AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > BuBu BCD > 2018 シボレーコルベット Z51
試乗記 TEST RIDE 2018 シボレーコルベット Z51D車では存在しない高年式のクーペをBCDで

2018 シボレーコルベット Z51

セラミックマトリックスグレーメタリックにも注目

取材したセラミックマトリックスグレーメタリックは、正規ディーラー車での通常カラー設定がなく、アメリカ直輸入車ならではのボディカラーであり、C7に抜群に似合うカラーのひとつだった。

更新日:2020.06.22文/田中享 写真/古閑章郎

取材協力

BUBU / ミツオカ
TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]

BUBU横浜
TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

ボディカラーにこだわりたい

 いきなりだが、筆者がC7を購入するなら断然クーペだ。齢50も近くなるとクルマに求めるものも変化し、スピードに対する興味が薄れてくる。だが、男として常に華やかなクルマには乗っていたい。

 同時に、筆者はかつて2000年型C5クーペの4年落ち車両を購入し、その後12年9万キロ乗っていた経験があるから、「いつか再びコルベット」という思いもある。しかもFRのコルベットに。だから狙いはC7のクーペ。

 とはいっても、ひとつだけこだわりがある。それはボディカラー。過去C5を購入した時はシルバー(ブラックインテリア)を購入。

 だが、そのあと「ブルーが良かったな」ともの凄く後悔した記憶がある。が、2004年当時はそれほどC5が市場に流通していなかったから選ぶべきタマも少なかった。

 だから今、C7をチョイスするなら断然ボディカラーにはこだわりたい。個人的な好みを言えば、ブルーメタに白いインテリアが第一候補だし、昔のようにシルバーを選ぶなら赤いインテリアがいい、それにホワイトはありきたりだが、一転インテリアがベージュになると俄然上品になり、それもまた悪くない。
空力からサスペンションに至るまで全域で煮詰められたC7。C6では前後重量配分が51:49とフロント寄りになっていたものが、C7では50:50と前後バランスを改良し最善となった。
オールアルミフレームは、スチールフレームと比較して57%の剛性アップと45kgの軽量化を果たし、車重は1499kgを実現している。
搭載される6.2リッターV8OHV LT1エンジンは470hpを発生させ、どの回転域からでも瞬時に加速体制に入れる、大排気量NAエンジンとは思えない俊敏なレスポンスを示す。
フロント19、リア20インチのブラックペインテッドホイール。Z51装着車には10スポークホイールが装着されている。
攻撃的なサウンドを奏でるパフォーマンスエキゾーストによりV8LT1エンジンの出力は約10hpアップしている。

BCDならではの初見のボディカラーを発見

 が、今回見たセラミックマトリックスグレーメタリックは、これまで実車を1台も見たことがなく初見だったが、C7によく似合う抜群のカラーだった。

 聞けば、このカラーは正規ディーラー車の通常カラーラインナップには存在せず、かつて正規ディーラーで販売された限定車『カーボン65エディション』に唯一採用されたカラーであり、それは日本には8台販売されたのみという。

 この車両はBCDが直輸入した車両だから、カラーだけで言えば日本に9台目となるセラミックマトリックスグレーメタリックということになる。

 ちなみにこのC7クーペは2018年車のAT車でZ51仕様となるが、この年式になると日本の正規ディーラーでのC7の販売は実質GSのみとなっており、こうした高年式のC7クーペのD車はほとんど存在しないと言われいてる。だから、アメリカ直輸入のBCDならではのレアな個体とも言えるわけで、非常にそそられる。
若干青みがかったライトグレー。写真だとわかりにくいかもだが、C7のボディラインの抑揚がハッキリして非常に美しい素敵なカラーだ。

D車には存在しない高年式のクーペ

 しかもクーペ3LTベースのZ51パフォーマンスパッケージがベースとなっており、ブラックペインティッドホイールとカーボンフラッシュミラー&リアスポイラー、エクステリアエンブレムがブラックに統一されており、グレー&ブラックのコンビネーションがじつに大人っぽく品がある。トータルの質感が何倍にも上がった感じが伝わってくるのだ。

 なお、Z51装着車には、パフォーマンスパーツを含むオプションパッケージが装着されており、パフォーマンスマフラーによってノーマルエンジンパワープラス約10hpとなっており、エンジンオイル冷却にもドライサンプ方式が採用されている等の違いがある。

 すなわち、搭載される6.2リッターV8LT1エンジンは、通常460hpを発生させているが、この車両は470hpを発生させている。
「V8OHV、FR、横置きリーフ」etcといったコルベットならではキーワードをベースにポルシェを筆頭とする世界規模のスポーツカーに対峙してきたことに我々ファンは心をくすぐられるのである。
各種パーツの質感や工作精度はかなり高く、グラフィカルなメーター類と相まって、華やかな雰囲気が漂うインテリア。
着座位置からのステアリング、8速ATギア、ブレーキといったペダル類の配置が非常に緻密かつタイトである。
質感、ホールド性、剛性、すべてにおてい完璧といえるシート。コルベットのそれは市販車最高レベルだろう。
クーペだからこそパワーや年式、または流行り廃りを気にすることなく長く乗れるし、それでいてレアなボディカラーでZ51というシブさが通っぽくて素敵だ。
こちらが文中に記した筆者の元愛車だったC5。

流行り廃りに関係なく長く乗るに最適

 ご存知の通り、C8コルベットはミッドシップに生まれ変わり、足回りもコイルオーバーのショックが使用されている。もちろん、そういったC8に興味を持つのは当然だし、購入予約された方の気持ちもよくわかる。

 ただ、個人的に「まずはC7」、という考えが常にあるから、「V8OHV、FR、横置きリーフ」といったコルベットに乗ってみるべきだと思うし、あえてこの型式にこだわってきたC7開発陣のプライドに一度は触れてみるべきだと思う。

 その上で、今回取材したような個性的かつレアなボディカラーは自己主張するためには必須であり、是非長きにわたり、毎日の贅沢な足として活躍させて欲しいと思うのである。

 まったくの余談ですが、コルベットを日常的に使うことが可能なら、是非ルーフを取って乗ってみてください。最初はめんどくさいかもしれないですが、ルーフがないだけで乗降性が抜群に良くなりますし、何よりめちゃくちゃカッコイイですから。

試乗記一覧に戻る BuBu BCDに戻る

BUBU光岡自動車 BCD日本カリフォルニアカスタム TRD(Toyota Racing Deveropment)ウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車

アメ車検索

アメ車検索詳細

twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.