AMESHA-WORLD
HOME > 試乗記 > ベルエアー > 2021 ダッジ チャレンジャーSRTヘルキャット レッドアイ ワイドボディ
試乗記 TEST RIDE 2021 ダッジ チャレンジャーSRTヘルキャット レッドアイ ワイドボディチャレンジャーラインナップの最上位モデル

2021 ダッジ チャレンジャーSRTヘルキャット レッドアイ ワイドボディ

797hpを放つ史上最強のアメリカンマッスル

チャレンジャーのトップグレードに乗りたい、もしくは最後のガソリンエンジン車として一生モノとするなら、ヘルキャットレッドアイワイドボディこそが相応しい。

更新日:2021.04.15文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力

ベルエアー
TEL 0436265700 [ホームページ] [詳細情報]


デュアルシュノーケルフードとワイドボディのバランスが非常に良い。デュアルシュノーケルフードは、1970年ダッジダートスゥインガーや1971年ダッジデーモン等のマッスルカーへのオマージュである。

世界に衝撃を与えた2015年

 世界に衝撃を与えた707hpマシンのチャレンジャーヘルキャットが登場したのが2015年。当時箱型ボディの最強モデルとして世界中から引っ張りだこだったヘルキャットは、その後のマッスルカーに多大なる影響を与えた。

 そんなヘルキャットは当初「一代きりの特別モデル」と思われていたが、なんと通常ラインナップに加えられ、毎年のようにリファイン受けながら今もなお販売されている。

 と同時に再び激震が走ったのが「デーモン」の登場である。デーモンはヘルキャットをベースに製作されたドラッグベースの特別マシンであり、840hpを発生させたある意味バケモノ。

 当然、3300台という限定マシンであったのだが、さらに特殊なドラッグレースベースマシンであったのだが、840hpのインパクトは爆発的な大きさであった。

 しかもこの840hpは、のちに分かるのだが、ある意味テストを兼ねた840hpでもあった。そのテストとは、2019年に行われたヘルキャットのモデルチェンジである。

 2019年型として行われたモデルチェンジにおいて、通常のヘルキャットは707hpから717hpにパワーアップ、さらにその上のバージョンアップモデルを登場させた。「ヘルキャット レッドアイ」である。

リアはワイドフェンダーとレッドアイのバッジ以外に変わるところは見当たらない。ワイドボディはメーカー純正のバランス感覚でまとめられている。

 このレッドアイのパワーはなんと797hp。搭載エンジンは限定モデルだったデーモンのディチューン版であった。

 すなわち、ヘルキャットに対してスーパーチャージャーが大型化され、エンジン内部のピストンやコネクティングロッド等も強化品に換装され、同時に熱対策およびオイル周りのグレードアップも当然行われているから、一般ユーザーが街中でフツーに使える797hpが実現されているのである。

 さらにシャシーは、デーモンのドラッグベースを改め、一般使用に耐えうるセッティングを施し、まったく普通に使える797hpマシンへと改められた。

 くわえて、そのフルパワーを叩き出すために幅広タイヤを利用するためのオーバーフェンダー装着車「ワイドボディ」なるモデルを製作しパワーアップに対応したのである。

 あるショップのスタッフは、「レッドアイの内容を見ちゃうとデーモンを買った方はかわいそうだなって思います。エンジンはいいにしても、足やブレーキやホイールなんかはレッドアイの方が断然いいんですよ」と語っていたが、要するに一般道を走るにはデーモンではなくレッドアイの方が走りやすいという意味である。

 ということで、現在のラインナップのトップに君臨するモデルが、チャレンジャーヘルキャットレッドアイということになる。

搭載されるエンジンは、6.2リッタースーパーチャージャーで797hp、最大トルク707lb-ftを発生させる。このエンジン、まさしくワールドクラスの最強エンジンである。
 写真のチャレンジャーは、その2021年の新車レッドアイのワイドボディ。ベルエアーにより日本に上陸を果たしたモデル。

 当たり前だが、早々に売却済みとなってしまったために、ショールームに展示されると同時に納車作業に入ってしまうのだが、日本上陸後の船積みからの引取り後に撮影させてもらった。

 それにしても、ワイドボディとデュアルシュノーケルフードの組み合わせは最高だろう。一目見てカッケーとため息が漏れる。

 実際には見慣れているチャレンジャーだし、ワイドボディもこれまでに数車見てきているにもかかわらず、だ。さらにエンジンをかければ「爆音」が響き渡る。そりゃ当然だろう、797hpである。

 ただし、シートに座れば他のチャレンジャーとほぼ同じ。だが、走らせれば717hpのヘルキャットでさえ歯牙にもかけない爆発的なパワーが体感できるはず。

 このエンジン、840hpのデーモンがベースになっているが、この840hpは、本国アメリカでスペシャルガソリン使用のもと実現されるパワーである。そのスペシャルガソリンを使用しなければ790hp程度といわれているし、実際にメーカーリリースにも記載されている。

メーカー公表の1/4-mile タイム/スピードは、10.8 秒というから2トンを超えるボディのFR車としては最高レベルだろう。

 なので、日本で見ているこのレッドアイのエンジンは、ほぼそのままデーモン、といっても過言ではないのである。=史上最高のアメリカンマッスルである。

 この先のチャレンジャーの動向がいまだ正式には不明であるのだが、一部報道ではフルモデルチェンジがなくなり、このまま販売が続けられるという。

 だが、この世界最高峰のマシンがいつまで発売され続けるかはわからない。いわゆる2030年問題を含め、馬力が馬力だけにいつ生産終了してもおかしくはない。ということも含め、最後のガソリンエンジン車として一生モノとするなら、ヘルキャットレッドアイワイドボディは最高のモデルと断言できるのである。

試乗記一覧に戻る ベルエアーに戻る

BUBU光岡自動車 BCDジープ西東京HPP新車限定1台 | ダッジ チャレンジャー R/T SCAT PACK TA392ウエストクラブインターナショナル/浜松/アメ車

アメ車検索

アメ車検索詳細

twitter @amesha_worldをフォローアメ車ワールド公式FacebookページYouTube Amesha World公式チャンネルスーパフォーマンス・ジャパン公式HP熊本のアメ車専門店 グローバル
PAGE TOP

利用規約特定商取引法に基づく表記個人情報保護方針会社概要ニュース&お知らせ広告掲載サイトマップ

AMESHA-WORLD © 2011 PROSTAFF Inc. All Rights Reserved.