SPECIAL ARTICLES

[特集]

お買い得感満点のBUBU MITSUOKA オリジナルパッケージ

シボレー・キャプティバ・ストリート・エディション vol.1

マッチペイント&ホイールペイントでイメージチェンジ!

シボレー・キャプティバというのは、実は隠れた名車ではないかと思っている。事実、キャプティバというクルマは、ディーラーのセールスマンや自動車ライターといったクルマのプロに頗る評判が良い。GM系のSUVとしては、かつてのトレイルブレイザーもそんなクルマだったが、取り立てて強調すべきポイントのないごく普通のSUVに見えて、クルマとしての根幹部分が実に真面目に設計されている。地味だけと味わい深い。便利な道具として長く付合える。そんなキャプティバのオリジナル・パッケージ車を紹介したいと思う。

更新日:2014.02.27

文/田中享(Tanaka Susumu) 写真/兵藤冬樹(Hyodo Fuyuki)

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL  [ホームページ] [詳細情報]
     シボレーさいたま南 TEL 048-710-6226 [ホームページ] [詳細情報]

キャプティバに対する先入観と実車のギャップ

 実は筆者はシボレー・キャプティバについてかなりの好印象を持っている。もう2年以上も前の話になるのだが、キャプティバが日本で発売され始めた頃、GMの広報車を一週間ほど借りた事があるのだが、その時の使い勝手が非常に良かったからだ。

 正直に言うと、日本発売前のキャプティバに対する筆者のイメージはあまり良いものではなかった。良くも悪くもアメ車ファンの中にあるステレオタイプの『アメリカンSUV』とは掛け離れたミッドサイズSUV(心情的には小型と言っていいサイズ)。それまでのGMのトラック&SUVのスタイルの流れを一切感じさせない、どこかパンダやコアラを連想させる丸くて可愛らしい外観。2.4リッター直4ユニット(つまりは小排気量)。小さい割に室内は3列シート。等等。
「新世代のクロスオーバーなんて言ったって、所詮はボータイマークが付いてるというだけの韓国車でしょ?」というのが筆者のキャプティバに対する先入観だったのである。

 しかし、GMの発表会でチョイ乗りした時に「あれ?思ったより悪くないな」と感じ、その後に確認のために一週間ほど借りた際には「これ、やっぱ良いわ。良く出来てる。というか、使える」と、180度評価が変わってしまったのだ。

4690×1850×1790mm、1830kgというボディサイズは国産SUVと比較してもそれほど大きくはない。

伝統的なシェビーのトラック&SUVとは路線の異なるデザインとコンパクトなボディに対しては、デビュー当初こそ違和感を感じたが…

至って普通。実はそれこそが良い道具のポイント?

 かつて筆者が一週間に渡ってキャプティバの広報車を乗り回した際の感想は以下の通り。
 アメ車にしてはコンパクトなボディは取り回しが楽だし駐車場所で苦労する事もない。車内空間は特別広いわけではないが、かといって狭いということはない。フル乗車で長時間はキツいかもしれないが、大人4人+荷物を積んで長時間移動しても全く問題ない程度の空間は十分に確保出来ている。2.4リッターの直4ユニットはスペック以上にトルクフルで気持ち良く回るし燃費も悪くない。ステアリングの入力に対しての挙動が実に素直で、直進安定性もコーナリング性能も良好。乗り心地はやや固めだが、決して固過ぎるという事はなし、長時間乗車してもお尻が痛くなるようなことはない。

 特筆すべき点はないが、その代わりに明らかな減点材料もない。全てが普通。しかし、だからこそドライバーに余計な気を使わせないというか、とにかく乗っていて楽。「TPOを選ばないし生活の足としては最高かも?」というのが、広報車を一週間借りて500kmほど乗った際の筆者の正直なキャプティバ評であり、試乗前に抱いていたイメージが、ただの食わず嫌いだった事を痛感した記憶がある。
 キャプティバというのは、筆者に「クルマというのは実際に乗るまでは本当の姿は分からない」という当たり前の事を再認識させてくれたクルマであり、それだけに強く印象に残っているのである。

 第一印象と使用後のギャップが強烈で、筆者の印象に強く残っているキャプティバだが、昨年の4月にマイナーチェンジを受けて以降のモデルにはきちんと乗る機会がなかったので、今回の取材が決まってからは、色んな意味で期待をしていた。果たして今乗っても良いと思うのか? それほどでもないのか?。

 スペックや見た目は本当に『普通』のクルマであるキャプティバだが、例えばコルベットのZR1やSRTバイパーといった超高性能車に乗る前とは全く異なる期待感を持って臨んだ取材だったのである。

シボレー・キャプティバ・ストリート・エディション vol.2へ

ドライバーシートは大きくもなく小さくもなく。サポート性は普通。座り心地はやや固めだが、足回りがしっかりしているのでバランスは悪くない。パワーシートはGM車らしく使い勝手が良く、簡単にポジショニング出来る。

セカンドシートは3人乗車だと横がやや狭いが、2名乗車ならゆとりは十分。リクライニング機能も付いている。特筆すべきは足下のスペースで、この足下の広さはクラス随一だと思う。

サードシートは意外に座れる。段差が低いために足を伸ばす形で座ることになるが、頭上スペースはしっかり確保されている。ただし、大柄な人の乗降は少し大変。

最高出力167ps/5600rpm、最大トルク23.4kg-m/4600rpmを発揮する2.4リッター直4DOHCのエコテックエンジン。スペック的には普通だが、実際に乗ってみると意外なほどトルクフル。

ミッドサイズボディに3列シートという組合せは、一回り以上大きなキャデラックSRXクロスオーバーが2列シートで5人乗りである事を考えると、窮屈なイメージだが、実際に乗ると車内空は意外なほど広い。

ラゲッジスペースは3列シート使用時は狭いが、サードシートを倒してしまえば十分に広い。セカンドシートまで倒せばステーションワゴン以上のスペースが確保出来る。

RELATED

[関連記事]

2016 キャデラックエスカレード vol.1

TEST RIDE

ブルート

2013 シボレーカマロ LTRS vol.1

TEST RIDE

BUBU光岡グループ

BUBU宇都宮ショールーム vol.1

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

1985 GMC ジミー

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

2016 トヨタタンドラ SR5

TEST RIDE

ナッツモーターカンパニー

フォード フォーカスST (FORD FOCUS ST)

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

GMジャパン、キャデラックのラインナップ発表

NEWS & INFORMATION

キャデラック公式ホームページ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

1992 GMC サイクロン

レーストラック

ジャパンレーストラックトレンズ

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ