AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > BuBu BCD > 2018 ダッジ チャレンジャー T/A vol.2
試乗記 TEST RIDE 2018 ダッジ チャレンジャー T/A vol.2チャレンジャーを買うなら「BCD」へ

2018 ダッジ チャレンジャー T/A vol.2

購入前後の手厚いサポートが多くのユーザーを虜にする

ここ数カ月で日本全国にあったチャレンジャーの在庫車がすっかり売れてしまったBCD。それはなぜか。その理由を取材した。

更新日:2020.03.19文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力

BUBU / ミツオカ
TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]

BUBU横浜
TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

まるで現地ディーラーのような品揃え

 こうしたT/A等の程度良好モデルの在庫があるのは、BCDのみといっても過言ではない。

 個人的にBCDではT/Aをこれまでに10台は見ているし、T/A以外にも、392やワイドボディ、レッドアイ、さらにはV6、V8のMT車 etc といった他店ではなかなかお目にかかれない個体が在庫されているのを実際に見てきているが、そうした在庫モデルがとにかく多いのがBCDの最大の特徴である。

 通常、売れ筋とか売れ線とか、とにかく市場にマッチするような商品を置こうと考えるし、その一方でほとんどが在庫を持たず「買うなら輸入するよ」という店が多いなかで、あえての品揃えの多さに、まるで「現地ディーラーか」と錯覚するほどの店舗がBCDである。

 くわえて、現代のアメ車中古車を購入する上で圧倒的な利点が多い。まずは、購入後のアフターフォローが手厚い。保証関連も手厚いし、何より整備関連もお任せできるのが嬉しい。

 これだけ魅力ある存在でも、しっかりとしたアフターフォローが出来なければ、ある意味、その価値は半減してしまう。だが、BCDは最新機器の設備投資も確実に行っており、最新モデルの対応ももちろん可能である。
厳選された車両、たとえば距離数の適切な、さらにクリーンな車両の無事故車が日本に持ち込まれている。だから展示車両としてBCDの売り物になっている車両たちには、手厚いアフター保証が付帯されているのである。
下はV6のSXTからヘルキャットレッドアイワイドボディに至るまで。チャレンジャーの程度良好な個体を直輸入しているBCD。ボディカラーも売れ線の白黒だけでなく、モパーに似合う原色カラーも積極的に仕入れている。
現状、販売のメインは6.4リッターV8搭載モデルという。仕入れが間に合わないほど動きがいいということだ。恐く、5.7から6.4への乗り換え需要が高まっているからだろう。
直輸入車は、日本人が好むような低走行のクリーンな個体を積極的に取り扱っています。もちろん、現地法人の日本人によるチョイスであり、車両の鑑定は日本においても行われており、BCD以外の第三者機関によって行われております。すなわち現地、国内BCD、さらに第三者機関の3つのチェックを受けた車両が販売されている。
現行型チャレンジャーは、特に2015年アップの個体では、初期型に多くあったセンサー類の不調等が減り、それこそ路上で止まってしまうようなトラブルはほとんど起きないといっていい。だがその分、オイル交換でもテスター等の電子デバイスを使用した丁寧な作業がもとめられる等、整備の質が上がっているから注意が必要である。
「wiTECH2.0 (ワイテック)」と呼ばれる電子デバイスは、単なるデバイスに過ぎないが、これがなければ車両からの情報を一切読み出すことができないために、現代のアメ車整備には必需品となる。
また、リコール情報等もこのデバイスを使用し、車両の更新作業を行うために、デバイスがなければもちろん更新作業はできない。それ以外にも、最新デバイスを持たなければ、FCA全車の情報閲覧や更新作業ができなくなっているからユーザー側も注意しなければならない。

求められる整備の質が上がっているから注意が必要

 今の時代、何をするにも電子デバイスと呼ばれるテスター等の機器が必要になる。「wiTECH2.0 (ワイテック)」と呼ばれる機器ももちろん導入されており、それらによってメンテナンス作業からリコール情報等の更新作業に至るまで、全ての作業がBCD内で可能となっている。

 ちなみに、この「wiTECH2.0 (ワイテック)」は日本全国でもまだ20社にも満たないほどの数しか導入されていないと言われているから、車両メンテナンス時には気をつけた方がいい。

 たとえば、ミッションオイルを交換するには、この「wiTECH2.0 (ワイテック)」を使用し、油温と量の確認をしながら作業しなくてはならない.。だからこの機器をもたないショップでは正確な作業が不可能である。

 ちなみに、こうした油温や量の確認を曖昧にしたまま交換したとすれば、ミッションの変速に異常が起こったりスリップが起こったり、はたまたエンジンチェックランプが点灯したりするから気をつけて欲しい。

 こうした購入後の利点が数多くあるBCDであるが、じつは最近多くの方に認知されているというのが、購入時のプランである。

 営業スタッフの大竹氏いわく「BCDの中古車であればフィフィティプランが適用できますし、それは購入時にすでに3年後の買取価格50%を保証してくれるものです。すなわち、仮に500万円の車両の場合、半額の250万円を保証してくれるということですから、そういったプランによる買いやすさもBCDの魅力として多くのユーザーさまに認知されて来ているのだと思います」

 仮に、最終的には売らなかったとしても、購入時に3年後の下取り価格が決まっているなら気持ちの部分で全然違うだろうし、こうしたプランはアメ車ショップではほとんど見かけないだけに、一部のディーラーのような購入前後の手厚いサポートが多くの方々に認知され、そうした特徴から「チャレンジャーを買うならBCDへ」といった流れができている。

 ということで、だからこその売れ行きであり、この2ヶ月くらいの間に20台近い数のチャレンジャーが売れていったのである。

試乗記一覧に戻る BuBu BCDに戻る

BUBU光岡自動車 BCD日本カリフォルニアカスタム TRD(Toyota Racing Deveropment)ウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車

アメ車検索

アメ車検索詳細

twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.