TEST RIDE

[試乗記]

最新のチャレンジャー選びで大切なのは排気量ではなく「個性」

2019 ダッジチャレンジャー R/T

プラムクレイジーにヘルキャットホイールで独自性を増す

中古車のボリュームゾーンと言える2019年型R/Tを取材した。

更新日:2023.11.27

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

V8搭載のレアなボディカラーをまとった2019年型

 つい最近、ステランティスのワゴニアの2024年モデルにおいて、V8エンジンが廃止され直6エンジンのみになるというニュースを見た。

 すでにチャレンジャー系は2023年いっぱいで生産終了し、ラムTRXも2023年いっぱいで終わるから、そして上記のワゴニアV8も終了ということだから、ステランティスの2024年モデルでV8エンジンが残るのはダッジデュランゴのみである。

 ちなみに、そのデュランゴであるが、すでにEVのコンセプトカーらしきものが登場しているから、それが現実化されるとともに生産終了へと向かうはずである。

 要するにステランティス系でメジャーなV8エンジン搭載モデルの新車を購入するなら2023年いっぱいであるということだ。が、そうしたモデルは、現在の円安相場も加わり高値安定に間違いない。例えば2023年型チャレンジャーの新車を検索すれば、そのほとんどの価格が「ASK」である(笑)

▲2019年型チャレンジャーR/T。走行2.2万キロの個体。

▲プラムクレイジーのボディカラーにヘルキャットのホイールが個性を演出している。

 それでも欲しい、買えるという方がいるのは間違いないが、「いつか欲しい」「頭金が貯まるまでじっくり待っている」etcという方々にとっては高嶺の花であるはずだから、チャレンジャーの狙い目モデルは間違いなく中古車だろう。

 だが、そうした方々が狙うチャレンジャーの中古車にも、年式により多くの差があるから注意すべきである。

 2020年、2021年の中古車量が極めて少ないからである。

 いわゆるコロナ禍によりアメリカ本国における生産自体が少なくなっていたことで、日本に持ち込まれる車両も同時に少なく、中古車市場においてほとんど見かけない。

 2022年になると一転数が増えるが、それ以前の20年、21年車が空洞化しているから、狙うべき中古車はおのずと2019年以前ということになってくるだろう。

 もちろん2022年型も中古車として存在するから狙えるが、いかんせん高値であるから(もちろん買えるなら高年式の走行距離短めを購入した方が良いに決まっているが)、値落ちするまで待つことを考えるかもしれない。

 が、2022年型は円安やコロナ禍&ウクライナ戦争を経験しているからはなから若干高値であり、恐らく来年以降は生産終了によるプレ値になることが予測されるから、やはり中古車における現実的な購入車両はコロナ禍以前に日本に上陸した2018年、2019年辺りがボリュームゾーンとなるのだろう。

▲搭載される5.7リッターV8エンジンは372hp、最大トルク400lb-ftを発生させる。

▲5.7リッターV8のエンジンオイルの粘度指数は「5w-20」である。

▲275/40ZR20インチのヘルキャットホイールを履きこなす。

 そうした年式の車両が狙い目ということに間違いはないが、当然気をつけるべき注意事項もある。それは整備状況と走行距離である。

 アメリカ本国におけるエンジンのメーカー保証は一般的に5年10万キロである=その範囲内にトラブルが起これば保証するというもの(それ以降になると壊れるという意味ではない)。

 よって、例えば2019年型走行3万キロ程度の中古車であれば、上記の本国保証を目安とすればまだまだ余力十分で楽しめると考えることが可能だろう。

 くわえて購入する段階(それ以前も含め)での整備状況も重要である。

 いわゆるメカ的な整備に関しては、ある意味どこの整備工場でも可能かもしれない。だが、2019年型ともなれば、というか現行型チャレンジャーにおいては全般的に、メカ以外のシステム系のチェックやアップグレードが必要になる。

 そのためにはメーカー対応の電子デバイスが必要になるから、それを持たないショップで購入することは絶対に避けたい(ATFの交換は電子デバイスがないと対応できない等色々な状況下でデバイスを使用する必要があるから、持たないショップは対応していないと考えられるだろう)

▲BCDにおける最大のポイントは整備力。膨大な数のチャレンジャーを販売しているからこそのノウハウを生かしている。

▲現代版チャレンジャーの整備においては必携の専用電子デバイス。それを使用した対応を確実に行っている。

▲中古車は、内外装の状態や事故の有無のみならず下回りの状況まで確認され、さらに第三者機関(別組織)の車両精査を受けている。

 それらに対応出来るスペシャルな工場を個別に知っているというなら別だが、もしそうでない場合は、最初から対応出来る工場付きの販売店で購入するのが一番の近道である。

 ということで2019年型の取材個体である。チャレンジャーR/T、走行2.2万キロ。

 R/Tだから搭載エンジンは5.7リッターV8になる。当然、上には6.4リッターV8があるから気になるだろうが、旧時代のチャレンジャーを思いつつ、何よりチャレンジャーが欲しいがV8は譲れない、というのであれば5.7リッターで十分事足りる。

 ちなみに搭載される5.7リッターV8エンジンは372hp、最大トルク400lb-ftを発生させ、それを8速ATで駆動する。

 というか、チャレンジャーのデザインとV8エンジンの組み合わせを求めるだけなら、「R/Tで十分」というより「R/Tがベスト」であって、あえて上を考える必要性は全くない。
 
 くわえて、一世を風靡したこのデザインはもはや現代でも「定番」として通用してしまうほど魅力的であるから、そこに焦点を合わせるならR/Tほどベストな選択肢はないわけである。と同時に必要なのは、中古車としての「程度」である!

▲ステアリングホイールがカスタマイズされているインテリア。中古車としての状態は非常に良い。

▲ギアボックスは8速ATとなる。

▲カスタマイズされたステアリングホイールには各種情報が表示される。また握りやパドルシフトもレーシーな感じになっている。

 余談だが、ここ数ヶ月各地で各種イベントやモーニングクルーズが開催されているが、それらに参加されているオーナーさんに話を聞くと、大切なのは搭載エンジンというよりは「ボディカラー」や「T/A」や「392」「50thアニバーサリーモデル」「クラシックパッケージ装着」「MTミッション」といった「個性」であり、だからカラフルなチャレンジャーが多く来場されていたのが印象的だった。

 そういう意味では、取材個体のプラムクレイジーのボディカラーもレアで非常に魅力的だし、ヘルキャットのブラックホイールを装着していることも「個性」の一つだろう。

 しかも販売しているのがBCDであるから、コンディションや整備対応における不安要素が限りなく少ないことが魅力なのである。

▲走行2.2万キロ以内を示しているメーター。

▲純正シートの状態も非常に良い。

 ちなみに、2010年当時からチャレンジャーを独自に直輸入してきたBCDは、それ以降まるで現地ディーラーかのような品揃えを誇り、同時にワイテック2.0を使用した整備力もあり、何より膨大な数の販売数によりチャレンジャーに関するノウハウを持っている。

 くわえて本国カリフォルニアに日本人スタッフが在中するBCD支社を持っているから現地情報を介したトラブルシューティングも可能であり、中古車購入を検討している方には非常に心強い味方になってくれるのである。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

1965 ダッジコロネット440 コンバーチブル

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

BUBU宇都宮ショールーム vol.2

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

BUBU宇都宮ショールーム vol.1

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

車楽 本所サーキット走行会のお知らせ

NEWS & INFORMATION

車楽(ACデルコ西多摩サービスセンター)

アメ車オーナー スナップ vol.3

REGULAR ARTICLES

2012 トヨタ タンドラ

REGULAR ARTICLES

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ハマーハマーH3ラグジュアリー
ハマーハマーH3ラグジュアリー

198万円

年式:2009年

走行距離:100,417km

ガレージダイバン

ハマーH3ラグジュアリー
ハマーH3ラグジュアリー

188万円

年式:2008年

走行距離:71,121km

ガレージダイバン

キャデラックXT5クロスオーバープラチナム
キャデラックXT5クロスオーバープラチナム

288万円

年式:2018年

走行距離:51,600km

ガレージダイバン

フォードE-150XLT
フォードE-150XLT

388万円

年式:2008年

走行距離:76,800km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

1,782

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

3,168

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー

1,881

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF63E フォード マスタング エクスプローラー キャデラック SRXクロスオーバー

3,344

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2023有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

ハマーハマーH3ラグジュアリー
ハマーハマーH3ラグジュアリー

198万円
支払総額234万円

年式:2009年

走行距離:100,417km

ガレージダイバン

ハマーH3ラグジュアリー
ハマーH3ラグジュアリー

188万円
支払総額225万円

年式:2008年

走行距離:71,121km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

1,782

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

3,168

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2023有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ