SPECIAL ARTICLES

[特集]

オイルという概念を超越した革新的オイル

トライボダイン オイル フルラインナップ

もはやチューニングパーツといった領域に

アメ車業界のみならず自動車&バイク業界における認知度が格段に高まったトライボダイン。そのフルラインナップを見せていただいた。

更新日:2023.10.13

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/HPP TEL  [ホームページ]
     トライボダイン オンラインサイト TEL  [ホームページ]

オイルとして必要な性能以外を求められずに作られた

 例えば自分が乗っているアメ車に使用されているエンジンオイルやミッションオイルについてどのくらい知っているだろう?

 エンジンフードを開けるとエンジン本体にはオイル注入口があり、そのキャップ部分に「10W−30」と粘度指数が記載されているのは知っているかもしれない。が、そこに注入されているオイルはどこのブランドの何?

 筆者は、これまで百軒以上にも及ぶアメ車ショップを取材してきたが、それらショップで使用されているエンジンオイルはマチマチであった。様々なブランド名のオイルが各店舗で使用されていた。

 もちろん、ショップ独自のこだわりを持ってチョイスしているかもしれないが、いわゆる廉価版から高級オイルと呼ばれるものまで各種あり、中には「オイルなんて入ってればいい」という方もいれば、「大切なのはオイルの質ではなく交換頻度だ」という方もいたほど。

 その昔、サーキット等を走るマシンを製作しているショップで話を伺った時は、独自のコンセプトに基づいたオイルを使用されていたが、それすら有名ブランドのトップモデルというだけで、そのオイルが本当に凄いかどうかは個人的にはわからずじまいであった。

 というのも、数あるエンジンオイルではあるが、そのオイルの中にもコスト削減による合理化やコスト重視の廉価品が複数登場しており、実際の性能とは懸け離れた商品も多いから。いわば名ばかりの汎用品的存在である。

 とはいえ別に、それらエンジンオイルであっても、日常的な使用における街中でのストップ&ゴーや渋滞時の走行等を普通に走るのであれば全く問題はない。

 すなわち愛車が指定している粘度指数を守れば、カストロールだろうがモービルだろうがクエーカーステートだろうが、GM純正だろうが、フォード純正だろうが一般的には問題はない。

▲愛車に使用されているエンジンオイルについて考えてみたことはあるだろうか? どんなメーカーのどんな種類のオイルが入っているのか。一度振り返ってみることも必要である。

▲日常的な一般使用においては純正オイルでも他メーカーオイルでも問題はない。だが、アメリカの道路事情とは異なる日本においてアメ車のエンジンやミッションを大切にしたいと思うのであれば、使用するオイルのグレードを見直すことが必要である。

 しかし、大切な愛車のエンジン・トランスミッション・デフ等を状態良く維持したい、特に今年のような酷暑や高負荷からエンジン等を守りたいと思うのであれば、やはりグレードの高いオイルを使用すべきと考える。

 ちなみに薄利多売品や汎用品的なエンジンオイルを非難しているわけでは決してない。それはそれであらゆる一般的な使用範囲のオーナーには十分なオイルであり、存在価値も多分にある。

 だが、例えばボディに関して定期的に自分で洗車をすれば良いわけだが、あえて数万円、数十万円かけてボディコーティングをする方がいるように、アメリカの環境とは異なる日本の道路事情においてアメ車(直4、V6、V8等)を大切に維持したいと思うのであれば、そしてその車両にスペシャルチューニングを施しパフォーマンスアップをするのであれば、使用されるエンジンオイルを含めた油脂類をグレードアップするのは賢明な措置である。

 本物のハイパフォーマンスオイルを使用することで、全く異なる性能を求めることが可能になるからである。

 で、そういったハイパフォーマンスなオイルを求める方々が今注目しているのがトライボダインである。

▲オイルとしての必要性能を高めることだけに注力したトライボダイン。まるでチューニングパーツを装着したかのような効果が体感できる。

▲トライボダインの特徴とも言えるブルーカラーのオイルの中には特許取得済みのセラミック潤滑剤が添加されている。

 トライボダインの特徴とも言えるブルーカラーのオイルの中には特許取得済みのセラミック潤滑剤が添加され、それが皮膜を形成してくれることによって金属表面の保護やフリクションを軽減し温度を下げる。それにより油温上昇を抑え、メカニカルノイズを低減し、パワーの向上や燃費改善が見込まれる。特に油膜強度が抜群に高く、保護性能が圧倒的という。

 そのセラミック潤滑剤は、米国で特許技術として認められ、オイルメーカーとしては15年ぶりの特許取得であり、革新的技術と認められた証である。

 また、そうした革新的オイルと言われるがゆえに、様々な比較テストにかけられたが、周囲の喧騒も虚しく(?)圧倒的なテスト結果を導く。有名ブランドの各オイルを完全に凌駕する結果を出し、様々なオイルを使用してきたHPP長池氏が「これまででナンバーワン」と自信を持ってお勧めする製品なのである。

 そういう意味では、オイルという概念を超越し、もはやチューニングパーツと言っても過言ではないほどの効果が得られるのである。

▲HPPが作業車として使用している2004年型アストロのエンジン、ATF、デフ、グリスアップにトライボダインを使用。驚くほど快適かつ静かに変化している。

 さて、このトライボダインであるが、日本国内ではHPPが直接メーカーと独占輸入契約を締結しデリバリーを行っている。今回HPPにて、それらオイル各種のフルラインナップを見せていただいた。

 まず、トライボダインのオイルには、セラミック潤滑剤モデルと廉価版となるセラミック潤滑剤を使用しないモデルが存在し、セラミック潤滑剤モデルは「TRI-EX2」、またセラミック潤滑剤を使用しないモデルは「TRI-EX」と表記される。「TRI-EX」は「TRI-EX2」と比較すると廉価ではあるが、数年かかって新たに開発された技術を使用し、高性能なオイルとなっている。(ハイパワーモデルやチューニングエンジン、およびサーキット走行等の過酷な状況で使用される場合は、TRI-EX2を推奨)

 エンジンオイルでは、「TRI-EX2」&「TRI-EX」の0W-20、5W-20、5W-30、10W-30、5W-40、15W-40、20W-50(粘度によってはディーゼルエンジン向けや過走行車向けもある)、ブレイクイン(慣らし用)エンジンオイル30W、といった幅広いラインナップを導入し、ギヤオイルは「TRI-EX2」&「TRI-EX」の50W、75W-90、75W-140、LSD専用ギヤオイルは75W-90と75W-140、ギヤオイル250W、ATF、スーパーチャージャーオイル、バイク用オイル、グリスといったフルラインナップが導入されている。

 これら幅広いラインナップを、HPPの作業車として活躍している18万キロ走行の2004年型シボレーアストロにも使用しているということだが(エンジン、ATF、デフ、グリスアップに)、驚くほど静かに、かつ快適になっているとのことだ。

 そういう意味では、ダッジチャレンジャーやマスタング、コルベットといった人気の近年モデルのみならず、過走行気味の旧時代車両にも使用可能であり、一般的なオイル性能を凌駕したハイパフォーマンスな性能によって、非常に明確な効果を体感することが可能になるのである。

▲セラミック潤滑剤モデルの「TRI-EX2」エンジンオイル。0W-20、5W-20、5W-30、10W-30、5W-40、15W-40、20W-50(粘度によってはディーゼルエンジン向けや過走行車向けもある)、ブレイクイン(慣らし用)エンジンオイル30W、といった幅広いラインナップが導入されている。

▲セラミック潤滑剤を使用しないモデルの「TRI-EX」も上記同様のラインナップを誇る。廉価版となるが数年かかって新たに開発された技術が使用された高性能オイルである。

▲ギアオイルは「TRI-EX2」&「TRI-EX」の50W、75W-90、75W-140というラインナップ。

▲LSD専用ギヤオイルは75W-90と75W-140、ギヤオイル250W、ATFというラインナップ。

 なお、HPPにて各種オイル交換作業や小売販売は可能であるが、個人向けの通販は行っていないという(専用の トライボダイン オンラインサイト にて購入可能である)。また、その際の交換工賃は1000円から1500円(車種によって異なり、社外品装着車両は追加の可能性あり)と非常に安価である(オイル代&フィルター代は別途必要)。

一例)チャレンジャー交換工賃
・V6:1500円
・5.7&6.4リッター:1000円
・ヘルキャット:1500円

 HPPでは、オイルの交換サイクルを5000キロまたは半年、同時にフィルターの交換を推奨している。

 オイルに限らず、世の中には薄利多売を求めた廉価版が登場することは多分にあり、そう言ったものの存在価値も認めるところではある。

 だが、廉価版にすることで失うものがあるのは自明の理であり、かつ廉価版を求める方とは決定的に違うものを求める方もいるはずである。オイルに関して言えば、性能第一主義のオイルと言ってもいいだろう。
 
 トライボダインのオイルは、オイルの持つ性能を高めることだけに注力したオイルであり、オイルとして必要な性能以外を求められず作られたオイルであるから、使用すればその効果がはっきりと体感できるのである。

▲自らチャレンジャーやコルベットを所有し様々なオイルをテストしてきたHPP長池氏が「ナンバーワンです」と語るトライボダイン。

▲スーパーチャージャーオイル。

▲グリス。

▲バイク用オイルもラインナップされる。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

『jack the ripper』バーバーショップ

TEST RIDE

『jack the ripper』

2022 ジープラングラー

TEST RIDE

ジープ西東京

2016 GMC ユーコン XL デナリ

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

レクサス LX570 (LEXUS LX570)

TEST RIDE

クワッドドライブ

シボレーコルベット C7 (CHEVROLET CORVETTE)

SPECIAL ARTICLES

ゼネラルモーターズ・ジャパン

シボレー カマロ V6 コンバーチブル 

TEST RIDE

ウエストクラブ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

TEST RIDE

[試乗記]

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタング
フォードマスタング

228万円

年式:1998年

走行距離:76,308km

ガレージダイバン

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーサバーバン2WD
シボレーサバーバン2WD

318万円

年式:1989年

走行距離:

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタング
フォードマスタング

228万円
支払総額255万円

年式:1998年

走行距離:76,308km

ガレージダイバン

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円
支払総額204万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ