TEST RIDE

[試乗記]

脱ガソリンエンジン車到来前に一度は乗っておきたい

2018 ダッジチャレンジャー SRT ヘルキャット

燦然と輝く21世紀の名車候補筆頭

現行ダッジチャレンジャーの頂点に君臨するヘルキャットは、脱ガソリンエンジン車時代の到来前に一度は乗っておきたい名車の中の1台である。

更新日:2021.02.22

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

好調なアメ車業界の中心はダッジチャレンジャー

 昨年末から現在にかけての業界人との会話の中心は、「コロナ禍にもかかわらずアメ車業界は好調だよね」というもの。要するにクルマがかなり動いている=売れている。

 「もう売るものなくて困っている」なんてことも何度か聞いたし、余談だが「売れ過ぎてクルマがなくなってきているからどんどん値上がりしている」というのは実際の話。

 さて、そんな売れ行き好調のアメ車業界において、中心となるのがダッジチャレンジャーであり、昨年末から異常なくらいに引き合いがあるのがヘルキャットという。

 聞けば、「チャレンジャーに乗られていた方々が、次に乗り換えるべきアメ車が見つからず、『ならば』と一気にヘルキャットに上り詰めていることが考えられます」という。

 なるほど。すなわち、5.7Lモデルや6.4Lモデルに乗り、2年、3年、5年程度乗った後に、チャレンジャーがフルモデルチェンジでもしていれば当然乗り換えを検討することができたはずだが、現状それはないからどうするかと。

 そのまま同じ車両に乗り続けるのも良いが、でも変化も欲しい。

20インチホイールに前後ブラックスポイラー、そして巨大なブレーキといった専用パーツが装備され、フロントグリルがブラックアウトされている。

ボディカラーのF8グリーンは、サブライムグリーン、ゴーマンゴーやプラムクレイジーといった往年のインパクトカラーとは異なるシックな装いであるが、非常に品のある大人っぽい印象を与えてくれる。

チャレンジャーのフルモデルチェンジは一体?

 「だったら、一気にヘルキャットに行くか!」という流れじゃないかという予想である。

 これまた余談だが、チャレンジャーのフルモデルチェンジは一体どうなっているのか? 

 これまでにも散々期待を持たせつつも全く変化がない状況はこれまでと変わりなしだが、一応、現地報道では2023年モデルとしてフルモデルチェンジが予測されている。

 それが事実であれば、来年2022年のどこかで発表されるという流れになるはずだが、FCAがステランティスに変わった! こともあるし、今後どういった経営方針のもと運営されるかにもよるだろうから、今後のチャレンジャーの動向にも若干の不安がつきまとう。

 実際の話、仮に2030年にガソリンエンジン車の新車が販売できないというような世の流れが確定されてしまったら、これから出るであろう新型モデルたちにも少なからず影響を与えるだろうし、もしかしたらこのまま新型モデルが出ない可能性だってあるだろう(2023年に登場した場合、7年しか販売できないわけだから)。

余談だが、グリーンのボディに写真のようなストライプの加飾も当然考えられるし似合うが、取材個体はこうした加飾が一切なく、シンプルなボディだったことが逆に魅力的に見えた。

ブラックの20インチ5本スポークホイールの中に超大型ブレーキが装備される。意外に珍しいブラックのキャリパーも非常にカッコいい。

ヘルキャットにはワイドボディも存在するし、実際にはワイドボディの方が速く走れる可能性が高い。だが、自動車趣味として名車を楽しむという観点ではナローボディの方に魅力を感じる部分が個人的には多いと思っている。もちろん、速さという実益を求めるならワイドボディだろう。

早ければ2030年にも施行されるかもしれない脱ガソリンエンジン車法の前に、可能な限り状態のいい個体を味わいたい。まさに21世紀を代表する名車の1台であるから。

ヘルキャットが売れている理由

 先日、ジャガーが2025年までにすべての車両を電気自動車にすると宣言したばかりであるし、今後ジャガーに続く自動車会社が現れる可能性は非常に大きいはず。

 だが、そんな中でのヘルキャット好調の流れは、実は「非常に理にかなっている」と思っている。なぜなら、ヘルキャットは他のチャレンジャーとは全く異なる存在であり、今後恐らく二度と現れないようなマシンであるから。

 具体的に説明すると、ヘルキャットは707hpで登場し、現在797hpまで進化している。またその途中には840hpのデーモンを限定登場させているから、このヘルキャットエンジンの可能性を最大限活かせば、840hp程度までは普通に使用可能と推測できる。

 で、仮に今後フルモデルチェンジされたチャレンジャーが登場した場合、一体何馬力で登場させるつもりなのか。900hpか。1000hpか。

アメリカ史上最強パフォーマンスを持つ量産エンジンは新設計され、707hpのための強化と熱対策が念入りに行われている。だからこその本国5年、10万マイルのメーカー保証であり、グラチェロ、デュランゴ、ラムトラックといったどんな車両にも派生できる能力を秘めているのである。

21世紀米国製最強モンスターエンジンは、6.2リッターV8スーパーチャージャー。707hp、最大トルク650lb-ftを発生させる。

ヘルキャットはグリルがブラックアウトされ、フロントヘッドライトの向かって右側のみくり抜かれており、エアダクトとなっている。

かつて乗ったヘルキャットは抜群の速さだった。低速からスーパーチャージャーの唸り声が聞こえ、ドライバーを刺激する。とはいえ、街中ドライブや近くのコンビニへの足としても使え、それでいて一瞬にして200キロオーバーへの世界へも誘ってくれる。そんなマシンも今後どうなるか、注目が集まっている。

フルモデルチェンジ、吉と出るか凶と出るか

 2030年、もしくは2035年にはガソリンエンジン車の販売ができなくなる可能性があるという中で、果たして900hpにも及ぶハイパワーなガソリンエンジン車をメーカーが登場させるだろうか。もちろん、限定生産というような商法を駆使すれば可能性はなくはないだろうが。

 くわえて、フルモデルチェンジしたチャレンジャーが次に「どんな車体ベースを使用し、どんなデザインで登場するのだろうか」

 FCAからステランティスとなった今、使用できるシャシーの選択肢は増えるかもしれないし、それが「マセラティであるかもしれなければ、アルファロメオかもしれない。

 もしくはプジョーなんて選択肢も登場する可能性はほんのちょっとあるかもしれない」が、要するに現チャレンジャーとは大きく異なる可能性を秘めている。

 もちろん、デザインも同様である。これまでチャレンジャーがフルモデルチェンジできなかった理由が、過去の名作の復刻デザインであるという理由であり、短命に終わった旧モデルであるから、現行復刻版のチャレンジャーにとっては、「次なるベースとなる旧モデルが存在しない」から、全く新しいデザインにならざるを得ず、それが市場で低評価に終わることを恐れている=フルモデルチェンジを避けていたと言われている。

ブラックのインテリア仕様で、シンプルだが十分に満足できる。くわえて中古車としての質感も高く、使用感がほとんどないのも嬉しい。BCDがこだわっているポイントのひとつである。

組み合わされるミッションは8速AT。かつて発表されたメーカー公表値では、8速オートマチックでの0-60mphが3.6秒、6MTモデルだと3.9秒という。要するにATの方が素早いという。

かつてMT車のヘルキャットにも試乗した経験がある。で、一般的にMT車の方が刺激的という印象があるが、ヘルキャットの場合はパドルを使用した方がスマートに走らせられる印象を持っている。

無理を言って下回りの確認をさせてもらった。

ヘルキャットは21世紀に輝く名車候補の筆頭

 要するに、チャレンジャーという名前の全く新しいデザインの新作が登場する可能性があり、さらにガソリンエンジン車の新車販売が難しくなっていく新時代を迎えるにつれ、新型は、現在販売されているチャレンジャーから、もしくはヘルキャットからどんどん離れていく可能性が高まっているのである。

 だからこそ、現行型ヘルキャットを入手し堪能しておくなら「今のうち」であるし、それを認識している方々が実際に動いているからの「現在の売れ行き」ということに繋がっているはずである。

 個人的にも、ヘルキャットは21世紀に輝く名車候補の筆頭であり、707hpを日常的に使用可能とした功績は非常に大きいと思っている。

 それによって圧力をかけられた他メーカーは、コルベットZ06を出し、シェルビーGT500を出してきたわけで、こうしたパワーウォーズによってアメ車業界に技術革新をもたらしたことも多いに評価できる。

 だからチャレンジャーファンとしては、5.7Lや6.4Lでも十分な性能であるとは思いつつも、もし余裕があるなら21世紀の名車である「ヘルキャット」を体験して欲しいと思うのである。

 で、そんな中取材したF8グリーンのヘルキャットは見事なコンディションを有した1台だった。2018年型で1980キロ走行。あまりのキレイさに無理を言って下回りを見せてもらったが、当然ながらの状態の良さだった。

 エンジン下回りやミッション、ドライブシャフト、デフといった各部にオイルの滲みもなく、下回りを打った形跡も全くない。

赤い目をした悪魔のような二連メーター。このクルマをフル加速させ、メーターが振り切る様子を確認できるのはオーナーのみの特権である。

レザーとスエードのコンビシートをよく見かけるが、この個体はフルレザー。シックなボディカラーに非常によく合う大人仕様と言えるだろう。

レッドアイももちろん良いが、707hpでも十分に浸れるマシンである。

低走行&コンディション良好のレアな個体

 当然、そうした車両だからこそ、ボディ外装やインテリアにもヤレと言われそうな箇所はなく、まさしくBCDが主張するコンディション優先の販売車といった感じである。

 「現状、2015、2016年あたりの個体ですと、アメリカでも結構な走行距離の個体が多く、余程の個体でない限りBCD車両としての扱いはないですね」

 アメリカ本国でも当然人気車両であり、ハイパワーモデルであるということで、BCDの車両セレクトにおいては非常に気を使うモデルということであり、そうした中でのこのF8グリーンの低走行の個体は、アメリカでもかなりレアであったという。

 また、なかなか珍しいブラックカラーのキャリパーが装着されており、内装もラグナレザーシートということで、玄人っぽさと非常に大人っぽい印象を受けたのである。

 ということで、2015年時にメーカーが本気で製作した米国製最強のモンスターエンジン搭載車たるヘルキャットは、チャレンジャーファンならずとも一度は体感すべき存在だと思うし、脱ガソリンエンジン車時代到来前にこそ一度は乗っておきたいと断言できるのである。

 ちなみに、あくまで個人的な嗜好だが、2005年から06年あたりのバイパーSRT10とヘルキャットの組み合わせが最高だと思うし、この2台の他にC7コルベット(最後のFRモデル)に乗り、C8コルベット(初のミッドシップ)にも乗ることができたら、21世紀のアメリカンレジェンドたちを全て網羅したと言っても過言ではないだろう。

エンジン下回りを覗くもオイル滲みすらなく、非常に状態が良いということがわかる。

下回りを打った形跡も微塵もない。

駆動系、デフ周りにもオイル滲み等が一切なく、かなり安心して乗れる個体だと言えるだろう。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

2013 ダッジチャレンジャー R/T

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2019 フォードマスタング ブリット

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

MITSUOKA SUMMER FESTIVAL

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2019 フォード シェルビーGT350

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

BCDが行っているエアコンガス補充&点検

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

2018 トヨタ シエナ (TOYOTA SIENNA)

SPECIAL ARTICLES

フォードクーガ、購入資金プレゼント

NEWS & INFORMATION

フォード公式ホームページ

シボレー コルベット Z06

SPECIAL ARTICLES

ゼネラルモーターズ・ジャパン

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

スーパーアメリカンフェスティバル 2022

スーパーアメリカンフェスティバル事務局

2022 ジープコマンダー

コマンダーティザーサイト

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー

858万円

年式:2021年

走行距離:100km

BUBU横浜

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

348万円

年式:2013年

走行距離:47,600km

BUBU宇都宮

米国日産タイタンクルーキャブ SEBCD自社輸入車
米国日産タイタンクルーキャブ SEBCD自社輸入車

198万円

年式:2008年

走行距離:99,000km

BUBU宇都宮

ダッジチャレンジャーR/TスキャットパックT/A392BCD自社輸入車 USモデル サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/TスキャットパックT/A392BCD自社輸入車 USモデル サンルーフ

848万円

年式:2019年

走行距離:9,000km

BUBU横浜

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》

20,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》

21,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー

858万円

年式:2021年

走行距離:100km

BUBU横浜

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

348万円

年式:2013年

走行距離:47,600km

BUBU宇都宮

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ