TEST RIDE

[試乗記]

誰もが一度は考える夢のV8エンジン搭載のラングラー

2023 ジープ ラングラー 392

1981年以来の約40年ぶりの復活

V8エンジンを搭載したラングラー392を取材した。

更新日:2023.03.20

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/スペース YOKOHAMA TEL 0455300139 [ホームページ] [詳細情報]

史上最高レベルのV8ラングラー

 2019年から2020年にかけてのFCAはかなり賑やかなラインナップであった。チャレンジャーにスーパーストック、チャージャーにヘルキャットレッドアイ、そしてデュランゴにヘルキャットが登場し、ダッジラムトラックにヘルキャットエンジンを搭載したラム Rebel TRXのティーザーが公開された。

 一方でその頃のフォードは、ブロンコファミリーがデビュー間近ということで、本国メディアにおいてはブロンコのティーザー情報が毎日のように報道されていた。

 ブロンコは、2ドア、4ドア、ブロンコスポーツといった多彩なラインアップを揃え、走りはF150ラプター譲りというのだから、ラングラーのライバルとして販売シェアの奪い合いが起こることが予想された。当時のFCAにとっては、頭の痛い問題だったかもしれない。

 だが、その頃のFCAはある意味イケイケだったのだろう。頭を抱えると同時に、一夜にしてブロンコ報道を終わらせる一手を打った。ボンネットフードに「392」バッジを装着したラングラーらしきイラストをティーザー公開したのである。

▲6.4リッターV8エンジンを搭載したラングラー392。その最新車両がスペースYOKOHAMA
によって直輸入された。

▲ Earlというボディカラーの他、Xtreme Recon35インチTireパッケージやオフロードカメラ、トレーラーTOWパッケージが装備されている。

 392とは、いわゆるチャレンジャー等に使用されている392エンジンか? とすると6.4リッターV8エンジンである!

 ジープラングラーとV8エンジンという組み合わせは過去にはあった。が、1981年に幕を閉じた「CJ」以来V8エンジンを搭載したラングラーは存在していない。

 それを登場させるという予告なのだろうか?

 そのティーザー情報はまさしくブロンコ報道を一夜にして終了させ、その日からV8ラングラーを望む声が一気に高まった。

 そしてそれから4ヶ月後、デビューが発表され、CJから約40年後の2021年に正式デビューを果たしたのである。その名もジープラングラー392。

 その数年前からラングラーには直4ターボエンジンが搭載され、ラングラーにもダウンサイジングの波が訪れたと誰もが思ったに違いない。が、そんな中での392の登場である。

▲搭載されるV8エンジンは6.4リッターV8で470hp、最大トルク470lb-ftを発生させる。

▲フード内にはハイドロガイドと呼ばれるエアの導入システムが装備されている。これは速度が上がるほどエアがフード内に導入される仕組みになっている。

▲盛り上がったボンネットフードには巨大なエアスクープがあり、上記のハイドロガイドに繋がっている。

 まさしくここ数十年のラングラーの概念を根底から覆す1台。夢にまで見たハードなラングラー。デビューのきっかけはブロンコ復活に間違いないが、それでも待望のラングラーといって過言ではないだろう。

 搭載されるV8エンジンは6.4リッターV8で470hp、最大トルク470lb-ftを発生させる。メーカー公式発表によれば0-60mph加速を4.5秒、1/4マイルを13秒でこなす。なんとピークトルクの75%近くがアイドリング付近の回転数から得られるという。

 同時に「トルクフライト8HP75」の8速トランスミッションを組み合わせて、オンロードとオフロードでのパフォーマンスの向上を実現。ステアリングにはラングラー初となるアルミ製のパドルシフトも装備されている。

 ベースとなるのはルビコンであり、足回り等も大幅に強化される。強化アクスルや3.73のファイナルドライブ比、トランスミッショントルクコンバーターのロックアップコントロール、通常2リンチのリフトアップにアルミ製モノチューブのFOX製ダンパーを使用し、大径のマッドテレンタイヤを装備することで、パワーアップしたエンジンに対応。

 同時にアプローチアングル、ブレークオーバーアングル、デパーチャーアングルもそれぞれ向上しているから、悪路における走破性能も大幅にアップしているのである。

▲タイヤや車高を含めたすべてが、通常のラングラーとは全く異なるオーラを放っている。

▲35インチのオールテレーンタイヤに17インチのビードロック対応ホイールの組み合わせ。

▲各部にブロンズカラーのバッジ類が装備され、それが392の証となっている。

▲Xtreme Recon Package装着によりオリジナルの強化ショックが装着されている。

 ベースとなっているルビコンのルーフには、スカイワンタッチパワートップを採用したモデルも登場し、V8エンジン+オープンエアの楽しさが簡単に得られる最高の1台である。

 ラングラー392には、各部にブロンズカラーのバッジ類やアクセサリーが装備され、それらが最強ラングラーの証明となっている。

 ということで取材車両は、スペースYOKOHAMAが直輸入した2023年型の最新車両である。Earl(アール)と呼ばれるボディカラーの392。

 このアールは、2023年でSnazzberry(スナッズベリー)に取って代わって復活したボディカラーであり、原色のエメラルドグリーンのような美しいカラーが特徴。

 ミリタリーグリーンとも言えそうだが、どちらかといえばもっと上品な印象を与えてくれる。が、エンジンを始動するとその思いは瞬時になくなってしまう。そう、迫力が違う! まさしくスーパースポーツのそれである。

 くわえて取材車には、Xtreme Recon Packageが装備されており、35インチのオールテレーンタイヤに17インチのビードロック対応ホイールの組み合わせ、4.56:1アクスルレシオ、1.5インチリフトアップ、オリジナル強化ショックが装備されているから、ノーマル392によりもより一層ハードな印象を与えてくれる。

▲通常のラングラーとは異なる握りの太いステアリングが装備されているから、そのガッチリした感触はまるでチャレンジャーのよう。

▲8速ATは、チャレンジャー等で使われるトルクフライト8HP75の8速ATが使用されている。

▲ラングラーでは初となるアルミ製のパドルシフトが装備される。

▲レザーシートの質感は高く、ホールド性も良く、チャレンジャー等のスーパースポーツたちと同様レベルのシートが採用されている。

 ということで、一目見てタイヤの大きさに驚き、エンジンを始動しその爆音に心ときめかせ、そして各部を見回してノーマルラングラーとは異なる各部の質感に、V8搭載ラングラーであることを実感するのである。

 そしてもともと予定されてはいないボディに、大排気量V8エンジンを搭載するというところにアメ車ならではの醍醐味を感じるのである。

 なお、この392を直輸入しているスペースYOKOHAMAでは、チャレンジャーヘルキャットのみならずラムTRXやデュランゴヘルキャット等の直輸入を多数行っており、当然そう言った最新車両に関する整備対応がなされているということだから、同じくFCA車両であるラングラー392も同じような対応が可能であり、整備に関する不安はないと断言できるのである。

RELATED

[関連記事]

1997 シボレータホ 2ドア

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

マスタング バッテリー交換の注意点

TEST RIDE

ABE CARS Tama Garage

ヘッドライトの「ロービーム検査」一部で開始

TEST RIDE

クワッドドライブ

ジープ アベンジャー、日本導入決定

NEWS & INFORMATION

ティーザーサイト

2023 シボレートレイルブレイザー RS

TEST RIDE

ABE CARS Tama Garage

シボレーシルバラード ZR2

REGULAR ARTICLES

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

2022 ダッジ チャレンジャー GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

『CHEVROLET FAN DAY 2023』

NEWS & INFORMATION

テスラ・カスタマイズ vol.1

TEST RIDE

阿部商会

アライメント最新事情 <個別のアライメント調整とは?>

SPECIAL ARTICLES

クワッドドライブ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

フォードF-150フレアサイド
フォードF-150フレアサイド

価格応相談

年式:1995年

走行距離:

ガレージダイバン

フォードサンダーバードプレミアム
フォードサンダーバードプレミアム

価格応相談

年式:2003年

走行距離:58,534km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ
AC Delco ブレーキキャリパーASSY 18FR1379 フロント左 エスカレード アストロ タホ サバーバン サファリ

16,176

PERFORMANCE

6DEGREES

AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー
AC Delco ウインドゥレギュレーター・モーターASSY Front Left 11A380 シボレー マリブ リンカーン タウンカー

29,733

ELECTLICAL

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレーK5ブレイザー
シボレーK5ブレイザー

価格応相談

年式:1989年

走行距離:147,974km

ガレージダイバン

ダッジラムバンミディアム
ダッジラムバンミディアム

278万円
支払総額302万円

年式:2000年

走行距離:132,187km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

3,553

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF64 シボレー コルベット カマロ キャデラック ATS CTS

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ