SPECIAL ARTICLES

[特集]

クルマを走らせると素敵な瞬間に出会える

マスタング GT コンバーチブルで行く、女子ひとり旅

Mustang V8 GT Convertible Premium

日本中をアメ車で旅する企画。第一回目はマスタング・コンバーチブルを引き連れて、女性ライター・まるも亜希子さんが行き先のない旅へ出発。走り慣れた東名高速に乗り向った先は一体どこ? 

更新日:2011.05.06

文/まるも亜希子 写真/奥村純一

取材協力/フォード・ジャパン・リミテッド TEL 0120-125-175 [ホームページ]

マスタングに身をあずけ東名高速を西へ西へ

 日曜日、朝7時の海老名サービスエリアはすでに、家族連れのミニバンや観光バスで埋め尽くされようとしている。
 今日、私はひとりだった。もう数週間ほども、仕事ばかりに没頭する日々が続いていた。そろそろ限界だと、心が悲鳴をあげていたのかもしれない。真っ黒に見えたスケジュール帳の中で、ここだけが白く浮かびあがり、私にチャンスをくれたのだった。連れ出したのは、マスタングV8GTコンバーチブル・プレミアム。我ながらグッドチョイスだったと、早くも心が躍っている。大きく開いたドアを閉めると、ゴールドのボディに朝陽がキラリと弾けていた。さぁ、私のドライブには定番の温かいカフェモカを手に入れたら、束の間のバカンスがはじまる。
 仕事で走り慣れた東名高速だけど、耳に届く音がちがうだけで、肌に伝わる振動がちがうだけで、こんなにも別世界になるものだろうか。近頃は偽善的な理屈と引き換えに、心奮わす音を失ったクルマが多い中で、この4.6リッターV8が奏でるサウンドはジンと深く染みる。力強いだけでなく、どこか優しさを含んだ音色が、ガチガチに凝った心をときほぐしてくれるようだ。私はあえて何も考えず、ただただマスタングに身をあずけ、西へ西へと風をきった。
 目的地はとくに決めていなかった。でも、そんなにガッツリとトリップメーターを延ばすつもりもなかった。そして、高速道路はそこそこに、一般道にを降りてからルーフを開けたいと思うのが、ささやかな女心。そろそろいい頃合いかな、というところにあるのが、浜名湖だ。よし、今日は心を癒すついでに、スタミナチャージもしてしまおう。そうヒラメイた私は、三ヶ日ICの出口でウインカーを光らせた。

まるも亜希子。1973年生まれ。千葉県船橋市出身。カーライフジャーナリストとして雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。

とくに行き先も決めず、東名高速を西へ走る。せっかくのコンバーチブルだけど、女心としては高速道路でオープンにするのはちょっとね(笑)

東名高速を三ヶ日インターで降り、半時計回りに浜名湖の周囲を走る。362号沿いのフェリー乗り場のパーキングにクルマを入れ、なんとなく浜名湖を眺めてみる。

コンバーチブルの気持ちいい速度感

 料金所を過ぎると、ちょっと先にすぐ大きなお土産屋さんがある。その駐車場にお邪魔して、まずはルーフ開閉スイッチに手を伸ばす。指先を動かすと、あっけないくらい一瞬で、私の身体は日差しを浴びた。そのままゆっくりとマスタングを走らせ、信号をひとつ曲がって、浜名湖を反時計まわりになぞりながら進む。松林の隙間から、キラキラとまぶしく輝く湖面が、私を歓迎してくれていた。
 そのまましばらくは、湖畔をめぐる50㎞/h制限の道。ふだんは鬱陶しく感じるこのスピードも、今日はなんだかしっくりくる。こんなにのんびりと流すなんて、いったいいつ以来だろうか。両手に伝わる、ステアリングのガッシリとした安心感。その先に、19インチのタイヤがしっかりと地面を捉えているという、存在感。前髪を揺らし、頬をなでてゆく優しい風。沿道の民家から、TVの音が聴こえてくるのはコンバーチブルのご愛嬌だ。鳥の鳴き声も、すれ違うトラックの排気ガスも、そのどれもが、眠っていた私の五感を少しずつ、目覚めさせてくれる気がする。
 ふと、右手にパームツリーが並ぶリゾートホテルが見えてきた。急ぐ旅じゃないし、ちょうど喉の渇きを感じていたところ。私は「浜名湖レークサイドプラザ」の文字を確認し、マスタングを滑り込ませてしばしの休息をあげることにする。
 本館らしき建物に入ってみると、中のカフェにも大きなパームツリーが何本も立っていて、ちょっとエキゾチックな雰囲気。フレッシュなマンゴージュースが、甘酸っぱい気分を運んでくる。敷地内にはチャペルやプライベートビーチ風のプール、カラオケバーやレストランが並んでいた。私は高い空に導かれるように、ビーチの方へと歩いてゆく。パッと目の前が開けた瞬間、浜名湖の雄大な広がりを臨み、手前には人工だけど可愛らしいビーチ。まわりは緑に囲まれて、白いテーブルとチェアが心地よさそうに置かれている。私は思わずパンプスを脱いで、素足をビーチに這わせた。思いのほか冷たい水を足先に感じて、背筋がピンと伸びる。なんだか頭のてっぺんまで、水が満ちてくるような気がした。

ルーフの開閉スイッチに手を伸ばし、マスタングの屋根を開け、「うーん」ど伸びをする。オープンルーフの開放感というのは、実際に自分で体験した人にしか分からないだろう。

『浜名湖レークサイドプラザ』にクルマを入れる。ホテルのカフェでフレッシュなマンゴージュースを飲んだり、人工のビーチを歩いたり、しばしの休憩。

様々な蜂蜜製品が製造販売されている『長坂養蜂場』に寄り道し、ローヤルゼリーをたっぷりと含んだドリンクを堪能。お土産まで買ってしまった。

老舗の鰻丼を食べて、目的地のない旅は終焉に向う

 再びマスタングへ乗り込み、さらに先へとV8を奏でた時に、目に入ったのは「長坂養蜂場」の看板と、絵本に出て来るようなホンワカしたお家だった。走り出したばかりなのに、ついつい吸い込まれてしまう私。天然のハチミツをはじめ、ジャムやジュース、パンなど蜂蜜製品がディスプレイされて、中庭では本物の蜂さんたちがせっせと蜜を運んでいる。癒しとスタミナを求める私が手を伸ばしたのは、女王蜂御用達、ローヤルゼリーをたっぷりと含んだドリンクだ。もう、手にしただけでキレイになった気がするから、女って現金な生き物。
 さて、時間はすっかりお昼をまわって、さすがに空腹感がつのってきた。ランチは絶対に鰻と決めている。お目当ての「うな丼」までは、浜名湖をあと半周しなくては。海に近い弁天島に、そのお店「山本亭」はある。お座敷に陣取り、まずは生シラスと海老の唐揚げ、ノンアルコールビールでホッとひと息ついた。そして香ばしい薫りを漂わせて、メインのうな丼が登場だ。ひと口含み、噛むごとにジュワッと旨味が広がってくる。本当に美味しいものに出会うと、人はどんな言葉もそれを表現できないと気づく。
 山本亭を出ると、高かった太陽は西に傾きはじめていた。マスタングに座ると、朝よりももっと、張りのあるレザーシートが身体に馴染んでいるのがわかる。心が、ふっくらと膨らみを取り戻したせいだろうか。国道1号をめがけて走る道々、いくつかの旅籠屋が昔の風情のまま残っていた。水色のジョウロを手に、マスタングを見て微笑むご主人。私は思わず、玄関先にお邪魔した。
「どこのクルマだい、こりゃ」とご主人。「アメリカの、フォードですよ」と私。「へぇぇ。これからどこ行くの」
 クルマを走らせると、世界がちがうものたちが交差する、ステキな瞬間に出会える。私がドライブを愛するのは、その瞬間のトキメキがあるから、かもしれない。マスタングとなら、そのトキメキはもっと大きく、もっとたくさんやってくる。そんな余韻に心地良さを覚えながら、私はまた、明日へと走ってゆく。

三ヶ日で降りたときからランチは鰻と決めていたが、『山本亭』の鰻丼は期待以上だった。それにしても、ノンアルコールビールの進化は嬉しい限り(笑)。静岡県浜松市西区舞阪町弁天島3221-10
TEL:053-592-2485
www.yamamototei.jp

2011年型マスタング V8 GTコンバーチブル
5リッター水冷V型8気筒DOHC
418ps/6,500rpm
53.9kg-m/4,250rpm
電子制御6速オートマチック
¥5,700,000(消費税込)

RELATED

[関連記事]

2021 フォード マスタング コンバーチブル

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

マスタング バッテリー交換の注意点

TEST RIDE

ABE CARS Tama Garage

2022 ダッジデュランゴ GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2022 ダッジ チャレンジャー GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

SHOP

[同店舗記事]

フォードクーガに最上級グレード追加

NEWS & INFORMATION

フォード・ジャパン・リミテッド

フォード エクスプローラー vol.2

SPECIAL ARTICLES

フォード・ジャパン・リミテッド

フォード エクスプローラー vol.1

SPECIAL ARTICLES

フォード・ジャパン・リミテッド

マスタング GT コンバーチブルで行く、女子ひとり旅

SPECIAL ARTICLES

フォード・ジャパン・リミテッド

北海道でアウトドアライフをもっと楽しむイベントを開催

NEWS & INFORMATION

フォード・ジャパン・リミテッド

限定30台のマスタング特別仕様車

NEWS & INFORMATION

フォード・ジャパン・リミテッド

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

1992 GMC サイクロン

レーストラック

ジャパンレーストラックトレンズ

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードマスタングエコブーストプレミアム
フォードマスタングエコブーストプレミアム

価格応相談

年式:2018年

走行距離:49,886km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツスポーツディーラー車
シボレータホスポーツスポーツディーラー車

298万円
支払総額340万円

年式:1997年

走行距離:83,613km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G
サバーバン、タホ、ユーコン 2014-2018y テスラスタイルナビ Android9搭載4G64G

183,250

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G
ハマー2カーナビ交換 2002-2009 9.6インチ大画面 Android9搭載4G64G

272,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ