TEST RIDE

[試乗記]

14年ぶりのフルモデルチェンジで圧倒的進化

2022 トヨタタンドラ SR5

とはいえ「新型」かV8搭載の「旧型」かで悩む方多し

トヨタ系逆輸入車を積極的に直輸入している千葉のベルエアーにて最新型のタンドラを取材した。

更新日:2022.03.12

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/ベルエアー TEL 0436265700 [ホームページ] [詳細情報]

一瞬にして「旧型タンドラを過去のもの」と思わせる

 現行型のトヨタタンドラは2007年に登場。そしてそれから7年後の2014年にマイナーチェンジ。その後は若干の変更や安全装備の充実を果たしつつ新型モデルへバトンタッチ。日本で爆発的人気をもたらした旧型モデルは、なんと14年にも渡る長期のモデルライフであった。

 そして新型モデルであるが、これまでずっとモデルチェンジが期待されていたものの、2021年4月までその情報の欠片すらなかったのだ。

 ところが2021年5月18日に一変する。USトヨタが一枚のティーザー写真を公開。そして4か月後の9月末、ついに新型モデルが正式発表された。
 
 だが、発表直後から世界が再びコロナ禍に陥り半導体云々で生産台数が限られるなか、最新車両がベルエアーによって日本に上陸した。

 新型モデルのデザインコンセプトは、「テクニカルマッスル」。ピックアップとしてのアウトドアスタイルを維持しながら、モダンなデザインと機能を組み合わせた最新仕様である。

 で、実車は、一目で圧倒される。顔の迫力が真っ先に伝わってくるし、最新のトヨタ車であることもわかる。そして何より、一瞬にして旧型タンドラを過去のものと思わせるほど洗練されていることが伝わってくる。

 旧型は14年前の基本構成をリファインしながら昨年まで生産されたわけだから致し方ない部分もあるだろう。だが、新型は想像以上の変化、特にボディラインとインテリアの変化は圧倒的である。

 くわえてデカイ。先代比で10センチ程度全長が伸びていることもあり、その迫力は相当なものであるし、相変わらず広いクルーマックスも健在であり、大人4人が超快適に過ごせてしまうだけの空間が用意されている。プラスして荷台があるわけだから、デカイのは当たり前だろうしアメリカ人が好むのもよくわかる。

▲14年ぶりのモデルチェンジで登場した新型タンドラ。一目見てその迫力に圧倒される。

▲ボディはダブルキャブ、クルーキャブが用意され、グレードは「SR」、「SR5」、「リミテッド」、「プラチナム」、「1794」、「TRD Pro」となる。

エンジンは排気量を落としターボで過給

 と同時に、搭載されるエンジンもこれまた激変している。

 旧型に搭載されたエンジンは、5.7リッターV8エンジンで381hp、最大トルク401lb−ftを発生させたが、新型は3.5リッターV6ツインターボエンジンに変化している。389hp、最大トルク479lb−ftを発生させるから、ざっと8hp、最大トルク78lb−ftアップしている。

 組み合わされるミッションも6速から10速ATに変化しているから排気量を落としターボで過給、多段化ミッションとの組み合わせで動力性能を維持つつ実用燃費を確実に向上させているのだろう。実際にはパワー自体も若干上昇しているわけだから、V8からV6ツインターボに変わったからといって、嘆く必要は全くないのかもしれない。

 また最大牽引能力も格段に向上しており、最大で12000ポンド。約5400キロということである。

▲搭載されるエンジンは3.5リッターV6ツインターボエンジン。389hp、最大トルク479lb−ftを発生させる。排気量を落とし、過給器でパワー&トルクを補う。

▲必需品のサイドステップも装備される。

▲装着タイヤは265/60-20インチ。ブラックのTRDホイールの組み合わせ。

本国にはバイブリッドエンジンもあり

 ちなみに、現行法では直輸入が不可能であるから知る必要もないかもしれないが、実は今回のフルモデルチェンジの最大のトピックスは「i-FORCEMAX」と呼ばれるハイブリッドシステムである。

 要するに3.5リッターV6ツインターボエンジンにモーターが追加され、437hp、最大トルク583lb-ftを発生させる。ガソリンエンジン比で、48hp、最大トルク104lb-ftの性能アップ。しかも、583lb-ftの最大トルクを2400rpmという低回転で発生させるのが特徴である。

 このハイブリッドモデルにも10速ATが組み合わされ、エンジンの始動、EV駆動、電気アシスト、エネルギー回生等が行われる。

▲イメージが一新されたインテリア。旧モデルと比較すれば質感がかなり上がっているとと言える。

▲8インチのタッチスクリーン。オプションで14インチサイズを装着することも可能である。

▲ミッションは10速AT。シフトノブはグローブをしたままでも動かせるよう大型化されている。

▲アナログとデジタルを融合させたメーターパネル。

インテリアも全面刷新

 新型モデルではボディが一段と強固になり、ボックス型スチールラダーフレームも高強度が保たれ、強化アルミニウムベッド、さらにシャシーも改善され、新開発のマルチリンク式のリアサスが採用される等、走行性能が格段に向上している。

 車体には、ダブルキャブ、クルーキャブが用意され、グレードは「SR」、「SR5」、「リミテッド」、「プラチナム」、「1794」、「TRD Pro」となる。

 ただし、「TRD Pro」はハイブリッドのみ搭載(だから直輸入は不可)。その他は3.5リッターV6ツインターボエンジンがベースで、オプションでハイブリッドモデルもセレクト可能である。
 
 一方、インテリアも全面改訂が行われ、全く新しいマルチメディアシステムが搭載される。まず、センターコンソールには8インチのディスプレイが装備され、使い勝手が大幅に向上している。

 オプションではトヨタ史上最大の14インチディスプレイの装着も可能であり(リミテッド以上は標準装備)、これまでとの見た目の違いが一目瞭然。プラスして全体的にスイッチ類が大きく、タッチのしやすさや質感の向上にも繋がり、この点においても新型が格段に勝っていると判断できる。

 新型モデルでは、トヨタセーフティセンス2.5とスターセーフティシステムが標準で全車装備され、各安全装備とも格段の強化がなされているのはさすがトヨタ。日本でもこの安全装備による恩恵を当然受けることが可能だから安全性は高いと言えるだろう。

▲全体的にデカいが、シルエットやデザインバランスは非常に良い。

▲シートは大柄で硬質なファブリック。

▲クルーマックスの後席スペースは圧倒的に広く、下手なセダンやSUVでは太刀打ちできないスペース。

▲シート座面下には荷室スペースがある。

同時に旧V8モデルの売れ行きも好調

 さて、ベルエアーにより直輸入されたグレードは「SR5」。ボディカラーはホワイトだが、じきにグリーンの「SR5」も到着する予定である。

 取材個体にはオプションであるTRDのオフロードサスペンションが装備されており走行性能の向上がもたらされているし、上級豪華グレードではないものの、十分に見応えある質感とともにタンドラが味わえるだろう。

 ちなみに本国では、現状好みのグレードとオプションを装備した車両が選べる状態ではなく、限られた個体の中からチョイスするレベルというから、まだまだ新型タンドラの人気と生産とのバランスが取れていないのだろう。

 ベルエアーは、タンドラ旧モデル時代から積極的に新車を直輸入しており、シエナ、セコイア、タコマ、ハイランダーetcの新車も手がけている実績とともに、今後も新型タンドラを随時入荷させていくというから期待したい。

 なお、新型デビューに伴い、ベルエアーにあった「V8エンジン搭載の旧モデルの在庫車が全て売れてしまった」ということであるから、旧型モデルの引き合いも同時に増えており、旧モデルの新古車的存在も今後入荷させるということである。

 ということで新型タンドラ、14年分の進化によって格段に良くなっているのは間違いないが、きっとこの先「V8か新型か」で悩む方も多いのではないだろうか。いずれにせよタンドラは今もなお人気車であるということである。

RELATED

[関連記事]

トヨタタンドラ 前期型&後期型 vol.1

TEST RIDE

FLEX USトヨタガレージ店

トヨタタンドラ 前期型&後期型 vol.2

TEST RIDE

FLEX USトヨタガレージ店

2009 トヨタタンドラ

TEST RIDE

FLEX USトヨタガレージ店

2022 トヨタタンドラ SR5

TEST RIDE

ベルエアー

2015 トヨタタンドラ 1794エディション

TEST RIDE

FLEX USトヨタガレージ店

2018 トヨタ タンドラ SR5

TEST RIDE

ブルート

SHOP

[同店舗記事]

ARCHIVES

[アーカイブス]

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツLSLSリフトアップ
シボレータホスポーツLSLSリフトアップ

278万円

年式:1997年

走行距離:140,738km

ガレージダイバン

クライスラー300C300C
クライスラー300C300C

198万円

年式:2006年

走行距離:83,900km

ガレージダイバン

ハマーH2リフトアップカスタムリフトアップカスタム
ハマーH2リフトアップカスタムリフトアップカスタム

388万円

年式:2004年

走行距離:117,475km

ガレージダイバン

フォードマスタングGTGTプレミアム
フォードマスタングGTGTプレミアム

398万円

年式:2013年

走行距離:51,389km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

C5コルベット ライセンカバー
C5コルベット ライセンカバー

17,600

EXTERIOR

ウエストクラブインターナショナル

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車

4,752

MAINTENANCE

6DEGREES

ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車
ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車

2,673

MAINTENANCE

6DEGREES

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF48E アメ車 カマロ コルベット GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF48E アメ車 カマロ コルベット GM車

4,576

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

シボレータホスポーツLSLSリフトアップ
シボレータホスポーツLSLSリフトアップ

278万円

年式:1997年

走行距離:140,738km

ガレージダイバン

クライスラー300C300C
クライスラー300C300C

198万円
支払総額232万円

年式:2006年

走行距離:83,900km

ガレージダイバン

PARTS

[新着パーツ]

C5コルベット ライセンカバー
C5コルベット ライセンカバー

17,600

EXTERIOR

ウエストクラブインターナショナル

【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車
【お買い得2個セット!】ACデルコ エンジンオイルエレメント PF61E アメ車 ハマー セビル ブレイザー GM車

4,752

MAINTENANCE

6DEGREES

スーパフォーマンス・ジャパン公式HP有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ