AMESHA-WORLD
HOME > 特集 > 最新アメ車レビュー > グランドチェロキー トラックホーク
特集 SPECIAL ARTICLES グランドチェロキー トラックホークジープ前橋にグランドチェロキー最強モデルが入庫

グランドチェロキー トラックホーク

あのヘルキャットと同機のエンジンを搭載したアメリカンSUVの頂点

ジープ前橋に入庫した707hpの正規ディーラー車を取材した。

更新日:2018.11.29文/椙内洋輔 写真/小関一尚(Ozeki Kazunao)

取材協力

ジープ前橋
TEL 027-210-5117  [ホームページ] [詳細情報]


見覚えのあるエンジン(笑)。何度も見ているヘルキャットと同じエンジンである。


ジープ前橋に入庫した右ハンドル車

 今年一月にディーラーにて受注が開始されたグランドチェロキートラックホークがジープ前橋に入庫した。すでにオーナーが決まり、納車直前ということで周りで見るしかなかったのだが、現在、日本全国で20台にも満たない希少な車両のオーラは半端なかった。

 このグランドチェロキートラックホークは、オフロード性能のみならず、レーシングトラックにおける走行性能をも追求した究極のハイパフォーマンスSUV。6.2リッターV8スーパーチャージャー付エンジンを搭載し、最高出力707hpを発生。0-60マイル加速は3.5秒、最高速度は180mph(約290km/h)を誇る。

 足回りは、Brembo製ブレーキキャリパー(フロント6ピストン、リア4ピストン)および大径ディスクブレーキ、ビルシュタイン製可変減衰力機能付(アダプティブダンピング)サスペンションを搭載し、優れた操縦安定性と制動力を実現。

 エクステリアは大開口タイプのフロントバンパーやリップスポイラー、イエロー塗装を施したブレーキキャリパーを備え、高性能モデルとしての存在感を主張する。

 一方インテリアは赤いレザーが似合う、ジープらしからぬ高級感。さらに第4世代「Uconnect システム」(Apple CarPlay、Android Auto対応)によりインフォテインメント機能も充実している。

 日本仕様は右ハンドルとなるが、過去に体験したとおり、近年の右ハンドルはまったく不安視する必要がないために、逆に積極的に選ぶべきものであると思っている。

 この車両のオーナーさんが非常に羨ましい限りである。

2分越えると加速テストを行っています。
<関連記事>
>> 2018 ジープグランドチェロキー トラックホークの詳細 を見る

特集一覧に戻る 最新アメ車レビューに戻る

PAGE TOP