TEST RIDE

[試乗記]

未だボディ内外装の色ツヤが衰えぬ前期型の超良質車

2013 ダッジチャレンジャー R/T

「あえてこの年式のR/Tが欲しい」と思う方には絶好の一台

見間違えかと思うほど走行距離の少ないチャレンジャーの前期型モデル。懐かしさ溢れる前期型の良質車に今の時代に会えるとは!

更新日:2022.08.31

文/石山英次 写真/古閑章郎

取材協力/BUBU / ミツオカ TEL 0120-17-2290 [ホームページ] [詳細情報]
     BUBU横浜 TEL 045-923-0077 [ホームページ] [詳細情報]

1970年型をベースに復刻した前期型モデル

 現行チャレンジャーは『復刻』モデルと言われており、マスタング同様、過去の歴史的モデルのデザインを現代モデルに投影させている。チャレンジャーの場合、1970年から1971年のたった2年間のみのデザインがベースになっている。

 そんなダッジチャレンジャーは2008年にデビュー、また2015年にモデルチェンジし、そこを境に前期型、後期型と記されるようになった。すでに14年にも及ぶモデルライフである。

 で、2008年に登場したチャレンジャーは、1970年モデルをデザインベースにして復刻されている。 

 一方で、2015年にモデルチェンジした後期型は1971年モデルをベースにしているから、フロントグリルやテールレンズの違いは、そうしたベースモデルの違いとリンクしているのである。

 現在、市場の中心となるのは当然後期型であり、徐々にだが前期型の中古車個体の数が減っている。いや、正確には「まともな個体」の数が減っている。

 が、そんな中で今、前期型のプチブームが起こっているという。

▲2013年型チャレンジャーR/Tクラシック。走行約8000キロの良質車。

▲フロントグリルやリアテールに前期型の特徴が見られる。ボディの色ツヤはまるで新車のような輝きである。

目を疑った実走8000キロ以内のコンディション

 というのも、2015年以降のモデルに乗られる方が多くなり、さらにコロナ禍等で車両価格が高騰していることから、「それなら安価な前期型を探そう」と、前期型のシンプルな個体を探している方が増えているのである。

 だが。そうはいっても8年から14年落ちの中古車である。まともな整備を受けたかどうかもわからず、カスタマイズされた個体も多く、様々な不安要素が多い。「けど、それでもチャレンジャーには一度乗ってみたい」という方が多いのだろう、価格的な障壁を乗り越えるべく前期型への視線が高まっている。

 そんな中での取材車である。2013年型R/Tの8000キロ走行車。最初にプライスボードを見た時は、目を疑った。8万キロ走行の間違いではないか? だが実走8000キロ以内で価格は568万円というから驚き。

 ということで、まずはおさらい。この年代、いわゆる2008年から2014年までのチャレンジャーにおけるV8エンジンのラインナップは以下のとおり。

・R/T:5.7リッターV8
・SRT8:6.1リッターV8
 
 一方で2015年以降のV8エンジンラインナップは以下のもの。

・R/T:5.7リッターV8
・R/Tスキャットパック:6.4リッターV8
・ヘルキャット等:6.2リッターV8スーパーチャージャー

▲1970年型をベースにしているからフロントグリルはその時代を模している。

▲ホイールは245/45ZR20インチ。クラシック固有のメッキホイールにはさすがに年代らしいくすみが若干見られるが、それを差し引いても驚くべき状態の良さが感じられる。

▲R/Tのサイドストライプの状態もご覧の通り。

▲クラシックはガスキャップもメッキタイプ。

6.1Lエンジン搭載のSRT8ならスルーだった!?

 今回取り上げた個体が6.1リッターV8エンジン搭載のSRT8だったら正直、紹介するのを迷ったと思う。というのも、だったら後期型の6.4リッターV8の方が圧倒的に良いから。

 現行型の6.4リッターV8はそのパワーのみならず、エンジン内部の精度や質が圧倒的に進化しているから、同じ大排気量NAである6.1リッターV8、しかも走行距離のかさんだ旧時代のエンジンをあえて入手する必要性を全く感じない(それなら無理してでも6.4リッターを買うか5.7リッターを買う)。

 プラスして無理にいじられた車両も多く、購入後に大怪我する可能性も秘めている。

 一方、5.7リッターV8エンジンであれば話は別である。というのも、このエンジン、前期型と後期型とでエンジンの違いがほとんどない。いや、正確には全く同じ。

 だから5.7リッターV8エンジンを搭載したR/Tなら、前期型でも後期型でも同じパフォーマンスやフィールが得られるから、コンディション次第では当然『アリ』だと思っている。

 もちろん、後期型には8速ATが組み合わされているから、そうしたミッション制御における大きな変化があるが、実はこの個体、マニュアルミッション車である(笑)。要するにMT車であるから、これまた前期型と後期型とで違いは全くないから、繰り返すがコンディション次第では超レアな個体かもしれないのである。

▲前期型のリアテールに懐かしさを感じる。

▲搭載されるエンジンは5.7リッターV8。372hp、最大トルク400lb-ftを発生させる。

▲細かいことだが、エアコンガスはR-134aだからメンテナンスコストも抑えられる。

旧時代のインパネだが状態は驚くほどいい

 ということで改めて2013年型R/T CLASSIC。グリル周りやリアテールに違いが感じられる前期型。それでも色ツヤが全く衰えぬオレンジのボディにはサイドストライプが入り、まさにその時代の新車のような佇まい。

 また室内はブラックのインテリアだが、当然前期型ゆえ古色蒼然としたインパネ周りの雰囲気が漂う。

 メーター内のホワイトメーターが懐かしくもあり、センターコンソールがシンプルかつスッキリしているのが前期型の特徴である。が、瑕疵等なく非常にクリーンな状態が維持されているのが嬉しい。

 余談だが、中古車個体を見分ける一つの方法として「インテリアをしつこく見る」という法則的なものがあるのだが、それはインテリアの状態はごまかしがきかないから。

 外装はある意味いくらでも補修はきくが、インテリアを修復するのは業界的にはかなりの費用と労力がかかる。だから何かしら手を加えるにしても「そこそこ」の場合が多い。要するに取り繕われたインテリアはシッカリ見ればわかることが多いのだ。

 が、この車両にはそうした形跡が微塵もない。極めて自然な状態であり、あくまでコンディションを重視するさすがのBCDである。

 というか、この旧時代のインパネを見たのは超久しぶりであるのだが、一瞬にしてその当時を思い出させてくれるほど、デザイン的には古いが、新鮮である。

▲現行型を見ている方が一番の違いと認識するはずのインテリア。確かに見た目のデザイン的古さは否めない。だが、中古車としてみれば、各部の状態の良さに驚きを隠せない。

▲ホワイトメーターを含め懐かしさを感じさせるメーター類。

▲タッチパネル等がない部分も古さを感じさせるかもしれない。

存分に走り回ることもコレクションすることも可能

 話は戻るが、インテリアで一際目立つガングリップタイプのシフトノブ。後期型は球体のノブになっているから違いが鮮明だが、個人的にはこちらのガングリップタイプが似合うと思う。

 ちなみに、チャレンジャーのMT車にはヒルスタートアシストが付いているから、坂道発進時には自動的にサイドブレーキがかかり、クラッチが繋がった瞬間に解除されるため、マニュアル車の運転に不安がある方でも慣れれば苦も無く走れるタイプ。

 くわえて、マニュアル操作のしやすい明確なシフトゲートとストロークタイプであるから、いわゆるアメリカンタイプであり、これまた運転しやすいMTである。

 しかも5.7リッターV8エンジンのMT車。これは後期型でも滅多に見られない組み合わせであり、BCDでも「これまでに扱いはあるがあまり多くない」と言われるだけに、「あえて5.7リッターV8をマニュアルで」と思っている方には最高の個体ではないか。しかも8000キロ走行である。

 これから思う存分走り回ることも可能だし、コレクション的に大切に保存していくことも可能だろう。なんせ来年にはチャレンジャーの新車生産が終了してしまうわけだから、前期型の良質車の価値も上がるだろうし。

 繰り返すが、R/Tなら前期型&後期型で違いがほとんどないから(インパネ&外装の一部)、前期型のクリーンな個体で、しかも現行型R/Tの平均相場価格よりも200万円以上安価な金額で購入することが可能なモデルはまさしくレアなお宝的個体と断言できるのである。

▲ガングリップタイプのシフトノブは好き嫌いが分かれるところかもしれない。が、フィールは非常に良い。

▲この3ペダルの間隔や感覚にクセがなく、誰でも乗りやすく、しかも低速トルクが大きいから、慣れればアイドリングスタートが可能である。

▲シンプルなレザーシートだがホールド性の良いバケットタイプ。さらに中古車としての状態の良さもシートを見ればわかる。

RELATED

[関連記事]

SHOP

[同店舗記事]

2013 ダッジチャレンジャー R/T

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2019 フォードマスタング ブリット

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

MITSUOKA SUMMER FESTIVAL

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

2019 フォード シェルビーGT350

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

BCDが行っているエアコンガス補充&点検

TEST RIDE

BUBU / ミツオカ

ARCHIVES

[アーカイブス]

2005 ダッジデュランゴ

SPECIAL ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

90年代のアメ車は、永久に不滅です。 vol.1

SPECIAL ARTICLES

ジャパンレーストラックトレンズ

クワッドドライブ製CTS-V、オートサロンでお披露目

NEWS & INFORMATION

クワッドドライブ

NEWS & INFORMATION

[ニュース&お知らせ]

スーパーアメリカンフェスティバル 2022

スーパーアメリカンフェスティバル事務局

2022 ジープコマンダー

コマンダーティザーサイト

SPECIAL ARTICLES

[特集]

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー

858万円

年式:2021年

走行距離:100km

BUBU横浜

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

348万円

年式:2013年

走行距離:47,600km

BUBU宇都宮

米国日産タイタンクルーキャブ SEBCD自社輸入車
米国日産タイタンクルーキャブ SEBCD自社輸入車

198万円

年式:2008年

走行距離:99,000km

BUBU宇都宮

ダッジチャレンジャーR/TスキャットパックT/A392BCD自社輸入車 USモデル サンルーフ
ダッジチャレンジャーR/TスキャットパックT/A392BCD自社輸入車 USモデル サンルーフ

848万円

年式:2019年

走行距離:9,000km

BUBU横浜

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-28》

20,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-38》

21,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

CAR

[新着アメ車]

ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー
ダッジチャレンジャーR/TBCD自社輸入車 USモデル シェイカー

858万円

年式:2021年

走行距離:100km

BUBU横浜

シボレーカマロLT-RS
シボレーカマロLT-RS

348万円

年式:2013年

走行距離:47,600km

BUBU宇都宮

PARTS

[新着パーツ]

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-22》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》
カバーライト社製 5層構造 ボディカバー 裏起毛《PS-29》

25,600

MAINTENANCE

コレクションズ

スーパフォーマンス・ジャパン公式HPスーパーアメリカンフェスティバル2022有限会社 スペース YOKOHAMAFLEX USトヨタガレージ店西東京

ページトップ