AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > ダッジ & ジープ > 2021 ダッジチャージャー SRT ヘルキャット レッドアイ
試乗記 TEST RIDE 2021 ダッジチャージャー SRT ヘルキャット レッドアイ797hpの世界最速セダン登場

2021 ダッジチャージャー SRT ヘルキャット レッドアイ

4ドアセダンの「悪魔」ついに誕生

予想通りと言えばそれまでだが、ついに登場した4ドアセダンの「悪魔」ことチャージャーヘルキャットレッドアイ。797hpの量産セダンは、唯一無二の存在である。

更新日:2020.07.06文/石山英次 写真/古閑章郎

797hpの世界最速かつパワフルな量産セダンの誕生

 2020年のチャージャーにおけるトピックスといえば、ヘルキャットワイドボディの登場であった。

 ワイドボディは、通常ボディに幅3.5インチのフェンダーを両サイドに装着するから太いタイヤが装着できる。よって、サスペンションを同時に締め上げることでコーナリングの限界値が高くなり、スピードも高くなる。当然、直線加速時のトラクションも上がるから、エンジンパワーのある車両であればあるほど有効に働く。

ヘルキャットワイドボディとレッドアイとの外観的な差別化は非常に少ないが、エンジンパワー90hp差の違いは明確だろう。

 もちろん、ワイドフェンダー装着による視覚的な効果も高く、ハイパフォーマンスカーならではのオラオラ感が一層強くなる。

 チャージャーは、ワイドボディの登場と同時に前後バンパー形状も変えたから、雰囲気が一層「悪」になり、硬派な印象が際立っている。

 そんなチャージャーSRTヘルキャットには6.2リッタースーパーチャージャーエンジンが搭載され、707hp、最大トルク650lb-ftという圧倒的なパワーを発生させるから、ワイドボディ仕様となることでそのエンジンパワーをより一層有効に使うことが可能になったのである。

 実際、ワイドボディのチャージャーSRTヘルキャットの公式タイムは、0-60マイルを3.6秒、1/4マイルを10.96秒で走り、スキッドパッドによるコーナリングGは0.96gを記録する。

 さらにサーキット走行では、同コースを走行したノーマルヘルキャットよりも1ラップにつき2.1秒速く走り切ったのである。

購入時のアドバイスとしては、ボディカラーやオプションを交えて、オリジナルをファクトリーオーダーするのがいいと思う。購入者は羨ましい限り。
 この速さの秘密は、新たに装着された極太の305 / 35ZR20タイヤだけではない(2019年までのヘルキャットには275/40ZR20)。サスペンションには、ビルシュタイン製の3モードアダプティブダンパーにハードスプリング、より径の太いスウェーバーが装備され、全体的にリニューアルされている。

 くわえて、新型の電動パワステが組み合わされてたことにより、よりダイレクトかつスムーズはハンドリングが実現されているのである。=世界最速の量産セダンの進化である。

 だが。たしかにこうした進化は拍手喝采で迎えられるべきだと思うが、どうしても気になっていたことが片隅に常にあった。そう、レッドアイの存在である。

 この時点で、そうしたアナウンスは一切なかったが、兄弟車たるチャレンジャーにはヘルキャットワイドボディの上位に「レッドアイ」がこの時点で存在し、そいつは717hpに対して797hpを発生させていたから、「いつかはチャージャーでも同じことが…」との思いが常にあったのだ。

 そして、つい先日、その発表が行われた。2021年モデルとしてのダッジチャージャー SRT ヘルキャット レッドアイの登場である。

 想定通り、797hpの世界最速かつパワフルな量産セダンの誕生である。





 当然、エンジンは内部から見直され、強化。ミッションのトルクコンバーターも増強され、プロペラシャフト等の駆動系の強化もされている。ブレーキやサスペンションも調整され、20インチの軽量カーボンブラックホイールに6ポッドのブレンボブレーキといった、使用パーツ面での抜かりは一切ない。

 そんなレッドアイは、ヘルキャットワイドボディに対して公式発表で、1/4マイルを10.6秒で走り、同サーキット走行では1ラップにつき1.2秒速く走っている。

 2021 ダッジチャージャー SRT ヘルキャット レッドアイは、今年秋頃からの発売が見込まれ、ボディカラーが13色、インテリア6色のバリエーションが存在し、さらにセンターストライプ等のカスタマイズオプションが複数存在するというから、オリジナルなレッドアイが製作可能になる。

 707hpのヘルキャットワイドボディでも十分にパワフルだし、性能的な不満足はまったくないと思われるが、797hpという数字になぜだか惹かれてしまうのは、筆者だけではないはずだ。

試乗記一覧に戻る ダッジ & ジープに戻る

BUBU光岡自動車 BCD日本カリフォルニアカスタム TRD(Toyota Racing Deveropment)ウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車
twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.