AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > BuBu BCD > 2019 ダッジチャレンジャー R/Tスキャットパック
試乗記 TEST RIDE 2019 ダッジチャレンジャー R/Tスキャットパックシェイカーは復刻版チャレンジャーの理想型モデル

2019 ダッジチャレンジャー R/Tスキャットパック

700hp超のヘルキャットには付かないシェイカーフード

様々なチャレンジャーを取材するなかで、超おすすめなモデルに出会った。6.4リッターV8+6速MT車にシェイカーフードが付いた理想的なモデルだ。

更新日:2020.07.23文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力

BUBU / ミツオカ
TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]

BUBU横浜
TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

チャレンジャーの魅力を最大限発揮しているモデル

 2008年に登場したダッジチャレンジャーには数々のトピックスがこれまでにあり、その中でボディの形状に及んだ変化が3度あった。

 ひとつは2015年でのビッグマイナーチェンジ。そしてシェイカーフード装着によりフードに穴が開き、2019年にオーバーフェンダーが装着されたワイドボディが登場した。

 たとえばボディカラーが追加されたり、往年のモデル名を復活させたり、デーモンのようなバケモノ的マシンを登場させたりと過去、多くの派生モデルを世に産み出してはいるが、ボディに変化をもたらした量産モデルは上記の3つのモデルになる。

 で、そんななかシェイカーフード装着車は、2014年が限定であり、2015年から2018年型までは量産モデルとして存在する。が、2019年ではシェイカーはパケージとしてのOP装着になってしまったため、高年式のシェイカーフード装着車は極めて限られた存在になってしまった。

 が、本国アメリカでは依然として人気のため、2020年モデルとして旧チャレンジャー生誕50周年記念モデルには、再びシェイカーが装備されたチャレンジャーが複数台復活しているのである(V6モデルにシェイカーフードが装備されたモデルも登場している)。
シェイカーフード装着車は、2014年が限定で、2015年から2018年型までは量産モデルとして存在する。2019年からはOP装備となっているから、高年式のシェイカーフード装着車は限られる。この個体はそんなレアな1台。
Go Mangoのボディカラーは、チャレンジャーに似合うカラーのひとつ。日本では白黒ボディの中古車が多いが、BCDなら派手なカラーも手に入る。
搭載されるエンジンは6.4リッターV8HEMI。485hp、最大トルク475lb-ftを発生させる。MT車と組み合わされると一段と軽快なエンジンに生まれ変わったように感じる。大排気量NAの醍醐味が味わえる絶賛の名機。
シェイカーフードとは、ラムエアーを取り込むスクープが、エアクリーナーケースと一体化した構造になっており、それがボンネットを突き抜けて車外に出ている仕様のこと。
シェイカーフード搭載車のボンネットの裏側にはそれを示すステッカーが貼られているが、各アルファベット文字の上下にシャドーが入っているので、静止状態でもまるでステッカーが振動しているように見える。

復刻版チャレンジャーの理想型

 ちなみに、なぜこれほどまでにシェイカーが人気なのか。それは、復刻デザインとしてのチャレンジャーの魅力を最大限発揮しているモデルがシェイカー装着車だから。

 くわえて、次期チャレンジャーはこのデザインから移行してしまうため、現行の、らしいモデルとしてシェイカー人気が高まっているという。またシェイカーを好む方々は、ワイドボディを敬遠するらしく、あえてノーマルボディ+シェイカーこそが復刻モデルとしての人気高ということである。

 さらに、プラスして必要なのが6.4リッターV8エンジン。いわゆる大排気量NAエンジンであるが、ヘルキャットまではいらない方々にとっては6.4リッターこそがチャレンジャーに相応しいということなのだろう。

 ちなみに余談だが、シェイカーフードは、700hp超のヘルキャットには装着されない。考えればわかるが、スーパーチャージャーによりシェイカーを装着するスペースがないからである。が、だからこそ、あえてシェイカーを装備することでヘルキャットにはないNAモデルの良さをアピールする狙いもあるのだろう。
6.4リッターV8搭載にレアなシェイカーフード付き&MT車。このデザインが好きならば、今のうちに優良個体を手に入れ、末永く愛すべきだと思う。

大排気量NAエンジンにレアなシェイカーフード付き&MT車

 で、そんな本国事情に近いモデルが入荷したということで早速取材してきた。2019年型チャレンジャーR/Tスキャットパックシェイカーである。BCDらしいコンディション重視の個体は、9700キロ走行という。

 しかもあえてのゴーマンゴーカラーということで、ほぼオレンジに近い原色のカラーリングに6速MT車という、個人的にも理想的な1台だった。

 個体はほぼフルノーマルであり、唯一の社外品がハースト製のシフトノブ。純正は球体のノブだが、ハースト製はガングリップタイプであり、旧車っぽい操作フィールが味わえる。

 個人的には過去にこのハースト製装着車を動かした経験があるだけに、さほど違和感を感じることはなかったし、決して操作フィールが悪くなるわけではないから、しかもハースト製だけに、これはこれでOKだと思う。

 実際、チャレンジャーのMT車は、シフトのゲートが明確でストロークも適切。ただし、コルベットやマスタングのような超クイックシフトではないが、操作して楽しいオーソドックスなアメリカ的MT車なだけに、できれば一度チャレンジャーのMT車に乗って欲しい。
BCDは、日本の中古車事情とはかけ離れた、独自基準で状態の良い車両を直輸入していると営業の鈴木氏は語る。
センターコンソールを含めドライバー側に傾いた造形のインパネ。2015年以降ダッシュ周りは大幅にリファインされ、旧モデルを感じさせるパーツは皆無となっている。
社外品のハースト製シフトノブは意外に操作しやすい。またシフトのゲートは明確でストロークも適切。超クイックシフトではないが、操作して楽しいMT。世の中的には廃止方向に進んでいるMTだけに、大切にしたい。
アナログとデジタルが融合したセンターメーター。デジタルにはないアナログメーターの凹凸の良さがはっきり伝わる。ダイレクトなタコメーターの針の動きを味わいながらドライブ可能。
ペダル配置が適切でクラッチ操作にもクセがなく、MTとの操作バランスが優れているから、本当に乗りやすい。ちなみに坂道発進ではヒルアシスト機能で下がらないで済むから安心。
スキャットパックのロゴ入りシート。素材はナッパーレザーとアルカンターラとのコンビ。乗るたびに思うが、アメ車全般のシートのレベルが格段に高い。座り心地とホールド性が高いレベルで両立されている。
チャレンジャーのフルモデルチェンジが予定されているから、このままこのデザインが続くということはなさそうである。であるならば、早いうちに愛すべき個体を探すべし。

運転時の自己満足度が抜群に高い

 しかも、この個体に搭載されているエンジンは6.4リッターV8エンジンであり、それをMTで駆動するのだから運転時の自己満足度が抜群に高く、世界中から消えかけている大排気量V8NAエンジンという点においても、他車に対する優越感で圧倒するのである。

 ここ最近、チャレンジャーの日本国内における中古車価格が上がっているという。それはもちろん、「売れている=タマ数が減る、だから価値が上がり値が上がる」という市場原理によるものなのだろう。が、しかしそれは一方で、日本国内にある中古車を追いかけるから、という側面もある。

 だがBCDは、日本にあるチャレンジャーの中古車を販売することは決してなく、自社でアメリカ本国から直輸入している。そういう意味では、日本の中古車動向に左右されない独自展開が可能になり、適価にて、状態の良い個体を販売することが可能になる(BCDの輸入システムについては他エントリーをお読みください)。

 しかも日本国内のチャレンジャーの中古車に蔓延している「白黒ボディ」とは一線を画すビビッドなボディカラーを持ち込むことが可能になり、逆にそこも、多くのユーザーを惹きつける一因となっている。

 さらに、オリジナルの50プラン対象車にもなるから、3年後の買い取り価格の保証額を加味すれば金額的な優位性も圧倒的に高いと言えるのである。

 早ければ2023年、チャレンジャーのフルモデルチェンジが予定されているという。すなわち、このまま未来永劫このデザインが続くということはなくなったわけである。

 さらに、現行のデザインから離れるという話もあったりする。それは、過去のチャレンジャーの復刻というテーマによって現行は成り立っているが、次期新型はそのテーマにすべき過去の遺産がなくなってしまっているから、まったく新しいチャレンジャーになるという話。=次期モデルのデザイン的人気が得られる確証がまったくなくなったわけである。

 だからこそ、今のうちに優良個体を入手し、末永く愛すべきだと思うのである。そういう意味で、この個体は6.4リッターV8エンジンにシェイカーが装着され、しかもMT車という、復刻版チャレンジャーの魅力が最大限に生かされた、まさしく最強の中古車モデルとも言っていい存在だけに、気になる方は急ぐべきである。

 この車両のコンディションについてはvol.2にて。

試乗記一覧に戻る BuBu BCDに戻る

BUBU光岡自動車 BCD日本カリフォルニアカスタム TRD(Toyota Racing Deveropment)ウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車
twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.