TEST RIDE

[試乗記]

歴史的にも価値ある65年モデルのコンバーチブル

1965 ダッジコロネット440 コンバーチブル

赤いちゃんちゃんこならぬ真っ赤なコロネット440

もともとフルサイズでデビューしていたコロネットだが一旦生産終了し、6年後に復活。その際はBボディとして復活したのだが、今回取材した個体はその復活した65年モデル。翌年フェイスチェンジをするので、歴史的にも価値ある一台である。

更新日:2024.02.26

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

65年型のデザインは一年限り

 ダッジコロネットと聞いて思い出すのが数年前に某デイトナ誌に掲載されていた所さんの愛車である。

 その後ユーチューブ動画にも出ていた(今も検索すれば出てきます)から気になる方は見て欲しいが、とにかくコロネットはアメ車旧車好きに刺さる資質を持った存在であるということである。

 ちなみに所さんの愛車は66年型のコンバーチブル。ブラックのボディカラーにホワイトの幌の組み合わせで随所に彼らしいカスタマイズが施されている。

 で、まずはコロネットであるが、もともとはフルサイズボディをまとったセダンとして1949年にデビューしている。そして1959年いっぱいで生産が終了。

▲65年型のコロネット440コンバーチブル。赤いボディカラーに濃い赤いインテリア、白い幌というなんともアメリカらしいカラーコンビネーションも魅力。

▲リアオーバーハングの長いアメリカ的スタイルのコンバーチブルは雰囲気満点。

 しかし、6年後の1965年に再び復活。だが、その時はフルサイズではなくインターミディエイトのBボディとして再登場し、ボディバリエーションもクーペ、ハードトップ、4ドアセダン、ステーションワゴン、コンバーチブルと豊富なラインナップを誇っていた。

 そして翌66年にフェイスチェンジ、さらに67年にもフェイスチェンジを行い、そのまま1977年まで生産が続けられるという流れ。

 よってアメ車好きがコロネットを購入しようと考えた場合、注目すべき年式が65年と66年になる。要するにフェイスチェンジに伴うデザイン変遷のバリエーションである。

 67年型以降も人気はあるが、デザイン的な仕様変更は65年66年ほどなく、また数も豊富にあるから選び放題であるが、65年66年はともに一年のみであるから数が限られる=そのレア度も当然人気に結びついている。

▲搭載されるエンジンは、318cuin=5.2リッターV8で230hp、最大トルク340lb-ft(当時のカタログスペック)を発生させ、3速ATと組み合わされる。

▲現代の交通事情にも適応させるために各部がブラッシュアップされている。

▲65年型のフェイスは全体的に丸型デザインを採用している。だが翌年フロントフェイスの輪郭が丸型から角形へ変更され、グリル形状も中央にバーが一本入る等変わっているから、このデザインは一年限りのものとなり貴重な存在と言える。

 そんな65年型のコロネットコンバーチブルである。赤いボディカラーに濃い赤いインテリア、白い幌というなんともアメリカらしいカラーコンビネーションをまとった一台。

 ホイールにアメリカンレーシングの17インチを履くからカスタマイズカーか? と一瞬思うがさにあらず。基本的にはノーマル純正状態を維持しており、ボディ各部のコンディションも驚くほどいい。

 とはいえ、レアな個体だからといった人気優先で選ばれたものでは決してない。

 この車両は、BUBUのビンテージ部門がカリフォルニアから自社輸入した個体であり、現地でコンディションチェックを行った上に仕入れたものである。

 BUBUのビンテージは、ブランドや人気、レア度等で個体を選ぶというよりは、「この車両は日本の道路事情にて走らせることが可能なのか」を重視して、現地法人の日本人スタッフ等が選んでいるから「人気の車両や誰もが知るアメ車」が入荷するとは限らない。

 だが、コンディションを重視しているから、もし入荷した個体があなたの欲しいアメ車であったなら、それはあなたにとって素晴らしい個体になる可能性が非常に高い=日本の道路を走ることを前提とした個体だからである。

▲角ばったフェンダーラインもこの年代のデザインの特徴である。

▲アメリカンレーシングの17インチホイールを履く。

▲細身のステアリングから細部に至るまで当時のまま現存されている貴重な個体。

 搭載されるエンジンは、318cuin=5.2リッターV8で230hp、最大トルク340lb-ft(当時のカタログスペック)を発生させ、3速ATと組み合わされる。撮影個体のエンジン内部は各部ブラッシュアップされているから、上記の通り走りへの期待度は高い。

 ちなみに車名につく「440」であるが、それは排気量を示す440cuinの意味ではない。当時のグレード表記に使われており、ベースの「デラックス」、上級モデルの「400」、最上級モデルの「500」という意味である。

 一方デザインであるが、大型2ドアボディのコンバーチブルということで、さすがのアメリカ車と唸らされる。リアオーバーハングの長い、そしてホイールベースも長いアメリカ的スタイルのコンバーチブルの雰囲気は満点。

 しかも丸目2灯ヘッドライトと縦格子のフロントフェイス、ボディ各部に配置されている各種メッキパーツのコンビネーションが素晴らしく、この年代のビンテージ品ならではの質感とオーラを醸し出している。

▲当時のクーラースイッチ類やオーディオ。非常にシンプルなものだが趣深い。

▲ステアリングコラム上にあるシフトインジケーターとその奥に見えるメーター。

▲ドア内張りも当時のまま現存されている。

 「確かにこの年代のコンバーチブルですから敷居は高いかもしれません。超目立ちますし(笑)。ですが、これだけの個体が頻繁に入荷するということはまずありませんので気になる方はチェックしていただければと思います」とBCDスタッフ。

 これだけの個体、しかも鮮やかな赤いボディのコンバーチブルが日本の道路を走ったなら確かに目立つだろう。なのでこうした派手なモデルにも顔負けしない方、もしくはコロネットの歴史的価値を知る旧車ファン等に注目してもらいたい一台である。

 個人的には、今年、もしくは来年還暦を迎える方に是非乗って欲しいと思う。約60年前の赤いちゃんちゃんこならぬ真っ赤なコロネット440がよく似合うはずである!

▲ベンチシートにコンバーチブルの組み合わせ。全体的な質感にも満足出来るレベル。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

2018 フォードマスタング GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2020 フォードマスタング GT

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

1965 ダッジコロネット440 コンバーチブル

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

バイナルグラフィックス (vinyl graphics)vol.3

SPECIAL ARTICLES

クレイジーカラーズ

1997 ダッジ ラムバン (DODGE RAM VAN)

SPECIAL ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

2012年型ダッジ・チャレンジャー R/T

REGULAR ARTICLES

インポートカーグローバル

マスタングの対抗馬として誕生した

REGULAR ARTICLES

ガレージK&M

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーサバーバン2WD
シボレーサバーバン2WD

318万円

年式:1989年

走行距離:

クラフトスクエア

シボレーカプリスワゴンLT-1エンジン
シボレーカプリスワゴンLT-1エンジン

268万円

年式:1995年

走行距離:154,000km

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載
シボレー カマロカーナビ交換ならあとづけ屋 ハイテックナビ(テスラスタイル) Android搭載

162,800

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF454 アメ車 シボレー カマロ コルベット GM車

1,782

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

CAR

[新着アメ車]

ジープラングラーサハラ
ジープラングラーサハラ

168万円
支払総額204万円

年式:2004年

走行距離:49,250km

ガレージダイバン

ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー
ダッジラムバンパネルバン ログハウスキャンピングカー

328万円
支払総額348万円

年式:1995年

走行距離:

クラフトスクエア

PARTS

[新着パーツ]

クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G
クライスラー300/300C カービ交換なら2011-2014年車両  Android搭載 4G 64G

226,600

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013
グランドチェロキー (WK36A、WK57A系)カーナビ交換なら2011〜2013

232,760

AUDIO&VISUAL

あとづけ屋

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMA西東京

ページトップ