR ARTICLES

ハーレーダビッドソン尾張清須

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

シボレーHHRLT
シボレーHHRLT

価格応相談

年式:2011年

走行距離:39,672km

ガレージダイバン

フォードマスタングGTプレミアム
フォードマスタングGTプレミアム

価格応相談

年式:2008年

走行距離:50,877km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ
AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ

16,176

PERFORMANCE

6DEGREES

AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー
AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー

29,733

ELECTLICAL

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談
支払総額30万円

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ