TEST RIDE

[試乗記]

欧州SUVに匹敵する最速モデル

2019 ダッジ デュランゴ SRT

3列シートSUVだけにフルサイズからの乗り換えもOK

2019年から2020年にかけて登場した魅力的な新車を紹介。今回は個人的に超オススメな2台。2台目はデュランゴである。

更新日:2020.04.21

文/椙内洋輔 写真/古閑章郎

取材協力/スペース YOKOHAMA TEL 0455300139 [ホームページ] [詳細情報]

久しぶりのハイパフォーマンスSUV

 2台目が現行型デュランゴである。スペースでは昨年から今年にかけて10台近くものデュランゴの新車を日本に直輸入している。日本全国でもこれほどの数の新車を輸入しているショップはそうはない。

 もちろん、スペースではこうした新車の納車整備が可能であるからこれほどの数が扱えるわけであり、納車時には全車のECUの確認&アップデートを行い収めている(これができるショップが数少ないのが現状)。

 たとえば船に乗って輸送されている間に本国メーカーにてECUのアップデートの指示が出されている場合、それを知らずに納車し日本国内を走り始めれば確実に故障の原因になるだろう。

 だがスペースでは納車時に最終アップデートを行っているから、すなわち現地ディーラーのような整備体制を敷いているからこそ、どんな最新車両も積極的に販売でき、同時に常に実車を取り揃えている販売手法だからこそ、ユーザーたちからの信頼も厚いのである。

 さて、個人的にオススメなデュランゴがある。それは392エンジンを搭載したSRT。しかも内装にラグナレザーを使用したモデルで、今回スペースにて取材したのも、このまったくドンピシャなモデルが揃っていたからである。

2019年型SRTの新車。ここ最近、アメリカンSUVには見られなかったハイパフォーマンスSUVだからこその価値を見出す。

リアスタイルを含め、現行デュランゴのデザインは非常にスタイリッシュ。極太タイヤやチャージャー392を彷彿とさせるエキゾーストサウンドも超魅力的。

ダッジいわく「世界最速の3列シートSUV」

 ちょっと話は逸れるが、ここ最近、「フルサイズSUVオーナーたちが次なるアメ車として魅力的なSUVが存在しない」と嘆いているという。たとえば2015年アップのキャデラックエスカレードに乗っているオーナーさんが、気になるのがポルシェのカイエンだったりBMWだったりベンツのSUVだったりするという。

 その理由は「エスカも良いけど、機動力がない。高速でゆったりのんびり走る分にはいいけど、もう少し小さく速いのが気になる、欲しい」となり、自然と欧州車へ意識が向くという。

 だが、そんな方々にオススメしたいモデル!それがデュランゴSRT。

 搭載エンジンは6,4リッターV8HEMIで475hp、最大トルク470lb-ftを発生させ、8速ATで駆動する。キャデラックエスカレードと比較すれば、車重で約200kg軽く、エンジンパワーで約50hp高く、トルク数値でも僅差で勝っているからデュランゴSRTの方が圧倒的に速い。

搭載されるエンジンは6,4リッターV8HEMI。475hp最大トルク470lb-ftを発生させ、8速ATで駆動する。言ってしまえば、チャージャーやチャレンジャーの392とまったく同じエンジンやミッションやエキゾーストを使用しているSUV。

タイヤサイズ295/45ZR20インチにグロスブラックの20インチホイールが組み合わされる。ブレーキはもちろんブレンボである。

「392」が表す高性能ぶりはデュランゴでも健在。雰囲気全体が高性能&硬派な雰囲気を醸し出しており、圧倒的な存在感を見せつける。

アメリカンSUVの中ではトップクラスのパフォーマンス。久々に出たアメ車らしいV8搭載のハイパワーSUV。

断然オススメなのがラグナレザー装備のSRT

 ダッジいわく「世界最速の3列シートSUV」と公言したモデルである。実際、0~60マイルスプリント加速4.4秒を公式計測しているから、欧州SUVにだって負けない。しかもミディアムボディだから街中での扱いも抜群に良く、機動性も高い。

 しかも4駆である。正確にはトルク配分型のAWD。装着されるアダプティブサスペンションには20インチタイヤが組み合わされ、旧モデル比でフロント4%、リア15%ほどスプリングの剛性を上げている。それらによるボディ重量配分は52:48を実現し、フロントが重すぎないニュートラルに近いハンドリングを提供してくれる。
 
 一方ブレーキは、巨大な15.0インチローターに6ピストンのブレンボキャリパーで、リアは4ピストンキャリパーと13.78インチのローターとなる。

 こうしたパフォーマンスパーツ以外に、デュランゴSRTをオススメする理由が3列シートであること。「やはり3列は使える」というのがファミリー層の本音であり、サイズの小さい2列シートのSUVは多々あれど、ミディアムクラスの3列モデルの数はあまり多くない。

 くわえてSRTのような500hpに迫るSUVはデュランゴSRTをおいて他にない、という個性で満たされているわけで、こちらも唯一無二の存在としてチョイスすべきSUVだと思うのである。

 で、個人的にさらにオススメなのが、ラグナレザー装備のSRT。ラグナレザーの質感がめちゃくちゃ良く、一度体感してしまうとこれ以外選びたくなくなる。

 いわゆるオプションの最高峰レザーになるのだが、そのレンガ色のようなカラーリングと質感が、キャデラックのような高級感とまではいかずとも、デュランゴにはよく似合い、そしてタッチもセンスも最高であるから、絶対に選ぶべきオプションであると思っている。

 というわけで、今なら2019年のSRT、ラグナレザー装備車の新車が入手可能なのである。

オプションの19Harman/Kardonオーディオ 825WattアンプファイアーW/Subwoofer等が装備され、充実した装備と快適な室内空間が得られる。

SUVにして時速300キロまで刻まれたメーターを備えるデュランゴ。液晶メーターの視認性も高く、デザイン的にも洗練されている。

パドル操作が可能な8速AT。その雰囲気はチャレンジャー&チャージャーと同一のもの。

真っ赤ではなくレンガ色っぽい赤色のオプション最上級レザーシート。レザーの質感は驚くほど柔らかく、触れた瞬間に「高価だな」と分からせる。非常にセンスの良い組み合わせ。

セカンド、キャプテンタイプのシートで7人乗り仕様。セカンドシートの足元スペースは広く、日本だとデュランゴクラスのサイズ感でもミニバン並みの室内空間サイズが手に入る。

3列目もご覧の通り。だからこその使えるSUV。しかも超ハイパフォーマンス。これならフルサイズSUVからの乗り換え需要にも耐えうるだろう。

RELATED

[関連記事]

2022 ダッジデュランゴ GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2024 ダッジデュランゴSRT392 AlcHEMI

NEWS & INFORMATION

2022 ダッジ チャレンジャー GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ダッジチャレンジャー How to メンテ

TEST RIDE

ABE CARS Tama Garage

2003 ダッジラムトラック

TEST RIDE

ジャパンレーストラックトレンズ

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

Hennessey PerformanceとASDNのコラボが決定!

NEWS & INFORMATION

Hennessy Performance Japan

90's シボレー・サバーバンの人気が再燃中!

REGULAR ARTICLES

ガレージダイバン

トヨタ シエナ

REGULAR ARTICLES

ベルエアー

BUBU

SPECIAL ARTICLES

BUBU

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタング
フォードマスタング

228万円

年式:1998年

走行距離:76,308km

ガレージダイバン

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーサバーバン2WD
シボレーサバーバン2WD

318万円

年式:1989年

走行距離:

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

フォードマスタング
フォードマスタング

228万円
支払総額255万円

年式:1998年

走行距離:76,308km

ガレージダイバン

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円
支払総額204万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング
FORD RACING アッパー ストラットマウント 05-14y マスタング

36,800

PERFORMANCE

GDファクトリー千葉店

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ